2011/12/31

一年を振り返って

今年もあっという間に大晦日です。
皆様方には大変お世話になりました。
まずはお礼を申し上げます。

今年は本当にいろんなことがありました。
未曾有の大災害。
悲しみを乗り越えようとする方々に勇気をもらうとともに、
いろんな問題が噴出しました。
原発の是非についてはただ「是非」だけでは語れない、ここ何世紀かの人間の進化、もしくは退化のあり方が問われているような気がします。
我々音楽、舞台に携わる人間も、拙速に立ち上がる人間が多く、疑問点も多くありました。

最大の同志である父の死。
彼は、「イデオロギーや信条に関係なく、自分の運命から逃げずに対峙するあらゆる人間を応援する」というタイプであったと思います。
ですから時には誤解されることもありましたが、
私もその逃げない姿勢を受け継いでいけたらとおもいます。
(父のことを息子が語るのもなんですが…)

ボイストレーニングについては、
関東ではポップス、声優さん、俳優さんを中心に、
関西ではクラシックをと、
多くの個性ある方々と共に前進できたのではないかと思っております。
あらゆるジャンルを指導するということは、戸惑った時期もありましたが、
クラシックを教えることはポップスを教える時に大変プラスになり、
その反対もまた多いに役立てることができるようになったとおもいます。
ここ数年、ボイストレーニング業界も、売らんかな主義が横行しているように思いますが、
最後まで残るのは本物であると信じ、
これからも精進してまいります。
高音が出る、声が疲れない、ミックスボイス等、それらは「当たり前のオマケ」として、
その声をつまり、呼吸を、気持ちを使って、この世の中にどう働きかけて行くかを、生徒さんとともに考え、
実行に移していけたらと考えています。

大きなことを言いましたが、
不言実行より、
「有言不実行」(笑)
私のモットーのひとつです。
うまくいった時だけ、
「どうだ!」と発表するのもいいのですが、
自分の目標をさらけ出してはじをかくほうがいいかと♪

最後になりますが、
新たな年が、地球に住むすべての人々にとってよりよいものとなるよう、
こころより願っております。
良いお年をお迎えくださいませ。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/27

今年最後のレッスンのため

ただいま大阪に向かっております…
身体はもうぼろぼろです…
喘息が出て来て…( ´Д`)y━・~~

喘息がでると声がとんでしまう危険があるので要注意。

ちょっとは手を抜かないといけないんですが…
それができれば苦労はないですね(・_・;

さあ、がんばるべ


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/26

12/25のツイートまとめ

h_hamauzu

泣きたい、逃げ出したい、そんな夜もある…この年になっても…
12-25 23:34

「酒と泪と男と女」「大阪で生まれた女」ループで聴きながら帰路に着く私。どんなクリスマスやねんwほんといい人生だ♪(´ε` )
12-25 20:44

クリスマスにレッスンに来てくださった皆さん(まだ来られる予定・・・)ありがと〜〜〜
12-25 17:50

なんか名言ブームだな…なんとなく…ウンザリ
12-25 09:36

おきてブログ書いてた…寝なあかん。明日もレッスンがんばるぜ。
12-25 02:34



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/25

クリスマスの夜に思うこと

クリスマスの夜に、寝床で書いております。
30日で39歳になるボイストレーナーの浜渦です。
先日、兄と芸大時代の原くんと三人で久しぶりに飲みました。
二人の流されない生き方に、またしても影響される単純な私でした。

兄のことは恥ずかしいので置いておきますが、
原くんは相変わらず、
「もっとも一緒にいて楽しく、そして恥ずかしいのでもっとも一緒にいたくない男」
でした。
こいつはモテるはずですw
見た目は太めのヤ○ザですが♪

私は遊び人ではありません。
(…ウソ…かな?(^^;;ま、昔のことはおいといて…)
しかし、遊び人原くんの生き方を羨ましく思う自分もいます。

私はどうやら、ニーチェなんかに傾倒しているくせに、
「善く生きる」ことをまだまだ全然理解できていないんだと、思わされました。

小さなことにこだわり、良く思われたいとカッコをつけながら、迎合することもできない袋小路に迷い込んでいるのでは?
いつもそう思います。
しかしそれを越えてみせようとも。
自分を乗り越えることが目標でもあります。

彼らのように、危険だと思う方を取る。
人生はそんなリスクを犯す価値があるんだと、彼らを見ててそう思いました。
まさに出る杭は打たれる。
しかし出過ぎた杭は異様な存在感を持つんだと。

彼らは岡本太郎もニーチェも読まない。
読む必要もない。
(必要あるけど読んでない人間はたくさんいるけど)

それなこんなで2時24分w

世が明ければクリスマスレッスン。
クリスマスの貴重な時間を、貴重お金を使って私のところに来てくれる生徒さんとともに、燃え尽きたいと思います。

全身全霊を傾けて。
言葉を選び抜いて。
私がトレーナーになった訳がわかるようなレッスンを。
愛する生徒の皆さん。
クリスマスプレゼントは…

…俺の愛だ~(笑)


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/19

声帯は呼吸にとっては「障害物」にすぎないから・・・

おお、深夜3時をまわりました。
久々の更新でです。

私がよく言うことですが、
声帯にとっては呼吸は「恵みの雨」となりますが、
呼吸から見れば
「声帯はただの障害物」なんですね。

ストレートに出ようとした呼吸を、声帯が邪魔をしてしまう。

そこで求められることは、当然ですが、
その邪魔に負けないこと
でも勝たないこと

???

負ける。ということは、
呼吸が声帯で急に減ってしまったり、止まってしまったりするため、
段がついたような、不自然な声になります。
失礼な言い方かもしれませんが、
駆け出しの役者さんなんかに多いタイプです^^;
強く出したいがゆえに、息を全部止める…^^;

一方、勝ってもいけないとはどういうことか?
呼吸が声帯に止められないように勝つということは、
声帯が開いてしまうということ。
すると今度はガサガサの声に成り、
透き通った声とは無縁になります。
また高音を出すのも不可能に近くなります。

勝っても負けてもダメ。
ということは、微妙な呼吸と声帯との綱引きが必要になるのです。

ちょうどドアをすきま風が一番強くなる状態で止めておくような感じです。
(・・・あまりいい例えではないか・・・^^;)
結構しんどいですよね。
完全に締めてしまうか、諦めて解放する方がラク。
それを隙間風が最大ノ状態で止める。
これが声帯という扉でも必要になるのです。

思い切り吐きながら思い切り止める、

とはこういうことなのです。









↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/13

12/12のツイートまとめ

h_hamauzu

罪を憎んで、人をもっと憎む人、多いなあ。それだけ自分に充実してないってことかな?人に向ける暗い情熱ばかり旺盛じゃつまんないと思うんだけどな。
12-12 02:08

罪を憎んで、人をもっと憎む人、多いなあ。それだけ自分に充実してないってことかな?人に向けるくらい情熱ばかり旺盛じゃつまんないと思うんだけどな。
12-12 02:07



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/08

息は粘りながら、発音は明瞭にするのが難しい・・・?(滑舌練習の勘違い)

流暢、という言葉があります。

流れるように・・・

しかし、滑ってしまうという意味での流れるではいけません

私は声優さんやナレーターさんのレッスンもよくさせて頂きますが、
よく間違ってしまうのが、
「滑舌練習」

実はこの滑舌に問題があると感じている人の殆どが、
呼吸が粘らずに滑ってしまっているのです。

呼吸に問題があるのに、文字通り、舌の回り具合ばかり気にして練習しても、
せいぜい喉が痛くなるばかり。
(※もちろん、滑舌練習は必要です。ただし、呼吸がなめらかになってから、
または粘ったイメージをもってやらなければなりません)

息の粘り、と私は表現し、そのためのメソッドをたくさんして頂きます。
そして、まずは、

息が粘って発音も粘っこくできるようになる
(眠たそうな大男のような声が出れば良いです)

そのあと、息は粘ったまま、発音だけは明瞭にする。

ところがコレが難しい。

発音をはっきりしようとすると、なぜか呼吸が滑り出し、
呼吸を粘らそうとすると、発音もベタベタに・・・^^;

一番いけないのは、もちろん、
呼吸が滑って、発音もすべって・・・です。

まずは息が粘るということがどういうことかをしっかり理解し、
そのための練習を重ねなければなりませんね。

ところがなかなか教える方もこのことを理解できていない場合が多く、
(自分はできているけど)
ここらあたりが難しい所でもあります


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2011/12/01

思い切り吐きながら思い切り止める…肺に圧力をかける、その2

息を止めるだけ、
吐くだけ、というのは簡単です。
また楽です。
なぜなら、ため息を想像すればわかりますよね。
止めては吐くだけ…
しかし、私が求めるのは、

思い切り吐きながら
思い切り止める。

一見無駄のようですが、
これで、肺に圧力を生み、
気持ちを前に出せるのです。

ため息のほうがらくです。
でも、それじゃあ、人生つまらないじゃないですか♪

吐きながら止める。
顔を真っ赤にして。

その無駄こそが、豊かな人生を生むと、私は確信しています。
そのための有効な方法は、
またご紹介しますね(^-^)


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking