L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

表現とは身体を開くこと。声はその「ついで」です。

ボイストレーナーの浜渦です。今週末7/23(日)に生徒さんの発表会LIVEです。きっと個性あふれる自由な表現をしてくださると思います。今日はその「表現とは何か」について。表現とは何か表現とは、広義の意味では、歩くことや生きること、テクニックを使うこと、表情をつけることなど全てが表情と言えるでしょう。しかしこれから書かせていただきます表情とは、「身体を開けば溢れ出でくるもの」です。表現とは溢れ出る個性表現とは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「本当の耳の良さとは何か」〜微妙に音程が悪い方へ〜

ボイストレーナーの浜渦です。なんとなく音程がおかしい・・・「微妙に音程が悪い」「細かい音程が取りにくい」「なんとなく音痴」こういう方は多いと思います。音感が悪いのか?と思われがちですが、多くは、音程を取る耳が悪いのではなく、音程を音色の明暗とと音程間の距離感でコントロールする耳を持っていないのです。本人は、音程をしっかり取っているつもりでも微妙におかしい場合は、大抵、これが原因です。微妙な音程の制...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「自分の表現」を「楽曲」に「融合」させるのが「歌」です

ボイストレーナーの浜渦です。歌うとは、自分の表現と曲との融合自分の表現と楽曲と融合、それが歌う事です。(歌う場所やお客さん等の要素もありますが、それも先に融合があってこそです)自分の表現とはどんなに融合させる気持ちや楽曲に対する真摯な気持ちがあっても、自分の表現が無ければどうしようもありません。自分の表現とはなんでしょう?それは、喉を、カラダを開いて自由な呼吸をすることです。それができれば、表現は...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その3

声帯位置の上下によって変わること完結編今回は「声帯が上がっている状態」のメリット・デメリットを。(前回の記事「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2の続きとなります)個人差があることが前提ですが、前回の記事で、喉(声帯)を下げた場合のメリット・デメリットはおわかりいただけたかと思います。今回は、残る「喉を上がっている状態のメリット・デメリット」について。上げる、というよりは上がってしま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2

声帯位置の上下によって変わること今回は「声帯を下げた場合の」メリット・デメリットを。(前回の記事、「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その1の続きとなります)個人差があることが前提ですが、一般的に、声帯の位置が下がっているといろいろなメリット・デメリットがあります。今日は一般によく言われる「声帯を下げろ!」に対するメリットとデメリットを。(上げた場合のメリット・デメリットはさらに次回の予...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その1

みなさまこんにちは。ボイストレーナーの浜渦です。声帯の位置について「声帯を下げなさい」このように言われた方も多いかもしれません。ところが、「無理に下げなくていい」もっと言えば「下げる必要はない」さらに・・・「宙に浮いているくらいの感じが良い」さらにさらに・・・「上がってても関係ない」これではみなさん迷いますよね。あの先生はこう言っていたのに、今度の先生は真逆のことを言っている・・・しかし、これはど...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

上手くなくたって…

上手くなくたって……いいんですよ。それよりも、研ぎ澄まして、研ぎ澄ます方法をおぼえて、全身を総合的に自由に使うんです。使い切れば、個性は必ず出ます。なんとなく誰かの真似とか、流行りのうまさを追求するのも悪くはありません。真似は上手くやれば、良い勉強になります。ただ、上手くなることを目的として上手くなったあと、本当の個性を出すのは難しいですよ。うまさが邪魔をするんです。「このやり方なら出来る」が、時に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

身体で感じ取る力「身体は臨戦態勢、頭は豊かに」

ボイストレーナーの浜渦です。現代はネット社会になり、直接電話することすら少なくなってきました。その結果、感じるのではなく「読む」ことばかりに腐心してしまっているように感じます。良い発声、良い呼吸は必要ですが、それが感性と繋がっていなければ、「手段の目的化」となりかねません。子供の頃、鬼ごっこやかくれんぼも、全身を研ぎ澄まして、息を殺して、また弾ませて、必死に、「鬼はどこか」と必死にやっていました。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

声は魚を育てるようなもの?

ボイストレーナーのはまうずです。もし、魚を大きく育てたければ、大きな水槽が必要です。大きな水槽にはたくさんの水が必要です。そうして初めて魚は生き生きと動き出し、大きく育ちます。声にたとえてみましょう。大きな水槽、つまり楽器はありますか?その楽器を水ならぬ息で満たしていますか?そこでやっと魚・・・いや、声帯は豊かに泳ぎだします。狭い水槽でいろいろ手を加えても、大きな水槽に少ししか水が入っていなくても...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

人間という楽器における音域とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。高い声に憧れている方は多いと思います。また低い声を充実させたい方も多いでしょう。すなわち「音域・声域」を広げたい、わけですね。音域が広がれば、いろいろな表現や、歌えなかった歌も歌えるようになるでしょう。しかし、ここで人間という楽器における音域とは何かを考えてみてください。音域とは、如何に高い声や低い声がでるのかではなく、いかに「あなたという楽器の形」を崩さずに変えられる...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ