L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

プロも初心者も、すべての皆さんが新しい、出たこともない自分の声と出会う一番の方法

ボイストレーナーの浜渦です。‪みなさんが、自分の新しい声、出したことも無いような、想像もしたことのないよつうな驚くような声と出会い、一気に成長する為には今までやったことのないことをやるしかありません。そういう変革の瞬間がなければ、表現を成長させるのに、人生は短すぎると思うのです。(そこそこで満足するなら話は別なのですが…)そんな自分の新しい声と出会う為に…。その一番の方法が…怖がらずに目を見開きピクリと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「息の支えって何?」音程が合っていても「ぶら下がって聞こえる声」と「多少低くても許される声」がある!その違いとは?

ボイストレーーナーの浜渦です。音程が悪いことで悩む方は多くいらっしゃいます。しかし…実際には、多くの感動的な歌を歌われる方が、アバウトな音程で歌っています。しかし、そのことに聴いている方の多くは気づかないのです。逆に、音程は機械で測っても合っているはずなのに、なぜか、ぶら下がって聞こえてしまう方が非常に多いのです。こういう方に指導者は誤って「音程がさがっているぞ!」なんてやってしまうことが多いので...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

表現に音楽に歌に…芸術に正解はない

ボイストレーナーの浜渦です。一般的に正解とは、正しく回答すること…多くの人にとって「正しい」と認識されていることかもしれません。しかし、それは芸術としての音楽や絵画にとっては、邪魔なだけではないでしょうか?そもそも芸術に答えなんてないはず。でも、これが正解という唯一無二のものがあれば、安心はできますよね。また、みんなが納得してくれそうな正解、またはそれに近いものを出すのもまた安心があるのかもしれま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「将来のある本物の初心者」になろう!!歌う(表現する)身体を作れば声帯や呼吸法は考えなくても動き出す

ボイストレーナーの浜渦です。今回の話は極めて大切な話です。文章ではわかりにくいのでくどい書き方になりますが、お許しください。(文才がない・・・)しかし、対症療法的なボイトレではなく、感動的な響きを発生させるという大切なことですので、宜しければ是非ご確認を。歌うための身体、表現するための身体とはなんでしょう。ピアノで言えば、楽器本体、ボディの形です。誰もが思いうべるグランドピアノの形とでも言えば良い...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

歌唱や台詞における「レガート」とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。「レガート唱法」という言葉を聞いた事はありますでしょうか。レガートに歌うという事ですが、平たく言えば、「音と音との間を切らずに、平滑に、なめらかに歌う事」と言ったところでしょうか。しかし、ここでよく間違いが起こってしまいます。音と音とを無理やり切らずに歌おうとした結果、肝心の呼吸がブツ切れになってしまうことです。私は、生徒さんに以下のように解説しています。(もちろんその...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【歌唱法】「話すリズムやイントネーション」と「楽譜」の「距離感」が面白さと個性を生む

ボイストレーナーの浜渦です。前回の記事で「歌の基本は話すこと」と書かせていただきました。まず自分の世界観で話せること。それに少しずつ音やリズムを載せて行って曲に近づけていく…。そしてやがて歌と融合するわけです。当たり前ですが、話しているときもイントネーションと楽曲のメロディは違います。また話すリズムと楽譜上のリズムも違います。スローな曲だと、普通に話すとあっという間に言葉が尽きてしまいます。例えば...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

歌の基本は話すこと

ボイストレーナーの浜渦です。歌の基本は話すことだと思います。自分の世界観で話すことです。それに少しずつ音やリズムを載せて行って曲に近づけていく…。上手く話すとか、イントネーションに気をつけるとか、そんなものは要りません。ただ大きな世界観の中に自分の気持ちを散りばめ、自分らしく自然に話すこと。自分の世界観で話せていなくても、リズムと歌詞と音程だけ合っていれば、一応「歌」にはなります。しかし、それでは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

スマホに集中すると肩が凝るばかりか声と呼吸が硬くなる!…その回避方法とは?

ボイストレーナーの浜渦です。スマホに集中する時間が長くなると、肩こりになったり呼吸が硬くなり、喉も硬くなります。もちろん、これらは歌唱のみならず、すべての表現の大敵ですよね。そんな経験をされた方も多いかと思います。ではそれをなるべく回避する方法をどうせなら表現の技法と結びつけてご紹介しますね。目次1.肩・声・息が硬くなるシステム2.ポイントは視野の使い方3.スマホの眺め方「実践」4.この視野の使い方は実は...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

歌や絵「表現の時間」だけでも人生の優先順位を変えてみませんか?

ボイストレーナーの浜渦です。一生懸命練習することはとても大切ですよね。しかし第一の目標は表現であり、間違えないことではないはずです。歌においては、歌詞を覚えること、音程を覚えること、リズムを覚えることは、表現のための一つ一つの手段であって、それ自体が本来の目標ではないと思うのです。それはアマチュアであればあるほど、重要なことだと思います。プロはあらゆる手段を駆使して、表現するだけでなく、納得やより...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

【話すように歌う】声より息を、息より気持ちを、気持ちより…。【大きく絵を描こう】

ボイストレーナーの浜渦です。人が自然に感情が沸き起こって、声になるまでには順序と強さのルールがあります。声より息を力強く。息より気持ちを強く。気持ちより世界観を大きく。これが崩れると上手い歌も良い声も生かせない…#ボイストレーニング— ボイストレーナー浜渦弘志 (@h_hamauzu) 2018年4月25日これは表現のルールです。声を絵や書に置き換えても私は同じことだと思っています。この表現のルールが達成された時、あなた...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ