L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ボイトレ・レッスンで「トレーナーに必要なもの」とは?〜トレーナー・スクール選びの参考に

ボイストレーナーのはまうずです。今後、ボイストレーニングのスクールの選び方や、業界の現況や問題点についても「批判的にならないよう」書いていきます。【レッスンで大切なのはメソッドなのか?】最近、ボイトレ業界においても、認定制度などが生まれています。(私は生徒さんに認定されれば、それでよいのですが・・・)そして多いのが『●●先生の「△△メソッド」』それぞれに特徴があり、面白く、大変参考になります。私にもボ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その2】

ボイストレーナーになりたい方へのアドバイス、その2です。今日は考え方やシステム面について少しお話しします。。。その1(方法論・テクニック・メソッド等に対する考え方)はこちら>>>ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その1】●先生と呼ばれることに注意どの世界でもそうですが、権威が付いてくると、教え方がまずくても、生徒さんや学生は、信者のようについてきます。それこそそこに「方法論など皆無、できなければ努...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その1】

こんにちは。ボイストレーナーになりたい方ってそうはいらっしゃらないと思いますが、最近「どうやったらトレーナーになれるか」「その資質は?」などの質問を受けることが多くなってきました。私ごときのアドバイスが役に立つかどうかはわかりませんが、「自分のことは棚に上げつつ」いくつかあげさせていただきますね。あくまで私が思う「本気でトレーナーを専門にする場合」のアドバイスです。●誰かのメソッドではなく、自分の...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

十人十色、十人十レッスン!

皆様こんばんは。連休を楽しまれている方、お仕事の方、お元気でいらっしゃいますか?私はもちろんレッスン三昧♪いまは関西におります。もちろん楽しい!人の呼吸・声に関わることは、その人の人生・命そのものに接し、大きく影響を与える可能性のあることと、責任感を持って取り組ませていただいているつもりです。いままで、どうしてもできなかったから私のところへ来て下さった方も多くおられます(ごめんなさい、手前味噌で)。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

異性の発声を指導する時の注意点

皆様こんにちは。異性のボイストレーニングをするとき、注意しなければならない点がたくさんあります。今日はそのひとつを。よく女性のトレーナーが男声を教える時、1オクターブ落として、みほんで歌うことがあります。これはやってはいけないと思います。確かに楽譜上の音をそのまま出すと、女声は男声より1オクターブ上を出しています。だから男声に合わせて1オクターブ下げてやる……理屈ではわかりますが、それでは男声にはまず...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

講師はモノマネ能力も大切?

皆様こんばんは。だいぶ涼しくなってきた関東地方です。今日はレッスンが19時におわり、そのあと最後の生徒さんに、坂本九さんのモノマネしたりして楽しく遊んでいました。モノマネと言っても、ただ声マネではいけません。呼吸、雰囲気、性質、姿勢、顔つき、いろんな要素があります。これ、私がプレーヤー時代にはそんなにうまくなかったのです。しかし、だんだんと、クラシックの声楽の歌手の方から、井上陽水さんや玉置浩二さん...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

かなりあ少年少女合唱団(横浜・都筑)コンサート終了

みなさま、おはようございます。去る8月24日(日)私がトレーナーとして少し関わらせて頂いている「かなりあ少年少女合唱団」(横浜市・都筑区)と、この合唱団を主宰・指導されている渡辺麻衣さん(ソプラノ・マルチヴォーカリスト)の、夏のコンサート「にじいろの歌声5」が開催されました。回を追うごとに子供たちの歌声、そしておなじみのすばらしいゲスト演奏家との連携や、プログラミングも良くなり、お客様も増え、今でき...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

生徒と講師は対等の立場でなければならない

おはようございます。以前から何回か書かせていただいている事ですが、生徒さんと講師は、基本的に対等の立場でなければなりません。しかし、対等な人間としてではなく、権威や、センセイはエライモノ、と言った、レッスンとはおよそ関係ない部分で、生徒さんに気を遣わせたりすると、「辞めたいのに辞められない」「辞めたら干される」「レッスン中提案すらできない」「なにかとお金のかかる事を『しなければ』ならない」といった...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

なぜ、同じ教え方をしてはいけないのか

みなさんこんばんは。ボイストレーナーの浜渦です。私は生徒さんの性格や身体の特徴に合わせて、指導方法を変えます。同じゴールを目指しても、そのコースはどんどん変えるのです。その一番の理由は、声を出したことがない生徒さんがいないということです。どういうことかと言いますと…何かまったく新しいことを始める時、ほとんどの方は未経験、やったことはあっても初心者です。もちろん、人によって向き不向きもあるでしょうが...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

指導メソッドは教わっても、それだけではどうしようもないのです

みなさま今日は。私が舞台とトレーナーの兼業から、トレーナー一本に道をしぼった時、あるすばらしいボイストレーナーの先生に付いてその基本を教わりました。トレーナーの命であると思っていた、メソッドや、情景の描き方等々、それこそ、惜しみなく教えて下さいました。しかもそのどれもが革新的で理論的で目からウロコ…それを教わった私は「これでオレも同じように指導できる!」・・・そんな勘違いをしたのです。それまでのキ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ