L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

発声に悩んでいる・発声を見失ってしまった…そんなあなたにまずして欲しいこと(453文字)

発声が良く分からなくなった。発声を見つけては見失ってしまう。プロ・アマ問わず、そんなご相談をよくお受けします。そんな時にまずしてほしいこと。悩んだ顔をしないこと…「なんだ精神論か」と思わないで欲しいのです。悩むなというのではありません。具体的には目を開けて口元を引き締めながら悩んでほしいのです。できれば一方向を見つめながら。これは外側、つまり現実をしっかり見つめながら、内側で悩むということです。騙...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

しばらく(長期)声を出していなかった、出せなかったあなたへ(741文字)

いろいろな事情でしばらく声を出さなかった、長期出していなかった。歌えなかった…そうなるととても不安になりますよね。私も初めての長期入院から退院した時、声が戻るのか大変不安でした。結論から言いますと、私の場合不安は杞憂におわりました。もちろん、すぐにはもどりませんが、しばらく出せない環境にあることで、必要な筋力も落ちますが、発声のために酷使していた声帯やそれを動かすための体は確実に休めているのです。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

童謡・唱歌をふつうに歌えるようになろう(375文字)

童謡や唱歌はゆったりしたものが多いですね。例えば「赤とんぼ」これを美しくとまでいかなくとも、普通に聴かせるのは結構難しいことです。このためには呼吸が綺麗に流れていること。その呼吸が子音母音の変化で止まったり早くなったりしないことが求められます。つまりは「呼吸の粘り」という基礎が出来ているかどうかがバレてしまう恐ろしいジャンルでもあるわけですね。すごい声のオペラ歌手でもなかなか歌えなかったり、ハード...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

大きな声ほど「後ろに向かって」(199文字)

大きな声で「オーイ!」意外と難しいと感じている人が多く、変声期以後大きな声が出せないなんて方も大勢いらっしゃいます。そんな時試していただきたいのが「後ろの人を呼ぶように声を出す」です。後ろに向かって声を出すイメージです。もちろん身体も顔も前を向きながら。詳しい説明と効果はまたレッスンにて。根本的には身体を作っていかなければなりませんが、前段階としてイメージをつかむにはピッタリの練習になりますよ♪...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

ハッ息を飲むように声を出す♪「感動の呼吸を体内にキープするために」(321文字)

寝た子を起こしそうになった時のハッと息を飲むような驚き。しかし、それは幸せで暖かい驚き。そんな息を飲むような感動を皆さんは普段の生活で感じられていますか?このときの飲み込む筋肉は発声にとても大切なのです。幸せな風景を想像してハッと息を飲み込んでみましょう。その状態をキープしたままそっと声を出してみましょう。きっといつもより密度の濃い感動に満ちた声になるはずですよ♪声は感動の結果でありたいすよね。そ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

滑らかに歌うための練習「ハミング→口開けハミング→母音」(540文字)

ハミングは通常唇を閉じてやりますね。1.これを途中から唇を開けて行ってみましょう。開けた途端に「あ」の発音になってしまわないように気をつけましょう。さらに口を開けたのがバレないように。できれば次のステップへ♪2.今度は口開けハミングから「あ」の母音にもって行ってみましょう。これも口開けハミングがいつの間にか「あ」になっていたというくらい徐々に徐々に。変わるタイミングがバレないように。1.から2.へ続けてス...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

上手い人ほど高い声で「音程のない声」をうまく使う!(586文字)

高い音が出てくると緊張したり、用意しすぎてうまく出ない方も多いのではないでしょうか?そんな時無理に出さずにまずはその高音だけ適当に「音程を感じさせない」声をしてみましょう。その音程のない声が出た後ですぐに目的の音程を目指すのです。例えばコブクロの「蕾」「きっと」の3連発は難しですが、上手い人ほど前半は音程のない声を勢いだけつけて出しています。それをイメージとしては「きいっと」という感じで、「き」は...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

意識と無意識「関係図」(319文字)

表現とは、無意識の行動の再現と言えるかも知れません。私たちは無意識にはできることを意識するとできなくなりがちです。無意識だからこそ驚けますが、台本に「驚く」と書いてあるとなかなか驚けません。しかし、意識してできるようになったことは、無意識の時に再現できるようになります。本番は頭にはストーリーが入っていてもまるで初めての出来事であるような無意識性が必要です。そのために、意識していろんなことができるよ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

自分「だけ」の最高の声にたどり着くためにまず認識すべきこと(268文字)

あなたにしか出せない。あなたでなければならない。あなたが出しうる最高の声。そんなあなた「だけ」の声を見つけるためにまず認識すべきこと。声なんぞ結果に過ぎないということです。何の結果なのか。練習?発声?呼吸?性格?生き方?考え方?身体の使い方?あらゆるものの結果です。結果だけいじっても、想いを伝える力は変わらないのです。いい声で 上手い歌でも つまらないこれでは、次のステップへ進むのが難しくなってしま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「なぜ?」を考える。なぜ腹式呼吸?なぜ肩幅に足を開く?なぜ共鳴?「なんとなく」では上達しません。

ボイストレーナーの浜渦弘志です。世の中で「良いとされているもの」には必ず理由があるはずですが、あまりにも「当たり前」とされるものに対しては、いつしか疑いを持たなくなります。それは穿った言い方をすれば、思考停止であり、良い事も形骸化しかねません。例えば「感謝する事はいい事だ」私も良い事だと思います。しかし、なぜ感謝する事がいいことなのか?これを自分の中で消化しないと、「良い事だから良い」「感謝すれば...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ