L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

自分の為に練習しているうちは、上手くならない・・・解説篇

昨日、私の父の言葉を記しました「自分の為に練習してるうちは上手くならんぞ・・・」ごめんなさい。「練習」ではなく「歌っているうち」だったかもしれません。でも同じことですが。では、私なりの解釈を・・・たとえば、ボールを相手に向かって投げるとき、いや、絶対落としてはいけない、とても大切な物を、相手に向かって投げなければならないとき、当然、まず、どのように投げれば、相手が受け取りやすいかを考えますよね。さ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

高音・低音が出ない・・・と言う前に

発声練習時、だんだん音階が上がっていったり、下がっていったり・・・だれでもいつかは出ない音にたどり着きます。しかし、ここで、チェック!「もう、でません」と言う前に出なくなったと同時に、「息」が止まってませんか?それは「出ない」ではなく、「出る権利がない」です。息が出てないのに、声が出るはずがありませんよね・・・意外と気づいてない人が多いんです。※無断転載はご遠慮ください(過去分を含む) ご希望の方...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

呼気と吸気の間・・・吐かない、吸わない、もちろん止(と)めない

呼気と吸気、息の流れる方向が、180度変わる、発声の一大「転機」です!(ちょっと大げさですが)しかし、ここが一番難しいかもしれません。180度変わる、ということは、絶対に、一瞬でも「吸ってない吐いてない瞬間」が生まれるはずです。このときに「止(と)めて」いませんか?「止(や)める」のはOKですが・・・ちょっとややこしいですが、「とめる」のはNGですこの場合の「とめる」は、「息をストレートに吸えない...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

みなさんの「吸気」に「歌詞」はありますか?

吸気・・・文字通り「吸う息」ですが、これに言葉としての意味、つまり「歌詞」はありますか?何度も書きましたが、声は、出てしまうまでが勝負です。吸う息にはお客さんや、共演者との最も大切な時間の共有があります。息を吸うとき「あのね」でもいいし「それから」でも「いくよ~」でもいいから、意味をつけてあげてください。これだけでも、ずいぶんと変わるはずです。これがないと、お客さんは「聴く準備」ができないのです。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「南新宿」という名の「代々木」

―今朝の地震にあわれた方、お見舞い申し上げます。結構横浜でも長い揺れを感じました―まずは南新宿駅のガードですチョット分かりにくいですが、かすんだ高層ビルが生えている(?)下あたりですそして、このガード下左側が、小田急「南新宿駅」の改札になっています。しかしここの地名は「代々木」あくまで「代々木」ですそしてお隣の駅は大「新宿駅」です。もう、スグそこが新宿です。「千葉」なのに「東京ディズニーランド」みたい...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

関西クオリティの「関東私鉄」 -京急-

関東の私鉄・・・関西人はおろか、関東の方にも、なにかとこき下ろされることが多いのです。やれ、キタナイ(最近はそうでもないと、私は思いますが)サービスが悪いJRや他社の車輌とほとんど同じで個性がないその他いろいろ。確かに関西の私鉄は、個性の強い会社ばかりです。一貫してマルーン色を変えない「阪急」以前、「日本一高級な私鉄」として紹介しましたhttp://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-134.html1960年代に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ