L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

SONG-VOICE-LIFE(東京)スクール紹介

はまうず式ボイストレーニングで「あなたを輝かせる声」をクラシック、ポップス、声優、俳優、ナレーション、プレゼン等の会話等々あなたにしかできない、あなたでなければならない唯一の声を引き出すします。ごあいさつもっともっと声と表現の自由を____声の「何を」「なぜ」「どのように」にお答えし、あなたでなければならない唯一の声と、カラダをいっぱいに使った表現の呼吸をお渡しします。きっと「こんな表現がしたかっ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

声、楽器音、足音、物を置く音etc.「自分から生まれるすべての音」に注意を払いましょう(611文字)

自分が出す音音楽をやる・声を出す人なら、異論はあるかもしれませんが、「自分が生み出すすべての音に」注意を払うべきではないかと思います。楽器の音、自分の声はもちろん、ドアの開閉、物を置く音、足音、笑い声等の生活音。どなたでも、無意識な行動は特に「これくらいいいだろう」というなんとなくの基準はあると思います。それがうるさいかどうかということでなく、共有という立場から考えてみるべきだと思うのです。大切な...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

歌うとき(話すときに)あれこれ発声法や呼吸法を考えてしまう方へ(716文字)

何も考えずに歌っていたあの頃。私もそんな頃がありました。皆さんも少なくとも物心つく前はそうであったのではないでしょうか?しかし上手く歌わなければならないことを要求されたり、自分でし始めると、うまさとは何か考え始め、多くの人はまず発声を考え、次に呼吸を考えてしまうのではないでしょうか?そんなあなたへ。具体的な練習方法以前に、まず、自分を信じることです。信じるというのは上手さや下手さを信じるのではあり...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

たとえ叫んでもダミ声でも「ギリギリの品」を残すこと(472文字)

どんなに叫んでも、ロックでも、ジャズでも、またオペラを歌おうとも、ギリギリの「品」を残さねばなりません。それは吐き出すパワーよりも「引き留めるパワーを」上まわらせることです。これは日常会話でも同じだと思います。それが「共有」です。私が品の話をしても説得力があるかどうかわかりませんが、ここでいう品は、着ている服や食べているものの良し悪しなどもちろん関係ありません。言葉遣いは悪くても(知らなくても)品の...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

ルッキ・スターダスト・カルテット(リコーダー)

誰しも一度は手にしたことのある楽器といえば、リコーダーもその一つに挙げられるでしょう。「ルッキ・スターダスト・カルテット」すでに何度となく来日しているそうで、リコーダー愛好家の間では知らない人はいないそうです。私は愛好家ではないのですが、私が中学生くらいの時の来日公演が確かNHKで放送されているのをたまたま聴いて、涙があふれ、家族にばれないようトイレに走ったのを記憶があります…。今日はYoutubeから見つ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

発声に悩んでいる・発声を見失ってしまった…そんなあなたにまずして欲しいこと(453文字)

発声が良く分からなくなった。発声を見つけては見失ってしまう。プロ・アマ問わず、そんなご相談をよくお受けします。そんな時にまずしてほしいこと。悩んだ顔をしないこと…「なんだ精神論か」と思わないで欲しいのです。悩むなというのではありません。具体的には目を開けて口元を引き締めながら悩んでほしいのです。できれば一方向を見つめながら。これは外側、つまり現実をしっかり見つめながら、内側で悩むということです。騙...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

しばらく(長期)声を出していなかった、出せなかったあなたへ(741文字)

いろいろな事情でしばらく声を出さなかった、長期出していなかった。歌えなかった…そうなるととても不安になりますよね。私も初めての長期入院から退院した時、声が戻るのか大変不安でした。結論から言いますと、私の場合不安は杞憂におわりました。もちろん、すぐにはもどりませんが、しばらく出せない環境にあることで、必要な筋力も落ちますが、発声のために酷使していた声帯やそれを動かすための体は確実に休めているのです。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

童謡・唱歌をふつうに歌えるようになろう(375文字)

童謡や唱歌はゆったりしたものが多いですね。例えば「赤とんぼ」これを美しくとまでいかなくとも、普通に聴かせるのは結構難しいことです。このためには呼吸が綺麗に流れていること。その呼吸が子音母音の変化で止まったり早くなったりしないことが求められます。つまりは「呼吸の粘り」という基礎が出来ているかどうかがバレてしまう恐ろしいジャンルでもあるわけですね。すごい声のオペラ歌手でもなかなか歌えなかったり、ハード...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

大きな声ほど「後ろに向かって」(199文字)

大きな声で「オーイ!」意外と難しいと感じている人が多く、変声期以後大きな声が出せないなんて方も大勢いらっしゃいます。そんな時試していただきたいのが「後ろの人を呼ぶように声を出す」です。後ろに向かって声を出すイメージです。もちろん身体も顔も前を向きながら。詳しい説明と効果はまたレッスンにて。根本的には身体を作っていかなければなりませんが、前段階としてイメージをつかむにはピッタリの練習になりますよ♪...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

ハッ息を飲むように声を出す♪「感動の呼吸を体内にキープするために」(321文字)

寝た子を起こしそうになった時のハッと息を飲むような驚き。しかし、それは幸せで暖かい驚き。そんな息を飲むような感動を皆さんは普段の生活で感じられていますか?このときの飲み込む筋肉は発声にとても大切なのです。幸せな風景を想像してハッと息を飲み込んでみましょう。その状態をキープしたままそっと声を出してみましょう。きっといつもより密度の濃い感動に満ちた声になるはずですよ♪声は感動の結果でありたいすよね。そ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ