L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【歌唱法】「話すリズムやイントネーション」と「楽譜」の「距離感」が面白さと個性を生む

ボイストレーナーの浜渦です。前回の記事で「歌の基本は話すこと」と書かせていただきました。まず自分の世界観で話せること。それに少しずつ音やリズムを載せて行って曲に近づけていく…。そしてやがて歌と融合するわけです。当たり前ですが、話しているときもイントネーションと楽曲のメロディは違います。また話すリズムと楽譜上のリズムも違います。スローな曲だと、普通に話すとあっという間に言葉が尽きてしまいます。例えば...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

歌の基本は話すこと

ボイストレーナーの浜渦です。歌の基本は話すことだと思います。自分の世界観で話すことです。それに少しずつ音やリズムを載せて行って曲に近づけていく…。上手く話すとか、イントネーションに気をつけるとか、そんなものは要りません。ただ大きな世界観の中に自分の気持ちを散りばめ、自分らしく自然に話すこと。自分の世界観で話せていなくても、リズムと歌詞と音程だけ合っていれば、一応「歌」にはなります。しかし、それでは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「歌に表現を載せる」のか「表現に歌を載せるのか」順番を間違えないで!

ボイストレーナーの浜渦です。本日まで関西レッスンでした。本当に楽しかったです。生徒さんと楽しい表現の時間を分かち合える。互いに成長する。目的と手段がはっきり見えてくる…こんな嬉しい事はありません。もちろん、どっちが偉いとか、ありません。ある訳がないのです。さてさて、まずは本日のツイートより。そのまま歌っただけではつまらないから表現をつける…これは対処療法であり間違いです。面白い表現を音楽に、楽譜に近...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その2

テンポとリズムと実際声のなるタイミングを自由に操る。「その1」では、テンポとリズムの違い。また、リズムには重心の変化が重要であることを書きました。(前略)人は感情が感情の変化、例えば驚いたり、落ち込んだり、血の気が引くようなことがあったり、腑に落ちて納得した時などに、重心が動くようになっているからです。(後略)詳しくはその1をご覧ください。 http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-1821.htmlテンポと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「自分の表現」を「楽曲」に「融合」させるのが「歌」です

ボイストレーナーの浜渦です。歌うとは、自分の表現と曲との融合自分の表現と楽曲と融合、それが歌う事です。(歌う場所やお客さん等の要素もありますが、それも先に融合があってこそです)自分の表現とはどんなに融合させる気持ちや楽曲に対する真摯な気持ちがあっても、自分の表現が無ければどうしようもありません。自分の表現とはなんでしょう?それは、喉を、カラダを開いて自由な呼吸をすることです。それができれば、表現は...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ