L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

発声も呼吸も歌唱力ミックスボイスも基礎ができれば自動的に身につく!

全ての基本はバランスボイストレーナーの浜渦です。今日は簡単なことを簡単に。難しくしてしまっていることを簡単に。発声も呼吸法も歌唱法も、演技力も、よく言われるミックスボイスやシャウトも、以下のことができるようになれば、基本的には自動的に身につきます。喉を詰める力と解放する力のバランス息を吐く力と吐かない力のバランスこの二つを何があっても取り続けると、腹式呼吸や、ミックボイス、音色の膨らみや強弱は嫌で...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

《声と表情》「ふつうの表情は」は普通であってはならない!?舞台人の表情がいつまでも若々しい理由

「普通にしてたら機嫌悪いって言われた」はアウトボイストレーナーの浜渦です。「普通にしてただけなのに『機嫌悪いの?』って言われた」といって怒っている人をたまに見かけます。確かに本人は普通に過ごしていたのでしょうが、なぜこんなことが起きるのでしょう?普通はいけないのでしょうか?歌手や役者のふつうは「普通であってはならない」表現者はその表現の幅をどれだけ広く持っているかが大切です。では表現者の普通とは・...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

綱渡りの「命がけの緊張感」が「あなたでなかればならない表現(プロの条件)」を生む。ボイトレの本質を見誤るな

緊張感を持て?ボイストレーナーの浜渦です。よく「緊張感を持て!」何て言われますが、我々日本人はどうしても精神的な緊張感といいますか、ただピリピリするような緊張感ととらえがちです。もっともっと命がけの「動物的な」緊張感が必要なのです。必要なのは綱渡りの緊張感ちょうど綱渡りや平均台をの上を歩くような緊張感。それが芸術の表現者として必要な緊張感です。このとき、体は開き、重心は下がっています。それでいて、...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

S.V.L 発表会LIVE5 終了しました。次回は是非みなさまも!

ボイストレーナーの浜渦です。発表会LIVE5はおかげさまで無事終了することができました。こんなに和気藹々、楽しい表現の仲間はなかなかいないと思います。FACEBOOK PAGEに簡単ですが、レヴューを載せましたのでご紹介しますね。現代のボイトレは方法論一辺倒で、本当に大切な目的である表現が抜け落ちてしまい、高い音がでてもたとえ上手くても感動がないというような本末転倒なことがあちこちで見られます。呼吸法やミックスボイ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

発声練習やミックスボイスが「目的化」していませんか?それらは自然に身につくものです

目的は自己表現ボイストレーナーの浜渦です。表現するとは、身体をひらくこと。身体をひらくついでにに歌い、絵を描き、話し、呼吸する。いや、身体を開いたら表現が始まります。それをどこに向けるかということです。その中に歌もあるわけです。なぜ表現するのか?それは私も答えは出せません。しかし、人間は身体を開いて表現することで、子どもの頃のような、真剣なワクワクを得られるのは間違いのないところなのです。身体を開...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

表現とは身体を開くこと。声はその「ついで」です。

ボイストレーナーの浜渦です。今週末7/23(日)に生徒さんの発表会LIVEです。きっと個性あふれる自由な表現をしてくださると思います。今日はその「表現とは何か」について。表現とは何か表現とは、広義の意味では、歩くことや生きること、テクニックを使うこと、表情をつけることなど全てが表情と言えるでしょう。しかしこれから書かせていただきます表情とは、「身体を開けば溢れ出でくるもの」です。表現とは溢れ出る個性表現とは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

【7/23 sun.発表会LIVE Vol.5 開催】

発表会LIVE Vol.5開催私、ボイストレーナーの浜渦弘志が主宰する、ボイストレーニングスクール「SONG-VOICE-LIFE」の発表会LIVEです。7月23日(日) 入場無料●入場無料(1ドリンク代のみ)予約不要●とき:2017.07.23(sun.)●OPEN 13:45/START 14:00●ところ:ロサンゼルスクラブ東京メトロ丸の内線「東高円寺駅」下車徒歩1分東京都杉並区 高円寺南1丁目7-2 高円寺東コーポB1FこんなLIVEです第5回目となります「S.V.L 発表会LIVE」...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その3

声帯位置の上下によって変わること完結編今回は「声帯が上がっている状態」のメリット・デメリットを。(前回の記事「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2の続きとなります)個人差があることが前提ですが、前回の記事で、喉(声帯)を下げた場合のメリット・デメリットはおわかりいただけたかと思います。今回は、残る「喉を上がっている状態のメリット・デメリット」について。上げる、というよりは上がってしま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

今やっている練習が良い練習か否か見分ける方法「1に強い呼吸、2にタイミング、発声技法はその後!」

ボイストレーナーのはまうずです。みなさん、花粉は大丈夫ですか?私はなんとか薬とマスクで逃げ切っております・・・さて、当たり前ですが、声は見えません。見えない声の練習は、それがあっているのかどうか、よくわからない、という方がとても多いです。ボイトレの本をみたり、教材を使っても、それが良い練習かわからない。レッスンを受けているけど、それが正しいかわからない。では、簡単に言いましょう。「5分くらいでじん...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

裏声練習は大切か否か?

ボイストレーナーのはまうずです。ただいま関西レッスンに来ております。【裏声練習は大切か否か?】ここでは裏声の定義は置いておきましょう。(裏声をファルセットとする方も、裏声とファルセットは別物とする方も、裏声はファルセットの一部とする方もいらっしゃるので)意味のある裏声と、そうでない裏声がある。その上で、その意味のある裏声が、使えるけど、使わないのはOK使えてないの逃げ道として使うならNGといったところ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ