2017/04/24

身体で感じ取る力「身体は臨戦態勢、頭は豊かに」

ボイストレーナーの浜渦です。

現代はネット社会になり、
直接電話することすら少なくなってきました。
その結果、感じるのではなく「読む」ことばかりに腐心してしまっているように感じます。

良い発声、良い呼吸は必要ですが、
それが感性と繋がっていなければ、
「手段の目的化」となりかねません。

子供の頃、鬼ごっこやかくれんぼも、
全身を研ぎ澄まして、息を殺して、また弾ませて、必死に、
「鬼はどこか」と必死にやっていました。
それこそ命がけで、、、
しかし、その行為自体はいたって平和的であって、
頭の中は充実して豊かであるわけです。

たかが遊びはだということは子供にだってわかっています。
それでも本気で大げさに言えば命がけで遊ぶ。
それには頭の感性ではなく、
身体で感じる感性が大活躍したわけです。
動物は言うに及ばず、人間という動物も、それを持って生まれてくるわけです。

身体を研ぎ澄ますことでしか感じ取れないもの、
全身で全方向の空気を感じることでしか生まれない感覚があるのです。
身体は臨戦態勢、頭は豊かに冷静かつ自分が見えている状態。


それは音楽家のみならず、全ての表現者、人間に根源的に必要なことでしょう。

しかし、私は大変危惧しています。
多くの現代人が、全身を研ぎ澄まして遊ぶことを忘れてしまっているのではないかと。
その結果、自分の身体で危険を感じられず、
耳に入ってきた、とりわけ心地の良いものだけを信じ、
動物的な感性を失いつつあるのではないかと。

動物的な感性と、体系的に整えられるルール・理性があって初めて芸術ではないでしょうか?
もちろん、動物的な感性が「人間らしさ」として最初にあって、
ルールはその上にあるはずです。

しかし、あらゆるものがルール優先となり、
人間らしさ、まさに人間のほとんどを占める身体を無視したものになってしまっているのではないか。
私はボイトレや歌唱のレッスンで、
うまく「聴こえる」ようなものは提供しません。

誤解を恐れずに言えば、上手かろうが、少々下手だろうが、
「ああ、いいなあ!」とルールや正しさでは量れないものを、
生徒さんには身につけて欲しいのです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/14

声は魚を育てるようなもの?

ボイストレーナーのはまうずです。

もし、魚を大きく育てたければ、大きな水槽が必要です。
大きな水槽にはたくさんの水が必要です。
そうして初めて魚は生き生きと動き出し、
大きく育ちます。

声にたとえてみましょう。

大きな水槽、つまり楽器はありますか?
その楽器を水ならぬ息で満たしていますか?
そこでやっと魚・・・いや、声帯は豊かに泳ぎだします。

狭い水槽でいろいろ手を加えても、
大きな水槽に少ししか水が入っていなくても、
自由さは失われるのです。

身体に大きな水槽を感じられる人は、
きっと豊かな表現ができるようになるでしょう。

魚の色は、しっかり育ててからでも遅くありません。
小さく弱い魚の色や形ばかり気にしていてはいけません。

もしかすると、何事にも通じる話かもしれませんね♪
kingyo.jpg



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/08

人間という楽器における音域とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。

高い声に憧れている方は多いと思います。
また低い声を充実させたい方も多いでしょう。

すなわち「音域・声域」を広げたい、わけですね。
音域が広がれば、いろいろな表現や、歌えなかった歌も歌えるようになるでしょう。

しかし、ここで人間という楽器における音域とは何かを考えてみてください。

音域とは、如何に高い声や低い声がでるのかではなく、
いかに「あなたという楽器の形」を崩さずに変えられるか、またその範囲のこと」です。
日本人は発声法と呼吸法は頑張りますが、とにかく楽器、すなわち身体を作りません。
また教える方も、楽器本体のことについてはその作り方にはほとんど触れません。

では楽器本体とは何でしょう?
楽器本体とは「声帯」のことではありません。胸から喉周りの空間の形のことです。
すまりトランペットならトランペット、ヴァイオリンならヴァイオリンの本体の形がありますよね。
声帯にあたるのはトランペットならマウスピース、ヴァイオリンなら弦でしょうか。
声帯は本体を鳴らすための1パーツなのです。

本体とはとりわけ胸周りから喉の空間のことと言いましたが、
カラダ全体と言ってしまっても過言ではりません。

もちろん、弦やマウスピースは大切ですが、本体はもっと大切です。
身体という楽器と、他の楽器の決定的な違いは、自分で作らねばならないこと。
そして、作ったものを維持し続けなければすぐ萎んでしまうことです。
しかも始末の悪いことに、
この大切な楽器本体の形を崩すことで、簡単に高い声や低い声、立派そうな声を出すことが可能なのです。

しかし、それは壊れた楽器から出たニセモノの高い声であり、立派な声なのです。
もちろん、それで本質的な良い歌やセリフを創り出すのは不可能でしょう。

たとえ最初は音域が狭くても、ヘロヘロの声であっても、
まず楽器をみがいてください。トランペットもはじめは音が出るまで大変です。
簡単に出してしまわないこと。
そうしてその立派に作った輝くあなたという楽器をつくることで、
呼吸法は自然に身につきます。その楽器を保とうとするのが腹式呼吸なのですから。
そのまま声が出るのをじっと待つ・・・

あなただけの楽器を作ってください。
そしてあなただけの歌を、セリフを、響きを。
誰にも似ていない、本物の音色をつくりあげてください。
そしてそのあなたという楽器を保っていると、声帯は自由に動き出します。
そうなると音域は勝手に広がっていくのです。

楽器を作らない人ほど、テクニックでごまかそうとします。
しかしそれは、中身のない人間がファッションでごまかすようなものです。

辛辣な書き方かもしれませんが、
光り輝くあなたの楽器は、声のみならず、
あなたの人生に大きく大きく寄与するはずです。
健闘を祈ります!!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/05

声や腹式呼吸に執心する前に「楽器本体」を作り上げましょう。

おはようございます。
「輝いた楽器から生まれた声はたとえしゃがれ声でも美しい。このことは私たちは忘れてしまいがちです。
しぼんだ楽器から生まれた綺麗な声など、いかほどの価値があるでしょうか…」

facebookページよりご紹介します。

皆様のご健闘をお祈りします!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/03/31

【決定版】感動を伝える声を「作るための順序」(と「諦める順序」)感動は楽器(身体)に宿る

ボイストレーナーの浜渦です。

声がうまく出せなかったり、良い歌やセリフが生み出せない時、
発声法(共鳴や喉の使い方)を疑って、そして次に呼吸法を…
という方が多いと思います。

…私はこれは大変まずいとおもっています。

では声に感動と伝達力を宿すためにはどのような順序で構成していけば良いのか…

1.楽器本体(身体)→2.呼吸→3.ゼロの声

これが私の答えです。
この3つが揃って「気持ちを伝えられる音色」が生まれます。
そして、この順序が大切です。
1.楽器本体とは、いかに身体を広げ、下顎周りを中心に喉を緩め、声帯の位置を自然に飲み込んで下げるか。
(すなわち楽器とはカラダの胸・肺周りや気道のフォームの事です。この3つにも作る順序があります)

2.楽器本体が緊張感のある状態で固定されれば呼吸は自動的にできるようになります。
逆に楽器本体が緩んだまま腹式呼吸をしてもその意味はほとんどありません。

3.ゼロの声とは、上で作った楽器本体と呼吸を一切変えずに鳴り始める最初の声です。鳴るまで我慢しないと、上の楽器と呼吸は死んでしまいます。

この3つが揃って基礎と言えるでしょう。

みなさんが気になる音域・音量・滑舌や発音などは、そのあとです。

つまりは楽器(身体)を作れるか、作れても守れるかに殆どかかってきます。
なぜなら感動は楽器に宿るからです。
しかし、一番大切なこの部分が、クラシック(声楽)の世界でさえ、大変おろそかにされています。
実はとんでもなく驚いたり嬉しかったり悲しかったりする時、
自動的にこのカラダのフォームが出来上がっていることがあります。

このことからもフォームの大切さはお分かり頂けるかもしれません。



先ほどの基礎の中に、
鼻腔共鳴などの共鳴や腹式呼吸やミックスボイスは自動的に含まれます。
つまり、それらは基礎ができればついてくるのです。
ここに気づかないと、結果の方法論に溺れてしまいかねません。

但し、基礎がちゃんとできてなくても出来る共鳴や、高い声の出し方もあります。
それらはなんとなくそれっぽく歌える感じにはなりますが、もし本当に表現をしたいのであれば、
何かを伝えたいのであればやめた方が良いでしょう。
私もお渡ししていません。

基礎が甘い中での技術は、感動がなかぬか伝わらないだけでなく、独りよがりに聞こえてしまったり、喉に対しても色々と危険です。

長くなりますので、では歌ったり舞台上で声の諦める順位というものもあります。
そのあたりはまた次回に…



今日もお読みくださり、ありがとうございました。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/03/24

「耳の良さ」を間違えないこと。絶対音感があることは耳の良さではない?

ボイストレーナーの浜渦です。
ボイトレツイッターアカウントで呟いたことを取り上げたいと思います。

絶対音感が欲しいと思っている方はとても多いようです。

声という楽器には、本体(身体)呼吸、声帯が主なパーツです。

声帯は本体ではありません。太鼓の川の部分のようなものです。太鼓の本体は胴体ですよね
しかし、絶対音感があるがゆえに、声の命とも言える楽器本体(すなわち身体)をいとも簡単にくずしてしまったり、
常に本体の形を変えることで、ただしい音程を取り続けている人がとても多いのです。
(耳の良さとは、まずなにがあっても身体をくずさないこと。音程とる耳の良さはその次なのです)

しかし、これだと楽器の形が一定ではないため、まるで一貫性のない声が出続けることにもまります。
音程も歌詞もあっている、声も出ているのに、全くつまらない・・・
なんていうことが起こってしまうのは、ここに大きな理由があるのです。

さて、ここで楽器本体とはなんだ?という方も多いとおもいます。
楽器本体には、
主に高音や声のコントロール性を作る場所
主に音色をつくる場所
主に「感動を創り伝える場所」
の3つがあります。
(はまうず式発声法においてのお話ですが、どなたでも納得いただけると思います)

このあたりは次回あたりに。
ここに現代の養成所やお手軽なボイストレーニングの普及の弊害も隠されているのです。
とくに表現の要「感動を創り伝える場所」については恐ろしいほど放置されているのです。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/03/17

レッスンを受けるのが上手い人・ヘタな人

ボイストレーナーのはまうずです。
2008年1月29日の記事です。
ご好評を頂いておりますので、今一度掲載させていただきますね。


さて、レッスンを受けるのがヘタな人、とは?

臆病な人?緊張する人?

確かに度を過ぎるとこれらはレッスンを受ける上で弊害となるかもしれません。
しかし・・・そんなに大きな問題でもないのです。
生徒と講師がコミュニケーションを取り合う中で、解決できるでしょう。
(生徒さんをやたら緊張させる講師は問題でしょう。特に権力があるなら尚更です)
ではどんな人がヘタか・・・

①完璧を求める人
②自分で自分を評価する人
③先生の言うことを疑う人
④先生の言うことを信じすぎる人(!)
⑤できないと悩む人(考えるのではなく「悩む」)
⑥すぐ結果を求める人
⑦見本を見聞きするとき、もう一緒にやってる人(笑・最後まで聞け~)
⑧どうせできないのが分かっているのにワザワザ躊躇する人
この中で当てはまるものはいくつありますか?

実はこれらは私の若い時そのままです・・・
ン・・・!これって自信がないくせにプライドが高いってことか???
わたしってイヤなヤツだったんですね(笑)。今でもそうかもしれませんが・・・
では解説を・・・
①は芸術に「完璧」などないですよね。一生向上し続けないといけないのですから
②は、ならばレッスンに来る意味が薄れてしまいます
③は、まず信じましょう(笑)
④これは盲点。信じすぎないこと。完璧な先生もいません。先生も一生向上し続けならないのです。
信じすぎる人は、どんなことについても、離れていくのも早いはずです。
完璧な先生がいたとしたら・・・お月謝も雲の上の金額に(笑)。お月謝だけ「雲の上」の人もいるかもしれませんが・・・
⑤最初からできるはずはないのに悩む。つまり開き直れないのはプライドのせいかもしれません。自分を赤ちゃんと思いましょう。またそう思って接してくれる先生を見つけましょう。
⑥算数ではありません。答えは無限大。
⑦つまり、話を半分しか聞かないひと。すぐに分かった気になる人。これはレッスンでなくても問題か・・・?
⑧躊躇してもしなくてもできないなら、躊躇しないほうがお得。やたら「構えてしまう人」も同じですよ・・・おなじアホなら踊らにゃ・・・の気持ちで・・・

書けば書くほど「自己嫌悪」・・・
でもどれかひとつくらい当てはまりませんか?
すべてに当てはまる人は講師向きかも(汗)
これでレッスンがたのしくなりますよね。
反対をやればいいのですから・・・!?

※無断転載を禁止します(過去分を含む)
 希望の方はご一報ください



2008年01月29日10時14分20秒 記


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/03/09

「お客さん」と共有できる「お客さん」が共有したいと思える呼吸をしましょう!

ボイストレーナーの浜渦です。

みなさん、花粉はいかがでしょうか?
私は鼻や目の周りにワセリンを塗ってしのいでいます。
なかなか効きますよ!
ただし、皮膚の弱い方や合わない方もいるかもしれませんので慎重に…

さて、声をだしていると、
ちゃんと呼吸できているか、発声できているか、気になりますよね。

そんな時思い出して欲しいことがあります。
「お客さんにどんな呼吸をして欲しいのか」

それは取りも直さず

「お客さんにどんな気持ちになって欲しいのか」

ということです。

もし、ハラハラドキドキして欲しければ、
みなさんがハラハラドキドキした呼吸をしなければなりません。

ワクワクドキドキなら、みなさんがワクワクドキドキした呼吸。

なぜなら、お客さんは、
目の前の演奏者や役者の
「呼吸を真似する能力」があるからです。


どんなに自分では感情を込めているつもりでも、
正しい発声をしていても、
「共有できる呼吸ができているか?」
「共有したいと思える呼吸をしているか」

これができていないと、独りよがりになりかねません。

それも、お客さんの数が多ければ多いほど、スケールを大きく。
もし、小さな舞台やお客さんが少なくても、将来やりたいステージを想像してくださいね。

それではまた、お目にかかります!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/02/26

練習に根性は必要…!?

ボイストレーナーのはまうずです。
ただ今、兵庫はは尼崎で関西レッスン中です♪
今日はfacebookページよりご紹介します。


facebookページおよびtwitterも合わせてよろしくお願い致します。
twitterでは日々のレッスンの中で生まれたヒントや声のお役立ち情報を随時UPしております。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/02/20

声という「楽器の一貫性」がなければどんなに音域が広くても良い声でも伝わらない!

ボイストレーナーの浜渦です。

どんなに高い声がが出たとしても、その個人特有の「楽器の音色」を崩して出さないたこと。

例えば、トロンボーンを吹いていて、高いところだけトランペットに持ち替えて出したとしたら…。
それなら高い音はひっくり返っても、出なくてもトロンボーンのままが良いですよね。

チェロを弾いていて、高いところが来たらヴァイオリンに持ち替えたり、低いところに来たらコントラバスに持ち替えたり…なんてしませんよね。

声も同じことなんです。
その楽器特有の音色を捨てて出す高音や低音はどんなに共鳴があっても伝わらないのです。
それぞれの音域では良い声だとしても、
楽器一貫性がなければ伝わらないのです。

高い声を出したい…その想いは大切です。
しかし、その理由は、
「同じ楽器の中での表現の幅をより広げるため」であって、
決して、音域を広げることそのものが目的ではないはずです。

逆に楽器を変えて、高い声や低い声を出し、表現を失ったら、本末転倒ではないでしょうか?
ぶれない、しなやかな身体という生きた楽器を作りあげる。
そして、同じ楽器からいろんな音色が生まれでる。
こんなに気持ち良く、ただ楽しい、素敵なことも、そうはありませんよ!
ぜひこの感覚をみなさんにも体感していただきたいのです。

さてこの写真、近所のスーパーで売っていたエビフリッターチリソースです(^^;

…どんなに外側のテクニックを広げても、中身がこれではさみしいですよね(笑)
声も、共鳴やミックスボイス云々。テクニックに埋もれないように気をつけてくださいね♪


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking