L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

「将来のある本物の初心者」になろう!!歌う(表現する)身体を作れば声帯や呼吸法は考えなくても動き出す

ボイストレーナーの浜渦です。今回の話は極めて大切な話です。文章ではわかりにくいのでくどい書き方になりますが、お許しください。(文才がない・・・)しかし、対症療法的なボイトレではなく、感動的な響きを発生させるという大切なことですので、宜しければ是非ご確認を。歌うための身体、表現するための身体とはなんでしょう。ピアノで言えば、楽器本体、ボディの形です。誰もが思いうべるグランドピアノの形とでも言えば良い...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

歌唱や台詞における「レガート」とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。「レガート唱法」という言葉を聞いた事はありますでしょうか。レガートに歌うという事ですが、平たく言えば、「音と音との間を切らずに、平滑に、なめらかに歌う事」と言ったところでしょうか。しかし、ここでよく間違いが起こってしまいます。音と音とを無理やり切らずに歌おうとした結果、肝心の呼吸がブツ切れになってしまうことです。私は、生徒さんに以下のように解説しています。(もちろんその...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

【話すように歌う】声より息を、息より気持ちを、気持ちより…。【大きく絵を描こう】

ボイストレーナーの浜渦です。人が自然に感情が沸き起こって、声になるまでには順序と強さのルールがあります。声より息を力強く。息より気持ちを強く。気持ちより世界観を大きく。これが崩れると上手い歌も良い声も生かせない…#ボイストレーニング— ボイストレーナー浜渦弘志 (@h_hamauzu) 2018年4月25日これは表現のルールです。声を絵や書に置き換えても私は同じことだと思っています。この表現のルールが達成された時、あなた...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「歌に表現を載せる」のか「表現に歌を載せるのか」順番を間違えないで!

ボイストレーナーの浜渦です。本日まで関西レッスンでした。本当に楽しかったです。生徒さんと楽しい表現の時間を分かち合える。互いに成長する。目的と手段がはっきり見えてくる…こんな嬉しい事はありません。もちろん、どっちが偉いとか、ありません。ある訳がないのです。さてさて、まずは本日のツイートより。そのまま歌っただけではつまらないから表現をつける…これは対処療法であり間違いです。面白い表現を音楽に、楽譜に近...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

眼をしっかり開ける事の大切さと「誤解」…大切なのは世界観を広げること

ボイストレーナーの浜渦です。レッスンに限らずですが「眼をしっかり見開いて!」「目力が大切!」そんな言葉を耳にした事はありませんか?この眼を開ける事について、本日、Twitterにも少し書きました。誤解しないでいただきたいのは、これらは単に気持ちの問題でも、単なる精神論でも見た目の問題でもないということです。(では何なのか?それは最後に…)目をしっかり開ける事が大切なのではありません。視界に映るもの、世の中...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

上手くても面白くなければ意味がない!【あなたの歌を一発で面白く感動的にする方法(その2)】

ボイストレーナーの浜渦です。まずは前回の記事のおさらいを簡単に…想いが伝われば、それが多少下手であっても、最高音に声が届かなくても、人は耳を傾け、感動し、あるいは喜んでくれます。まずはこのことだけは信じてください。その上で、歌やその他の表現が一発で面白く、自然で感動的になる方法を。それは「行き当たりばったりであること」「反省しないこと」この2つです。あと「目的と手段を取り違えないこと」などをお話し...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

上手くても面白くなければ意味がない!【あなたの歌を一発で面白く感動的にする方法(その1)】

ボイストレーナーの浜渦です。みなさんはボイトレに何を求めていらっしゃいますか?良い声になりたい。高い声を出したい。上手くなりたい等々。いろいろあると思います。しかし、なぜ良い声になりたいのか、高い声を出したいのか、上手くなりたいのか?これらは目的なのでしょうか?私はこれらは目的ではなく、手段であると思っています。あくまで、想いを、感動を伝える。その時に、良い声や高い声はそれを助ける手段になり得る…...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

世界と自分を客観視して「自分の歌」を歌おう!【本当のリラックスと実践のヒント】

ボイストレーナーの浜渦です。細々とツイッターもやっておりますが、今朝のツイートをご紹介させていただきます。上手くても下手でもええやん。自分の歌を歌たらええねん。自分に向いてるとか向いてないとか、そんなんええやん。自分の世界で歌たらええねん。上手い人も下手な人も関係あらへん。— ボイストレーナー浜渦弘志 (@h_hamauzu) 2018年4月10日「自分の歌」と書きましたが、自分が作曲したとかそういう意味ではあり...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

最初は息は続かなくても良い!

ボイストレーナーの浜渦です。息が続かなくて困っている方は結構多いですが、その結果何が何でも息を続けてやろうと、喉を詰めたり、変な鼻声になってみたり。ズバリ言いましょう。長い目で見ると…最初のうちは息は続かなくて良いです!ボイトレ初心者に心がけてほしいことは、呼吸の流れを楽しむこと。そのために気道を確保し、声帯を、ほとんど「息を漏らしながらでいいので」そっと出すこと。それよりも、息の流れを感じてから...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

【重要】自分の「呼吸音」に興味を持とう!…美しい音色と感動を生み出したいあなたに贈る練習法

ボイストレーナーの浜渦です。ご存知の通り、声は呼吸から生まれます。それを知っているからみなさん、呼吸法に取り組むわけですね。しかし、どんなに腹式呼吸の練習をしても、声が詰まったり、喉が痛くなったり、また、感動的にならなかったり…そんなあなたに是非実践して頂きたいことをご紹介します。目次吐く息の音を聞いてみよう呼吸音にはこんなに情報が詰まっているひとは呼吸を通じて相手を感じる生き物理想の呼吸音とは呼...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ