L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その2

テンポとリズムと実際声のなるタイミングを自由に操る。「その1」では、テンポとリズムの違い。また、リズムには重心の変化が重要であることを書きました。(前略)人は感情が感情の変化、例えば驚いたり、落ち込んだり、血の気が引くようなことがあったり、腑に落ちて納得した時などに、重心が動くようになっているからです。(後略)詳しくはその1をご覧ください。 http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-1821.htmlテンポと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その1

テンポとリズムと声の鳴るタイミング…その1操る面白さボイストレーナーの浜渦です。リズムとテンポの違いや、実際声が鳴るタイミングを考えたことはありますでしょうか?リズムとテンポと実際の声が鳴るタイミングをバラバラに操ること。これが表現の面白さと感動を伝える大きなポイントです。レガートやフレージングに欠かせない音楽を動かし、膨らませ、また、レガート(平滑、滑らかに)に歌やセリフのフレーズを表現するのにも欠...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

《声と表情》「ふつうの表情は」は普通であってはならない!?舞台人の表情がいつまでも若々しい理由

「普通にしてたら機嫌悪いって言われた」はアウトボイストレーナーの浜渦です。「普通にしてただけなのに『機嫌悪いの?』って言われた」といって怒っている人をたまに見かけます。確かに本人は普通に過ごしていたのでしょうが、なぜこんなことが起きるのでしょう?普通はいけないのでしょうか?歌手や役者のふつうは「普通であってはならない」表現者はその表現の幅をどれだけ広く持っているかが大切です。では表現者の普通とは・...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

発声練習やミックスボイスが「目的化」していませんか?それらは自然に身につくものです

目的は自己表現ボイストレーナーの浜渦です。表現するとは、身体をひらくこと。身体をひらくついでにに歌い、絵を描き、話し、呼吸する。いや、身体を開いたら表現が始まります。それをどこに向けるかということです。その中に歌もあるわけです。なぜ表現するのか?それは私も答えは出せません。しかし、人間は身体を開いて表現することで、子どもの頃のような、真剣なワクワクを得られるのは間違いのないところなのです。身体を開...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

表現とは身体を開くこと。声はその「ついで」です。

ボイストレーナーの浜渦です。今週末7/23(日)に生徒さんの発表会LIVEです。きっと個性あふれる自由な表現をしてくださると思います。今日はその「表現とは何か」について。表現とは何か表現とは、広義の意味では、歩くことや生きること、テクニックを使うこと、表情をつけることなど全てが表情と言えるでしょう。しかしこれから書かせていただきます表情とは、「身体を開けば溢れ出でくるもの」です。表現とは溢れ出る個性表現とは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

精神的健常者といわれる表現の障害者

ボイストレーナーの浜渦です。色々な方に不快な思いをさせそうなタイトルでまずは申し訳ありません。健常者と言われるひとが得たもの多くの精神的に健常者と言われる人々は、「人並みでありたい」「奇人変人と思われなくない」「仲間外れにされたくない」そういう風に思える頭脳、そして回避する能力を与えらてきました。物心つく頃から多くの人が得る「すべき」「あるべき」という、いわゆる「常識」というやつです。おかげで危険...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「自分の表現」を「楽曲」に「融合」させるのが「歌」です

ボイストレーナーの浜渦です。歌うとは、自分の表現と曲との融合自分の表現と楽曲と融合、それが歌う事です。(歌う場所やお客さん等の要素もありますが、それも先に融合があってこそです)自分の表現とはどんなに融合させる気持ちや楽曲に対する真摯な気持ちがあっても、自分の表現が無ければどうしようもありません。自分の表現とはなんでしょう?それは、喉を、カラダを開いて自由な呼吸をすることです。それができれば、表現は...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その3

声帯位置の上下によって変わること完結編今回は「声帯が上がっている状態」のメリット・デメリットを。(前回の記事「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2の続きとなります)個人差があることが前提ですが、前回の記事で、喉(声帯)を下げた場合のメリット・デメリットはおわかりいただけたかと思います。今回は、残る「喉を上がっている状態のメリット・デメリット」について。上げる、というよりは上がってしま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

決定版【声量も音程もリズムも「波」で解決!】

 ボイストレーナーのはまうずです。いきなりですが、なわとびのなわを振ると、波打って、その波が前へ進んでいきますよね。(イメージできるかしら^^;)これを、最下部の図のように、その波のひとつひとつが繋がりつつ、変化を起こすこと。これがオリジナルの表現とも言えます。膨らんでいるところはボリュームが増えているところ(声量幅)。波の高さは音程幅です。波の前後幅がリズム幅です。常に、最初は点であり、一気に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ちゃんと表現できる身体をつくると「『舌打ち』は出ない!?

お久しぶりです。ボイストレーナーの浜渦弘志です。さて、みなさんの中に思わず「舌打ち」がでる方はいらっしゃいませんか?ほとんどの方は舌打ちをされるといい気はしないと思います。舌打ちするな、と教わってきた方も多いと思います。しかし「舌打ちをしてはいけないからしない」では、消極的ですし、第一イライラがたまってしまいます。我慢しなくても舌打ちが出ないようにする方法を考えてみましょう。答えは簡単。胸郭と、口...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ