L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

今日2発目・・・ファンタ・ゴールデンアップル・・・サワーロイヤル

飲み物のハナシばかりで済みません。「そういえば昔、ファンタに、ゴールデングレープとゴールデンアップルってあったよなあ」そんな話をしていました。どんな缶のデザインだったか?早速ネットで調べると・・・なんとゴールデンアップルというものは存在していなかった!(注:2002年には実際ペットボトルで発売されたが、これは除く)らしいのです。それどころか、「ある」「ない」の両派に分かれて、ネット上で大論争になっ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

人は何故混ぜる? -ジュース篇-

全国の夏休みのない同志の皆様こんにちは!混ぜられる自販機、というのがあります。紙コップのジュースの自販機ですが、高校時代、わが母校に導入されました。たしか「欲しい商品のボタンを押して、○秒以内に別のボタンを押す」そうすると、その2種類がブレンドされるというシロモノ。どうやらいまも存在するようです。高校生の私の生徒さんが言っておられました・・・混ぜるのが楽しいのはこの国に限ったものではないようです。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

カルピスコーラ

1988年頃だと思います。高校生だった私は、友達の家からの帰り道、暑くてたまらず、コンビニに入りました.そこで見つけたのが「カルピスコーラ」たしか、白い缶に「赤い水玉」が踊っていたような気がします。やはりカルピスと言えば水玉・・・味の方は・・・汗だくだったおかげで、ごくごく飲みましたが、決しておいしいと言えるものではなかったです・・・ほんの少し残して家に持ち帰り、グラスに注ぐと色は・・・やっぱり「...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

重力に逆らわない・・・高音を出すために

例えばトランポリン。より高くジャンプするためには、どのタイミングで踏み切ればよいか。当然、落下してきて、身体が一番沈み込んだ時ですね。しかも落下中はもう、どんなに頑張っても、ジャンプはできません。もうひとつ。ジェットコースター。これもくだりは、自然に加速します。その勢いで次の登りに向かうのです。さて、声は、息を遠くに高く投げられれば、これ、即ち、高音をより遠くへ響かせられる、ということになります。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

何故勝たねばならないのか?・・・オリンピックに寄せて(昨日の改訂版)

なぜ「勝たねばならないのか」誰に?何のために?スポーツとは(それに限らずだが)自己に克つことではなかったのか?そのために最善をつくす。努力する。今までの自分を越えるために。なのにスグ○○ジャパン!「負けられません」「内容はどうあれ、勝てばよい」なるほど、だから、ナショナリズム抜きには、感動が得られないのか。(つまり私はなかなか感動が得られない)高校野球とはここが違うんだな。彼らも、母校の名誉を背負っ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

阪急梅田駅9号降車ホーム&大阪モノレール改札にて

ジャーン。先日帰りました大阪は梅田駅。今回はワタクシの撮影です(携帯ですが・・・)9番線・・・ではありません。9「号」線です。阪急は昔から「○号線」と呼びます9号線降車ホームの先端にて。「降車専用ホーム」ということは、写真手前の7000系が車では、このホームには携帯を構えたワタクシ一人しかいませんでした・・・さてお次は・・・先日ご紹介しましたチキンラーメンモノレールの大阪モノレール(正式名:大阪高速鉄...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「深さ」・「奥行き」・「響き」の三角形

共鳴やチェンジボイス、ミックスボイスを手に入れたい、そんな人はどうしても「響き」にばかり意識が行きがち・・・「深さ」と「奥行き」をしっかり確保することができれば、「響き」は自然についてきます(もしくは比較的簡単に手に入ります)深さも奥行きも、響きも、すべて持っている人は、実はかなりたくさんおられます。また、それぞれを手に入れることも、ただしいメソッドに従えばそんなに難しくはないのです。しかし、同時...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「ポップス」を教えるようになって歌えなかった「オペラ」が歌えるようになった・・・

今回の関西行で、親父をはじめ、多くの先生方、生徒さんの頑張る姿を、見せてもらいました。そしてたくさんのパワーをもらいました。触発された単純な私は、今日のレッスン合間の時間が2時間もあった事をいいことに、また、誰も居なかったので・・・久しぶりに、オペラの練習をしました。すると、かつて、歌えなかったオペラのアリアが、少々ばてながらも、ほとんど歌えるではないですか!ポップスを教えるようになって、得たもの...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

親父との対話 in兵庫

親父「声は結局息やぞ」私「うん」親父「テクニックなんかそれからや」私「ウム」ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

苦しい時目をつぶらないで・・・

声が苦しい時、思わず、目を瞑る・・・いけません。演出上なら構いませんが、ボイトレのときはあまりオススメできません。目を瞑る=現実逃避ですこんど目を開けたときには素敵な世の中に・・・絶対なってません(笑)開けた目で、自分の息を、自分のカラダの中を、今息がどこからどこへ向かって流れているかを、想像し、そして見るのです。目を瞑っていては・・・それは空想であり、夢物語です。目を見開き、現実の中で、自分を見...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

オカマ声のススメ

言葉ではなかなか説明がつきませんが。。。昔、父に、「男らしい声など、発声ではない。女性より繊細に・・・」といわれました。なかなかいいこといいますな。でもまだまだw声はセクシーでなくてはいけません。(かつ上品でなくてはいけませんが)女性より女性らしくなればよいのです。それはオカマ!彼ら(彼女らは)究極の女性を求めています(ハズです・・・)つまり、男性より、女性より、繊細な声を持っている人が多いんです...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ