L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

歌っていいなあ・・・

歌っていいなあ。どこでも歌える。どんなときでも力になる。だから世の中をいい方向に導く歌い手をつくりたいなあ。どんな状況・境遇でも歌える。楽器が買えなくてもね。お金がなくてもね。もし声が出せなくなってもこころで歌を歌いたいな。当たり前?そう、当たり前。幸せ?いや、歓喜だ(^^)...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

男らしい声は一旦捨てて、、、じゃあ女性は?

男らしい声ってどういう声でしょうか?例えば人気のある男性シンガーの歌声。もしその歌声のような声で「しゃべる」と、つまり話すと、かなりオカマっぽくなる可能性が高いと思います。まずはみなさんもオカマ?を目指してみてはいかがでしょうか?と言ってもオカマにもいろいろありますので、お姫様のような声を目指してみてください。これは男女問わずです。裏声でもなければ地声でもないファルセットなお姫様ボイス。(ファルセ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

むやみに立ち上がらず…ゴールのないスタートラインに立つ

強い人間なんていない。堂々として見える人は、繊細なのだと思う。こんなときこそ、人一倍恐れながら、外側は堂々としていたい。私は人一倍怖がりだし、人一倍人の評価やウワサも気になって仕方ない。だからこそ、普通でいようとおもう。自粛ムードにも、買い占めムードにもあおられず。芸術家よ!むやみに立ち上がるな。そして被災地が復興にに向かうとき、多いに支援しよう。もとの芸術家生活にもどれるように。自分が前にでる必...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

慎んで・・・普通の生活を享受する

トイレットペーパーが欲しいんじゃない。 電池が欲しいんじゃない。 心を埋めたいんだ。 不安なこころのすきまで。 だから、こころを埋めることをしよう。 普段の方法で。被災地の、方々に切なる祈りを捧げながら、 普段の生活を享受させていただく。もちろん節電や、赤十字などのよびかけきはこころから応じながら。モノで埋めるのはやめにしよう。 ジタバタした支援のあり方で埋めるのはやめにしよう。 被災地の方々の不便を思い...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

みなさまご無事でしょうか・・・

皆様こんにちは。今日はレッスンはおやすみです。地震発生時、私はたまたま自宅におりました(横浜市)私の生徒さんも皆さんご無事なようです。しかし、私たちの無事だけを喜んでいられるはずもありません。しかしうろたえてばかりもいられません。私は私のできることをしていくしかありませんね。住宅地のスーパーですが、プチパニック状態でした。落ち着いてまいりましょう!...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

生きている「ついで」に声をだしてみようよ♪

歌が人生・・・大いに結構!歌がないと生きていけない・・・これまた結構俳優さんでも声優さんでもアマチュアの方でも同じ♪ でも前提条件があります。 「生きている」ということ。 私はボイストレーナーですが、ボイストレーニングにおいては特にそのことを意識して欲しいと思います。 苦しそうな顔で声出してどうする? みんな分かっていることですよね?でもできない… なぜ?そりゃあ声を出すからですw「自分を殺して」 生きる...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイストレーニングのコツ

とにかく、だれが見ても、「この人楽しそうにボイトレやってるな~」と、あきれられるくらい、楽しそうに「見えること」見せる、楽しいフリ?なんでもいいです「見えれば」フリ、は大抵ばれますが…そのためには、声がちょっとくらいおかしくなっても、息がつづかなくても、無視すること。もちろん、気付くんだけど、気付いた顔をしないこと。そう、無視すること。これができれば、聞いてる人もボイトレしてる本人も楽しくなり、し...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

親が弱すぎる (昨年の記事の再掲載)

以前の記事を再掲載します・・・うちの子供がは小学校に入ったころ、よくいじめられて帰ってきた・・・らしい。らしい、と言うの私は見ていないからだ。子供がそういってるだけ。もちろん信じる。だけど自分の子だけを信じるのはナンセンスだと思う。相手の言い分も聞かなければならない。でも大怪我でもしなければ、両方の言い分もあまり聞かなくていいと思う。子供というのは親の100倍くらいはタフにできていて、もう次の日に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

相手の気持ちに寄り添う

うまいヘタはそれはそれ。相手の気持ちに自分の呼吸が寄り添えるかが大切なのかもしれません。自分の呼吸を閉じることなく、惜しむのでも、叩きつけるのでもなく…そうしたら、相手の気持も開くかもしれませんね。声=呼吸=気持ち...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ