2007/12/29

今日の生徒の皆様へ(ソニックの)

関西出張のため、ご無沙汰しておりました。
今日レッスンだった皆様!非常によかったです!!
夜勤明けの人なんかもおられましたが・・・
共通するのは・・・そう!
みーんな仕事納めの後なのです。
以前ここにも書きましたね。
よい声・よい歌を導き出す一番の要素は

「気分が乗っていること」

これなんです。
私たちボイストレーナーは、みなさんの気分を盛り上げるのもひとつの仕事です。
でも、皆さんが最初からハイテンションで来ていただければ、
その効果は何倍にもなります。
まずは楽しむこと!!!
やっぱりこれですね!

山ちゃん、先週はちょっと・・・でしたが、今日は今年一番の声でした
ナベユキさん。すっごい声でるね~。見直した!
タケヒくん!夜勤明けなんて関係なし!あれこそ鼻腔共鳴だ!!
そして私!80分しか寝てなくても皆さんのテンションに感動しながらレッスンさせていただきました。
皆様、今年もお疲れ様でした!そしてありがとうございました!!

※次回関西の電車は美しい。「エッ!これが40年前の車両!?」
  を、お届けします・・・・・・・・タブン。



※無断転載を禁止します(過去分を含む)
 希望の方はご一報ください



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います





↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2007/12/15

息を着陸させる?その2

おはようございます。
前々回の続きです。

「息の着陸」を実際表現することで体得します。
左右どちらかの腕を、指先を伸ばして胸の前におきます。
これが滑走路です。
もう片方の手のひらをを指先をのばして、飛行機が着陸するように、さきに出してある腕に重ねていきます。(こすりつけるように)
このとき、息をゆっくりハーと吐きながら近づけて行き、手のひらが重なった瞬間からジワジワと声にしていきます。
手のひらを強くこすりつけていくにつれ、声を強くしていきます。

うーん文章にすると難しいですね・・・
でもこれが上手く表現できると、息も自動的に、滑らかになるはずです。

着陸したらそのまま離陸着陸を繰り返し、つまり左右に振り子のように動かしながら、
ハーハーハー・・・とやるのもよいでしょう。

ああ!!やっぱり文章じゃ表現できん!!
レッスン来てくださいませ・・・



※無断転載を禁止します(過去分を含む)。ご一報ください



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2007/12/13

昨日(水)レッスンだった皆様へ

ヤマキ君、タケイさん、かみぞのさん、やました君!
みなさんとっても良かったですよ!

ヤマキ君はよく粘り強く、呼吸法に取り組めていました。あの粘りがあれば大丈夫です。
タケイさん。昨日の感じ、忘れないでね!
また歌のレッスンやりましょう。

かみぞのさん。あとは体力のみ…

やました君。ここのところ、急激にヨイコエになってます。

…と、たまにはレッスン・インプレを書いてみました!


…着陸法についてはまた次回です




※無断転載を禁止します(過去分を含む)。ご一報ください



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います





↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2007/12/12

息を上手く着陸させよう!

みなさま、ボイトレに励んでいらしゃいますか?
前にも言いましたが、私のレッスンは
「たとえ話」
が多いです。
それは、多くのボイトレの本でも見受けられますが、

「メカニズム」の話に終始したり、
「お腹のこの辺りを意識しましょう」

というだけでは、理解できない人が多いのでは?
と思っているからです。
「おへその辺りに力を入れて・・・」
と思って、やってみたら
「知らないうちに肩や首にも力が入ってしまった」
なんてことが、あまりにも多すぎるような気がします。

さて、今日もたとえ話。
「滑走路」とそこに着陸しようとする「飛行機」を想像してください。
いつ着陸したのか分からないくらいスムーズに接地できたときは、
操縦士でない我々も感動しますよね?
しかし、激しくバウンドしたら・・・
いや、もし直角に落ちてきたら、大変なことになりますよね。
ここで、滑走路を「声帯」に、飛行機を「息」に置き換えてみましょう。
すぐ喉が痛くなるあなた。
直角に着陸してませんか。
接地したのが分からないくらい滑らかに、つまり、滑走路に対して、
できるだけ平行に近い形で着陸できれば言うことありません。
しかし慎重になりすぎると着陸に時間がかかってしまいます。
すなわち、リズムがジャストを取れないようになるので要注意です。

これでおわかりでしょうか?
なんとなく元から声のいい人は、音程もリズムもダルなことが多いわけが・・・

次回はその滑走路を意識する方法をご紹介・・・するかもしれません



※無断転載を禁じます。(ご一報くださればOKです!)

ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2007/12/06

声帯の大きい人、小さい人の違い

声帯の大きい人と小さい人、どちらが得?また大変でしょうか?
私は間違いなく声帯は大きい人の方が大変だと考えます。
極端な例え話をしますと。

大きな声帯=お寺の鐘
小さいな声帯=クリスタルガラスのワイングラス

ワイングラスは軽く指ではじくと透明感のある美しい音がでます。
しかしお寺の鐘を指ではじくと・・・ゴ~ン!
・・・て鳴る訳はありませんよね。
お寺の鐘を鳴らそうと思えば、やっぱりあの「デカイ棒(名前がわからない!!!)」がひつようですよね?
この、弾くものこそが=息に当たるのです。

当然大きな声帯(鐘)を鳴らすには力を一点に集約し、勢いのある息が必要になります。
それはあの鐘を見れば一目瞭然。
しかも歌唱ともなれば、その鐘をリズミカルに叩かねばならないことになります。
それはワイングラスにおいては簡単でも、お寺の鐘ではものすごく大変なことなのです。
結果、その鐘、すなわち声帯を鳴らし切れていない人が大勢います。
さらに日本人には、
「身体は小さいのに声帯はデカい」
という人が結構います。
私もその一人でした。
身体が大きくないということは、それだけ呼吸も大変になります。
当然早い節回しなどは苦手になります。
その結果
「息は指で弾くくらいの勢いなのに、楽器は寺の鐘」
という悲惨なことになってしまうのです。

・・・こう書くと大きい人は絶対的に不利なのか?
と思えてきますが、実はそうではありません。
お寺の鐘を自由自在に叩くテクニックさえ手に入れれば、
誰よりも迫力のある声が出るようになります。
さらに声帯は鐘と違い、努力しだいで伸縮自在になります。
薄く延ばせば、
「クリスタルガラスよりも繊細且つ迫力もある声」
もつくれるのです。
ただしそのためには、これらのことを理解している指導者が必要です。
しかし、元来身体が大きくなく、声帯も普通の大きさの指導者が多い現状では、
そういう指導者を見つけるのは大変です。

わたしもこれらのことで大変苦労しました。
先生にはただ努力が足りないとも言われました。

そんなことも私がボイストレーナーになろうとおもった一因なのです。


次回は、「安い店で文句を言うヤツ(=客であるという事だけを盾に偉ぶるやつ)」
をぶった切ります。
(・・・上の文を書いてる人と同じとは思えませんね。)




※無断転載を禁止します(過去分を含む)。ご一報ください



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います








↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2007/12/03

縦の比較・横の比較

縦の比較=昨日の自分と比べてどうだったか
横の比較=今日一日の中で声がどう変化したか

当然重要なのは縦の比較です。
その日たまたまいい声が出ても仕方なし。
体調や、喉の調子、部屋の響きや湿度に至るまで、
同じ日は二度と訪れません。
そんな中で、安定した声を出すためには、
「昨日までの積み重ね」
が大切なのはいうまでもありません。

思いつきで練習してもダメなのです。
ちゃんと毎日練習してたかどうかは、
レッスンで即座にバレます!
精進あるのみです・・・


風邪引きました。今日オフなので寝て治します。
うつしてくれた生徒の○○(男性30歳?)さん
恨み言は・・・言いません!!!!!



※無断転載を禁止します(過去分を含む)。ご一報ください



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います






↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking