2009/12/30

心の絵の具・声の絵の具[ボイトレーニング](昨日の続きとして)

今日は私の誕生日です♪
こんな忙しい時に生まれてすみません~w

さて、本題。
昨日の続きとして書きます。

気持ち・心の絵の具(すなわち、空間に描き出す感性や
描き出したいものそのもの)
が豊かな人はたくさんいます。
またその絵の具で描きたいものを、
しっかり持っている人もたくさんいます。

しかし、声の絵の具をもっていなければ、
「表現」することはできません。
「気持ちに身体がついて行かん~」
という感じですね。

心の絵の具が大きいほど、声の絵の具も比例して
多彩でなければなりません。

しかし、声の絵の具を使い切るためには、
今度は声の絵筆が必要になります。

これは声帯が大きい人=大きな絵筆
という感覚です

太く長い絵筆は、習字の筆のように、
先を揃えさえすれば、極細から太い線まで、
自由に描けます。
しかし、コレが至難の技です。

声帯が小さい=筆が細ければ細いほど、
表現の幅は狭まりますが、コントロールはたやすくなります。

ここに落とし穴があります。

発声に苦労する人は(声帯が大きい人に多い。ただし、大きくても器用な人、小さくても不器用な人はもちろんいます)、
筆をそろえる事ばかりに集中し、
それができたとしても今度は絵の具を作ることに集中しがちです。

結果として、心の絵の具、
結局「何が描きたかったのか」
を、置き去りにしてしまうのです。
そして終いには、
それを失ってしまう歌手のなんと多いことか。
せっかく持っていたのに・・・

何が描きたかったのかが分からない唄や、セリフなんて、
だれも聞きたくないですよね。
実は、ちょっと聞いてみたら、上手いんだけど、
もう一回聞きたいとは思わない、
というのも、この類に属します。
それはただ、デッサンがうまいだけであったり、
習作はできてもオリジナリティーがない、
ということが原因です。

逆に絵の具が、絵筆が拙くても、
「しゃあないやん♪」
と開き直って(やぶれかぶれじゃないよw)、
こころの絵の具を最優先できたら、
これはこれで、つよい意思と勇気が必要ですが、

「ヘタなのに、いい歌」
「イマイチなはずなのに、もう一回聞きたい歌」

となって、いずれ現れてきます。
(もちろんそういう風に導いてくれる根気の良いトレーナーが必要な場合も多々あります
「感情が入ってない!」などとだけ連呼しているようなのは論外)

これでお分かりだと思いますが、
声の絵の具と、心の絵の具は、
まったく別に分けてトレーニングする必要が
あるのです。
歌唱の途中で、発声のことを考えるのはタブーだ、
という理由はここにあります。

お前はできるんか?
と問われましたら…
こたえは
「ノー」かなあw
私より生徒さんの方がよほど巧いし、美味いです。
私はあくまで、トレーナー、ですので♪


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/12/27

本年中のレッスン終了です♪

本日(あ、もう昨日か)、
今年最後のレッスンが終了しました。
生徒の皆様、
今年も私の「独特」且つ「特異(?)」なレッスンに
お付き合いいただき、
ありがとうございました!

この一年、生徒の皆様の成長振りには、
私自身驚いています。

歌えなかった唄が歌えるようになった人、
いろんな音色を得た人、
仕事がたくさん来た人、
また、ライブや舞台にもたくさん御招待いただきました。

みんな、来年もがんばれ~
私も全力を尽くします
いつものバーゲン価格でw
(さいごにヤラシイコト書いてすみません~)




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2009/12/16

腹式呼吸に騙されてはいけません[ボイストレーニング]

腹式呼吸ができれば、良い声になる!

…って思ってませんか?
落とし穴です。
逆に腹式呼吸が出来ても、どうしようもない声はいくらでも出ます。

じゃあ、腹式呼吸は必要ないか…
というとやはり必要です。
どういうことか??
要は腹式呼吸を利用できてるかです。

さらに言えば、
腹式呼吸をせざるを得ない、発声法をやっているか、ということ。
これはボイストレーナーの腕の見せどころでもあると思いますが、

「ある発声法を生徒さんにやってもらうと、気付いたら腹式呼吸を手に入れてた…
というか使わざるを得なくなってた…」

人に与えられる時間は僅かです。
わざわざ腹式呼吸だけの練習をするのは、多少は良いとしても、考えものです。
遠回りに過ぎません。
腹式呼吸はおまけです。偉大なるおまけ。
オマケをメインテーマにしてはいけないのです。
グリコ式に「ついてきて」はじめてオマケなのです


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking