2008/06/30

自分の為に練習しているうちは、上手くならない・・・解説篇

昨日、私の父の言葉を記しました

「自分の為に練習してるうちは上手くならんぞ・・・」

ごめんなさい。「練習」ではなく「歌っているうち」
だったかもしれません。
でも同じことですが。

では、私なりの解釈を・・・

たとえば、ボールを相手に向かって投げるとき、
いや、絶対落としてはいけない、
とても大切な物を、相手に向かって投げなければならないとき、
当然、まず、どのように投げれば、相手が受け取りやすいかを考えますよね。
さらに言えば、それは、相手が受けとる姿を想像しなければならない、
ということになります。

それにより、
下からふわっと投げるのか、
上からビシッと投げるのか、
そのほかいろんなことが見えてきます。
工夫すれば

「あえて取りにくいけど、とっても大切なので、ダイビングしてでも取りたくなるボール」

を、投げることも可能になってくるでしょう。
もちろん、投げたいのは私。でも受けとる人がいて、初めて成立することです。
唄は、声という「息」を、聞いてくれる大切な人に、かなり一方的に投げる
[キャッチボール]です。

相手の受け止める姿が見えて、そして受け止めてもらえたとき、
相手はきっと喜び、また感動してくれるでしょう。
そして、こんどは拍手という手段をもって、投げ返してくれるかもしれません。
自分の為にではない…とは、きっとそのことだと私は思っています


きっと父の言った「うまい」
は「巧い」ではないのでしょう。
「人を感動させること」
と言う意味で「うまい」といったのだと思います。

彼は、きっともう、私にそう言った事を、
忘れてしまっているでしょうが・・・


※無断転載はご遠慮ください(過去分を含む)
 ご希望の方はご一報くださいませ



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います


お問い合わせは
hiroson1972@yahoo.co.jp
までお気軽に…




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2008/06/24

高音・低音が出ない・・・と言う前に

発声練習時、
だんだん音階が上がっていったり、
下がっていったり・・・

だれでもいつかは出ない音にたどり着きます。
しかし、ここで、チェック!

「もう、でません」
と言う前に
出なくなったと同時に、
「息」が止まってませんか?

それは
「出ない」
ではなく、
「出る権利がない」
です。
息が出てないのに、
声が出るはずがありませんよね・・・

意外と気づいてない人が多いんです。

※無断転載はご遠慮ください(過去分を含む)
 ご希望の方はご一報くださいませ



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います


お問い合わせは
hiroson1972@yahoo.co.jp
までお気軽に…


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2008/06/23

呼気と吸気の間・・・吐かない、吸わない、もちろん止(と)めない

呼気と吸気、
息の流れる方向が、180度変わる、
発声の一大「転機」です!
(ちょっと大げさですが)

しかし、ここが一番難しいかもしれません。
180度変わる、ということは、
絶対に、一瞬でも
「吸ってない吐いてない瞬間」
が生まれるはずです。

このときに
「止(と)めて」いませんか?
「止(や)める」のはOKですが・・・
ちょっとややこしいですが、
「とめる」のはNGです
この場合の「とめる」は、

「息をストレートに吸えない、吐けない状態」

のことです。

「やめる」とは違います。
「やめる」は
「息をスグに吸えるし、吐けるけど、どっちもしないだけ」
という状態です。
コレこそが、
「間」
を手に入れる、最も大切な要素だと考えます。
「とめて」しまうと、
「時間が」止まります。
音楽、舞台、どれをとっても、
「間」はあっても、
時間が止まっては、
お客さんは、ついてきてくれないのです。
時間が止まると、緊張感も切れてしまうから・・・

「吸わない、吐かない、でもとめない」

こころにとどめておいて損はないですよ


ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2008/06/22

みなさんの「吸気」に「歌詞」はありますか?

吸気・・・文字通り
「吸う息」ですが、
これに言葉としての意味、
つまり「歌詞」はありますか?

何度も書きましたが、声は、出てしまうまでが勝負です。
吸う息には
お客さんや、共演者との最も大切な時間の共有があります。
息を吸うとき
「あのね」でもいいし
「それから」でも
「いくよ~」でもいいから、
意味をつけてあげてください。
これだけでも、ずいぶんと変わるはずです。

これがないと、お客さんは
「聴く準備」ができないのです。
これができると、
お客さんと一つの目標に向かう事が出来るのです
声が出るまでに、
とてもすてきな「間」を作るのです
あっという間の、瞬間的な「間」を・・・


本日の生徒様へ
久しぶりにコメントを・・・
とってもみんな良かったです。
アヤオさん、高音はそうやって出すのです。
そしたらHi-Cなんか簡単にでますよ!

弟子さんは・・・やっと掴みましたね!感無量です・・・・・・・・

新米編集者さん、とっても柔らかい息です。
この調子で勢いをつけていきましょう。

外交員(?)Uさん、とても良い声になりました。
少なくとも私よりは・・・!
あとわずかですが、楽しくやりましょう!

SEなかむらくん、あれでいいんですよ!
名付けて「スーパースロー」発声法!
感覚掴めたでしょう!


ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2008/06/14

「南新宿」という名の「代々木」

―今朝の地震にあわれた方、お見舞い申し上げます。
結構横浜でも長い揺れを感じました―

まずは南新宿駅のガードです
チョット分かりにくいですが、かすんだ高層ビルが生えている(?)下あたりです
南新宿2

そして、このガード下左側が、
小田急「南新宿駅」の改札になっています。
しかしここの地名は「代々木」
あくまで「代々木」です
そしてお隣の駅は
大「新宿駅」です。
もう、スグそこが新宿です。

「千葉」なのに「東京ディズニーランド」
みたいなもんか?
それとも
明石の人間が、
「ご出身は?」と聞かれ
「神戸です!!」と、答えるようなもんか?
(関西人しかわからへんかな?)
ちょっと違うかもしれません。
この先に、
「代々木八幡」だの「代々木上原」
だのあるので
もう「代々木」はいらない、のかも。

さて、駅のとなりのこの煙突。
お風呂屋さんです。
毎日張り切って(と思います)営業中。
まだいったことありませんが、近いうちに入りにいきたいです。
銭湯好きなんで。

このガード。
見た目はのどかですが、
恐ろしい数の列車が、それこそひっきりなしに走ります。
いや、走り続けます。
ここは、小田急の総本山、小田原線なのです。
もちろんこの南新宿は各駅停車しか止まりませんが、
このガードを通って、
町田、小田原、遠くは箱根や、江ノ島方面に向かいます。
小田急名物のロマンスカーもバンバン走ってます。

この風呂屋の煙突を別の角度から見ると・・・
南新宿
オレの方が、昔からいるんだぞ!

なにやら、巨大なビルが迫っています。
美容学校です。かの有名な
「山野愛子」さんの、美容学校。
「山野タワー」という建物です。

ここ、代々木は、
「代ゼミ」で、有名ですが、このスグ近くに、
「代ゼミタワー」
なるものもできました。
こちらはさらに、天を突かんばかりの建物です。
そのうちご紹介します。
なぜに、人は、
「天」を目指すのでしょうか。
この大都会で、空を探そうとすると、
「首が痛くなります」

そんなまちに残る、煙突。
近くの代々木小から聞こえる子供たちの声が、
いつまでもありますように・・・


ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2008/06/13

関西クオリティの「関東私鉄」 -京急-

関東の私鉄・・・
関西人はおろか、関東の方にも、
なにかとこき下ろされることが多いのです。

やれ、キタナイ(最近はそうでもないと、私は思いますが)
サービスが悪い
JRや他社の車輌とほとんど同じで個性がない
その他いろいろ。

確かに関西の私鉄は、個性の強い会社ばかりです。
一貫してマルーン色を変えない
「阪急」
以前、「日本一高級な私鉄」として紹介しました
http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-134.html
1960年代には、自動改札が設置され、
車内に公衆電話もいち早く設置。

ジェットカーで各駅停車も楽しい
「阪神」

私鉄NO.1の路線長と個性的な特急車輌をそろえる
「近鉄」
世界初の2階建て車輌「ビスタカー」もココです
ラッシュ時はロングシート、昼間はクロスシートに早変わりする、車輌もアリ

料金無料で豪華な特急(2階建て車輌付)をはしらせる
「京阪」
長い複々線で、各停を追い抜きます。
ラッシュ時は5ドア、昼間は中間の2ドアが、
「上から降りてきたイスで塞がれる」5000系もあります。

そして日本最古の私鉄
「南海」
私の大好きだった「南海ホークス」の親会社でした・・・

まあ、何故こんなに個性があるかというと、
競合路線が多いというのが一番でしょう。
大阪-京都間なら
 阪急、京阪、JRに新幹線もあります。
大阪-神戸間も
 阪急、阪神、JR、一応ですが新幹線も。
あとは関西人特有のサービス精神でしょうか。

さてやっと本題!
そんなうるさい関西人もうならせる私鉄が関東にもあります。
ロマンスカー擁する小田急、
スペーシアがバブリーな東武・・・
も素敵ですが、
ここは全社あげて、独特の雰囲気をもち、
真っ赤な車体もまぶしい「京急」をあげます。

京急2000外観

まずこの外観。
2100系です。この「連続窓」は優等車輌の証。
主に快特の種別で使用されます。
もちろん2扉オールクロスシート!
もちろん料金無料!(一部ウイング号は違いますが・・・)

京急2000車内
ホーラ、壮観!

京急2000窓
横引きのカーテンは必須。でも広告がチョット残念。京阪はこんな広告ないんですよ。

そして、京急に初めて乗る人は誰もが驚く、
VVVFインバータの「音」
つまり発車したときの、モーター音ですが、
本当に
「ソーラシドレミファソラ~」
って聴こえるんですよ!
もう、座布団10枚です!

また乗りに行こうっと♪


ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking