L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その2

テンポとリズムと実際声のなるタイミングを自由に操る。「その1」では、テンポとリズムの違い。また、リズムには重心の変化が重要であることを書きました。(前略)人は感情が感情の変化、例えば驚いたり、落ち込んだり、血の気が引くようなことがあったり、腑に落ちて納得した時などに、重心が動くようになっているからです。(後略)詳しくはその1をご覧ください。 http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-1821.htmlテンポと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その1

テンポとリズムと声の鳴るタイミング…その1操る面白さボイストレーナーの浜渦です。リズムとテンポの違いや、実際声が鳴るタイミングを考えたことはありますでしょうか?リズムとテンポと実際の声が鳴るタイミングをバラバラに操ること。これが表現の面白さと感動を伝える大きなポイントです。レガートやフレージングに欠かせない音楽を動かし、膨らませ、また、レガート(平滑、滑らかに)に歌やセリフのフレーズを表現するのにも欠...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

今やっている練習が良い練習か否か見分ける方法「1に強い呼吸、2にタイミング、発声技法はその後!」

ボイストレーナーのはまうずです。みなさん、花粉は大丈夫ですか?私はなんとか薬とマスクで逃げ切っております・・・さて、当たり前ですが、声は見えません。見えない声の練習は、それがあっているのかどうか、よくわからない、という方がとても多いです。ボイトレの本をみたり、教材を使っても、それが良い練習かわからない。レッスンを受けているけど、それが正しいかわからない。では、簡単に言いましょう。「5分くらいでじん...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

決定版【声量も音程もリズムも「波」で解決!】

 ボイストレーナーのはまうずです。いきなりですが、なわとびのなわを振ると、波打って、その波が前へ進んでいきますよね。(イメージできるかしら^^;)これを、最下部の図のように、その波のひとつひとつが繋がりつつ、変化を起こすこと。これがオリジナルの表現とも言えます。膨らんでいるところはボリュームが増えているところ(声量幅)。波の高さは音程幅です。波の前後幅がリズム幅です。常に、最初は点であり、一気に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

あなたから「正解」を取ったら何が残りますか?

ボイストレーナーの浜渦です。正解するって安心できますよね。しかし、そこに落とし穴が、、、歌でいう所の正解とは、与えられた「リズム」「歌詞」「メロディー」といったところでしょうか?あなたの歌からこの3つをとったら何が残りますか?そこに残ったデタラメが、あなたの表現であり、個性です。上手く聞こえる風に、ジャズっぽく、またクラシックぽく歌っていた人も、その「風」や「ぽく」は頭で作っていた正解にすぎないこ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ