L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

【姿勢チェック】自分を俯瞰し、自分に興味を持とう

ボイストレーナーの浜渦です。自分に興味を持つ。自分を俯瞰する目を持つことはとても大切です。かっこいい悪いとか、自意識過剰とかではなく、自分がよりよくある為にです。その姿勢が、表現者として成立しているか、何が足りないか、どこに向かうべきか。常に頭の片隅に置いておきましょう。これらは、自然界の動物たちは自然にできているのではないでしょうか?彼らは自分が周りからどう見えているかが、自分の生命に直結してい...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

表現に音楽に歌に…芸術に正解はない

ボイストレーナーの浜渦です。一般的に正解とは、正しく回答すること…多くの人にとって「正しい」と認識されていることかもしれません。しかし、それは芸術としての音楽や絵画にとっては、邪魔なだけではないでしょうか?そもそも芸術に答えなんてないはず。でも、これが正解という唯一無二のものがあれば、安心はできますよね。また、みんなが納得してくれそうな正解、またはそれに近いものを出すのもまた安心があるのかもしれま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「歌に表現を載せる」のか「表現に歌を載せるのか」順番を間違えないで!

ボイストレーナーの浜渦です。本日まで関西レッスンでした。本当に楽しかったです。生徒さんと楽しい表現の時間を分かち合える。互いに成長する。目的と手段がはっきり見えてくる…こんな嬉しい事はありません。もちろん、どっちが偉いとか、ありません。ある訳がないのです。さてさて、まずは本日のツイートより。そのまま歌っただけではつまらないから表現をつける…これは対処療法であり間違いです。面白い表現を音楽に、楽譜に近...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

上手くても面白くなければ意味がない!【あなたの歌を一発で面白く感動的にする方法(その1)】

ボイストレーナーの浜渦です。みなさんはボイトレに何を求めていらっしゃいますか?良い声になりたい。高い声を出したい。上手くなりたい等々。いろいろあると思います。しかし、なぜ良い声になりたいのか、高い声を出したいのか、上手くなりたいのか?これらは目的なのでしょうか?私はこれらは目的ではなく、手段であると思っています。あくまで、想いを、感動を伝える。その時に、良い声や高い声はそれを助ける手段になり得る…...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

最初は息は続かなくても良い!

ボイストレーナーの浜渦です。息が続かなくて困っている方は結構多いですが、その結果何が何でも息を続けてやろうと、喉を詰めたり、変な鼻声になってみたり。ズバリ言いましょう。長い目で見ると…最初のうちは息は続かなくて良いです!ボイトレ初心者に心がけてほしいことは、呼吸の流れを楽しむこと。そのために気道を確保し、声帯を、ほとんど「息を漏らしながらでいいので」そっと出すこと。それよりも、息の流れを感じてから...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

次の音の「想像の予約」があなたの表現を面白くする。初めての曲、よく知らない曲ほどチャンス!

想像の予約とは次の音を想像するとはどういうことでしょうか。簡単に言えば、いま声に出している音の間に、次の音程の想像をすで済ませているということです。私はこれを「想像の予約と呼んでいます。」よく考えれば当たり前のことのように思われるかもしれません。一音ごとに次の音程を確認してから声に出すということは、話していてもありえませんよね。「想像すること」と「知っていること」の違いしかし、本当にそれは「想像」...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

ハッ息を飲むように声を出す♪「感動の呼吸を体内にキープするために」(321文字)

寝た子を起こしそうになった時のハッと息を飲むような驚き。しかし、それは幸せで暖かい驚き。そんな息を飲むような感動を皆さんは普段の生活で感じられていますか?このときの飲み込む筋肉は発声にとても大切なのです。幸せな風景を想像してハッと息を飲み込んでみましょう。その状態をキープしたままそっと声を出してみましょう。きっといつもより密度の濃い感動に満ちた声になるはずですよ♪声は感動の結果でありたいすよね。そ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その2

テンポとリズムと実際声のなるタイミングを自由に操る。「その1」では、テンポとリズムの違い。また、リズムには重心の変化が重要であることを書きました。(前略)人は感情が感情の変化、例えば驚いたり、落ち込んだり、血の気が引くようなことがあったり、腑に落ちて納得した時などに、重心が動くようになっているからです。(後略)詳しくはその1をご覧ください。 http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-1821.htmlテンポと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「テンポとリズムと声の鳴るタイミングを自由に操る」その1

テンポとリズムと声の鳴るタイミング…その1操る面白さボイストレーナーの浜渦です。リズムとテンポの違いや、実際声が鳴るタイミングを考えたことはありますでしょうか?リズムとテンポと実際の声が鳴るタイミングをバラバラに操ること。これが表現の面白さと感動を伝える大きなポイントです。レガートやフレージングに欠かせない音楽を動かし、膨らませ、また、レガート(平滑、滑らかに)に歌やセリフのフレーズを表現するのにも欠...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

《声と表情》「ふつうの表情は」は普通であってはならない!?舞台人の表情がいつまでも若々しい理由

「普通にしてたら機嫌悪いって言われた」はアウトボイストレーナーの浜渦です。「普通にしてただけなのに『機嫌悪いの?』って言われた」といって怒っている人をたまに見かけます。確かに本人は普通に過ごしていたのでしょうが、なぜこんなことが起きるのでしょう?普通はいけないのでしょうか?歌手や役者のふつうは「普通であってはならない」表現者はその表現の幅をどれだけ広く持っているかが大切です。では表現者の普通とは・...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ