2009/11/22

片方だけの靴下(序)

片方だけの靴下。
靴下入れにた~くさん。
学生時代から変わらない。
学生時代など寮くらし。
部屋はいつも片付けていたのに…

あの狭い空間で、
なんで相方失った靴下たちが、いくつも生まれるのか…!

次回はその検証をしてみたいと…
あまり思わないです。
=私のだらしなさの検証になりそうですので^^;


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/20

小田急ロマンスカーVSE・・・その⑤

シリーズ最後は準個室(セミコンパートメント)等を・・・

コンパートメントからカフェを望む
3号車には 4席×3室 のセミコンパートメントがあります。
小田急では「サルーン」と呼んでいます。
座ってみましたが、評判より意外と居心地はよさそうでした。
生徒の皆さん、私と一緒に乗りませんか!?
正面の扉の向こうはロマンスカーカフェです

コンパートメント全景
サルーン全景。
真ん中のテーブルは左右に開いて倍くらいの大きさになります

VSE町田
町田に到着したVSE。また会おうね♪
(この4灯式ヘッドライト、HID式にもかかわらず、暗い暗い!驚きの暗さ・・・
夜の展望はイマイチといわざるを得ません。HIDなのになんでだろ?
デザイン優先で配光をしくったかな?)


今回のVSE特集、いかがでしたか?
これもボイストレーナーの立派な仕事です!!!!!!!!!
(自分に言い聞かせるしかありません)
ではまた!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/18

小田急ロマンスカーVSE・・・その④

いよいよ車内に入ります。
と言っても、1号車と次回のセミコンパートメントの紹介だけです・・・
だれも期待してない?すみません

展望室
展望室全景。全16席。左右の席が内側を向いて固定できます
つまりロングシートみたいに8席ずつ横並びに固定できるのです。
団体さんでもなかなかやらないでしょうが・・・
展望室のシートピッチは1150mmJRのグリーン車の標準(1160mm)に迫るゆったり感。

これぞドーム
ドーム型の天井。
VSE=Vault Super Express
Vaultとはドーム型の天井を意味するそうです

天井照明
展望席天井の照明
これまた分かりにくいですが、丸型の証明は白熱灯、
ライン状のはLEDライトです

テーブル
車内は木製のパーツがてんこ盛り(って最近聞かんな)。
不燃材を使用しています

次回が・・・最後かな??


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/17

小田急ロマンスカーVSE・・・その③

外から見たVSEを今回も・・・

縦型表示
行き先表示は縦型!

VSEロゴ
誇らしげなロゴです

VSEロゴ小
ロゴ小。一般客室は客席が5度外側を向くように設置されています。
この写真でもなんとか分かるかしら・・・乗ってみればかなり衝撃的です

売店外から
めちゃくちゃ分かりにくいですが、外から見たロマンスカーカフェ。
3号車と8号車の2箇所にカフェがあります
カフェと言っても窓にそって小さなテーブルが伸びているだけですが、
このご時世、画期的な供食設備といえるでしょう。
シートデリバリーサービスも復活。
お姉さまが客席まで注文を取りに来てくださいます♪
専用の耐熱ガラス製(?)の入ったコーヒーなど、とても贅沢。
紙コップじゃないですよ!J●東海さん!!
車内で撮影すればよかったのですが、
キレイなお姉さまが何人もいらっしゃって、
ついに・・・お願いできませんでした・・・
ロマンスカーグッズもあります。
以前に乗車した時は、ロマンスカー弁当を買いました。
食べた後はVSE型の容器が小物入れになります

運転室へのはしご
見にくいですが、運転室へのはしごです。
自動で降りてきます。
今回は客室の乗降扉が閉まっていたので、
中で撮影できませんでした

次回はいよいよ車内に突入です。
(普通に入りますが・・・)


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/16

小田急ロマンスカーVSE・・・その②

今日は外観をお届けします。
当方、携帯の写真ですのでもっといいサイトはたくさんありますが・・・
入線直後
入線直後です。美しすぎます

好きな角度
しかし大好きなのはこの角度!吸い込まれそうです

正面縦
正面。広角レンズを使ったかのようなグラマラスなボディ
上の小さめの窓の部分が運転室

乗務員のおねえさん
ロマンスカーのお姉さん「ロマンスカーアテンダント」が、
入線後、新たなお客様を迎える準備をしてくれます

コックピット
運転室部分。造形美とその仕上げの苦労がしのばれます。
中はやはり狭いらしく、足を伸ばした体勢で乗務されるそうです。
ご苦労様です。
さらに運転士は小田急運転士の中でもさらに試験に合格しないと
ロマンスカーの運転はできないそうです

次回は外観のワンポイントなどを・・・


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/15

小田急ロマンスカーVSE・・・その①

関東人の心のオアシス「箱根」
箱根といえばロマンスカー
しかし、通勤・買い物客が、
ゆったりと帰る為の利用が、とても多いのです。
私の乗ったVSEもそうでした
町田までの30分。
用もないのに、
新宿→町田→中山→自宅付近の駅
と遠回りして帰宅したある日の小旅行。
ご案内は私、ボイストレーナーのh.hamauzuです
新宿入線
新宿入線

次回は外観を中心にお届けします
チャラッチャッチャ~・・・もういいか


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/05

次世代新交通システムはこれで決まり~

エコ、エコと騒がれております。
交通手段もエコカー、電車も省エネ型、バスもハイブリッド…

しかしこのままでは、近い将来、街中が、自転車、人力車、おんぶタクシー(車すらいらない)で埋め尽くされるのは目に見えています。

片側10車線のチャリンコレーンも魅力的ではありますが、
もっと空間を利用スベキ、との結論に至りました(たった今。ワタシが)。

そこで「滑り台」

そう、公園や避難用に設置されているあれです。
この滑り台の「下りエネルギー」を利用しないテはありません。
もし都庁なんかに設置されれば、
スイ~っと、渋谷まで…とは言いませんが、代々木、いや原宿くらいまで滑って行けるのでは?
(大阪で言えば、WTCから梅田…は無理か…)

途中にあるビルは?

そんなものは迂回するか、パイプ型で突き抜ければよし!
かつて松本○士先生が描いた未来都市風になること間違いなし!

欠点といえば、途中で何があっても絶対脱出できないことくらい。

いや、冗談はさておき、ビルから一駅分くらい無理かしら?


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/03

ボイストレーニング・・・口開けハミング

ハミング・・・といっても色々あります。
日本語で書くと
「ン~」ですが、実際は

「M(くちびるを閉じる)」
「N(歯を閉じてくちびるはあける)」

この二種類が代表的なものになります。
もうひとつ、
口を開けて、つまり歯もくちびるも両方開けて、
「ン~」とハミングができますでしょうか?

舌の奥のほうが盛り上がって気道を塞いでいる状態です。

「M」「N」「A(口開けハミング)」
この3つのハミングを、
音色(おんしょく)を変えずに、
さらに鼻からあまり息がもれないようにできますでしょうか?

でもここまでは結構やっているトレーナーの方もいらっしゃるとは思います。
ではまたです♪


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/11/01

京急のフラグシップ、2100形の車窓から②

さて、京急2100形の続きです。
今日は車内をご案内します・・・
クロスシート
車内はこのようにクロスシートが並びます。
横引きのカーテンが京阪を彷彿させます。
ただの転換式ではなく、背ずりの部分が、
自動で方向転換しながら、折れ曲がるようになってます(阪急6300系のバシュッ!ズドドンとは違い、
静かに・・・)。
京阪の二階建て車輌も、このタイプですね。
普通の転換式より、着座姿勢が自然になりますが、
乗客が自分で転換することはできません

先頭席
先頭車両の運転席真後ろの席です。
ここは転換はしませんが、座席の形状がよくわかります。
足元に少しだけ蹴りこみがあるのがわかりますか(金属の部分)?
この反対側の席(運転席のないほう)に、私は座ってました♪

京急車窓すれ違い
迫力満点のすれ違い

京急は関東では少数派の標準軌。
(2本のレール間が1435mm。JR、小田急などは
狭軌とよばれ、1067mm)
これを活かして、時速120km運転の速達列車を
頻繁運転しています。
カーブが多いため、横揺れ、というよりはちょっと横Gを
感じることができます♪

関東私鉄は、関西のそれとは違い、
もともと都市間連絡列車の意味合いが弱く、
競合路線もあまりないため、
各駅停車重視のダイヤが組まれている場合が多いです。
京急も例外ではありませんが、
快特のような速達列車が頻繁運転されるのは例外的です。

また、このような、特別料金不要でこのような車内設備を
誇る列車は、関東唯一といえます。
(18時代後半から運転される品川始発のウイング号は例外。
200円の着席整理券が必要。なんと最大の乗降客を誇る
横浜駅を通過します!長時間乗車客のための座席確保の意味合いが強いのです。
購入する価値は大です。まあ、ラッシュ時にこの車輌が運賃不要で
横浜に停車すると、遅延・・・)
西の雄、京阪8000系(特別料金不要)は、車内広告もなく、二階建て車輌も
電話機もあるという、とんでもない会社ですが、
とにかく人の多い関東でこのサービスは破格なのです。

最後に、この京急2100形は、
「ドレミファ電車」とも呼ばれることがあります。
VVVFインバータの音が、
音階にあわせて作られているので(実際はF♯くらいから(?)10度くらい(?)あがります)、
そう呼ばれています。
発車のたびにこの音が楽しめます♪


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

続きを読む