2012/06/29

やっぱり呼吸で人生変わるねんて!寝る前に一言

皆様、お疲れさまです。
やっぱり呼吸で人生変わるねんて!
それはね、スピリチュアルなものでも、たんなる腹式呼吸とも違う。

でも結局はスピリチュアル的なものになるかもしれんけど、それは謳ったらあかんと思てるから。
で、結局は腹式呼吸に気づいたらなるねんけど、
そんなもの追い求めてもしゃあない。
巷間やってる腹式呼吸は吸う為のものが多いしね。
僕らは「吐く」にこそ命かかけんと。
そこにこだわったら、腹式にも、あるいはスピリチュアル的なものにもいかようにもなる。

みんな後付けでええんちゃうかな?
僕がトレーナーやってる誇りって、そのひとの人生そのものにかかわれるってこと♪
偉そうにすんません!!


・・・と、今日はなんとなく地元の言葉で締めてみました




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/29

阪急西宮スタジアム(西宮球場)の思い出

私は兵庫は阪神地方育ち。
はじめて観戦したプロ野球の試合は…
甲子園…ではなく、阪急電鉄西宮北口下車徒歩数分の

西宮球場

はじめて観戦したその試合は
阪急×ロッテ戦

確かその試合だったかそのちょっと後かで、サブマリン山田久志投手が、
アンダースロー初の200勝をあげ、
すっかり阪急ファンになってしまいました。

ラッキーゾーンのブルペンにいれてもらったことや、今坂団長、
試合途中から来て、途中で帰ってしまう阪急百貨店応援団のめちゃくちゃ巧いトランペット×トロンボーン隊。
恐ろしくでかい上層スタンド。
広大な内野自由席!
関西テレビの「阪急の新帽子プレゼント」に応募し、はずれたけれど、
残念賞の方が額面が高かったり(笑)

今後これらの思いでを少しずつ掘り起こして書いてみようかと思います。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/28

声を「出して」自分の気持ちを裏切るな

これ以上一ミリでも押せば声になってしまう、というところでいかに出さずに出るまで粘れるか。
出してしまったら、自分の心を裏切ってしまう。

頭に気持ちが浮かび、
それが肺の圧力となり、そこに呼吸がのり、あとは声帯が打ち震えるのを待つだけ。…なのに、
それを放棄してしまったのだから。
(そもそもこの手順を踏んでない人も相当数いると思われますが…)

でも多くのの人が出してしまっている。そしてそのことに気づいていない。自分の気持ちを裏切ってしまっていることに気づかない。
そうして、周りには「感情が足りない」なんて言われて萎えてしまう。

声帯がいつ打ち震えてくれるか、
待てないし、鳴らなかったらどうしようかと、不安になって出してしまうこともあると思う。
テンポに遅れたくないから気持ちを捨ててでも間に合わせてしまうことも。

でも出してしまったら最後、
自分の中な創られた気持ちは消え失せてしまう。その割合はそれぞれだけど。
そうして…
そうして歌が、へたになったり、
嫌いになったりしたら、もったいないじゃない。

感情があるから歌を歌いたいと思うはず。その気持ちを裏切らないようにしよう。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/26

精神と身体のバランスをとること。だからこそ誰でもできる!

声帯はその瞬間、精神と身体の狭間にあるのかなと思います。

そのバランスが高い次元で保たれればよいが、
私はナマケモノなので、すぐくずれますが…

芸術とはその「巧さ」もいいけど、
このバランス感覚の表現こそだと思う。

…って書いたら難しそうに感じるかもしれないけど、まったくその反対なんです。

絵だって歌だって巧くなくていいってことですから。
もちろん、巧いに越したことはないし、古典や伝統芸能は巧さを求められるけど、もっと自由でもいいんじゃないかなあと。

巧い歌や絵は、結構な確率で、やっている本人以外は求めてなかったりしますよね。
つまり聴く方、見る方は、巧さより、
美味さ、つまりは「味わい」を求めてるんじゃないかなと。

それがあってその上での巧さなら、
本当にかっこいいんですけどね。

ヘタだって味がありゃあいいってわけで♪


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/23

呼吸が掴めてきたらあとは「覚悟」だけ

吐く息を一生懸命、
入る息は自動的に。
つまり肺の圧力のコントロールができてくれば、
あとは、そういう呼吸で「生きていく」覚悟ができるかどうか。
練習するときだけではなく、
話すときも、
歩いてるときも、
仕事してるときも、
ボケーッとしてるときも。

もちろん、練習以外のときはゆったりと…
(一日中本気で本番用の強い息をしてたら夜は、呼吸=気持ちが興奮して眠れません)

この、覚悟がとにかくすべて。
今日は奇しくも生徒さんから

「この息で生きて行くんかぁ。こりゃ相当な覚悟がいるな…」

と言われました。
うれしいですね。
その覚悟こそ、人間として表現の世界で生きるということだと思います。
それは、音楽とか絵とかいう以前の話。
生きてるついでに、つまり、
表現しているついでに、歌や仕事や散歩や食事をすればいい。
生きてるついでに絶望したっていいんだと、私は思っています。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/22

もっと柔らかく!もっとお腹から…なんて私は絶対に言いません

「もっと柔らかく!」
「お腹から声を出して!」

それは無理というものです。
なぜなら「結果」だから。
それを言っていいのはお客さん。

ある一定の条件をクリアした状態で、
声帯がその気になって鳴ってくれたときに、
お腹からでているように、また柔らかく出るのだから。

だから僕は絶対そんなことは言わない。
理想の「結果論」を声高に求めるより
その「ある一定の条件をクリア」する方法をおぼえてもらった方がよほど早いから。

僕らの仕事は「結果」を強要するのではなく(それはお客さんの仕事!)
そこにいたるプロセスをつまり結果に至るまでの道筋を伝えること。
しかもその人の「表現したいもの」を十分に尊重して。

でないと、歌が下手になっちゃうんですよ。
結果ばかり強要したら・・・


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/18

圧力がかかり始めてから声を出し、かかっているうちに終わるべし(発声のテクニック以前の話で、こちらの方がずっと重要)

もう、タイトルの通りなんですが、
(長いタイトルですみません^^;)
これがなかなかできない、というかできている人も気づいてなかったりします。

圧力が高くなっていく過程でフェードインしていき、
圧力が高くなっているうちに(増えている過程ならなお良い)そのフレーズを終える。

これに気づくと、フレーズ間にやらなくてはならないことが劇的に増えるし、
演奏って休む暇が0.1秒もないな。。。ということに気づけます。

結果歌い終わりで大汗をかけるようになります♪

ところが圧力がかかり始めると同時に声を出してしまったり、
もっとだめなのは圧力がかかる前に声を出したり。。。
そして圧力が「下がる過程で」フレーズを終えたり、、、

これらは発声のもしかすると9割を占めるかもしれません。
つまりはただしい圧力の掛け方がわからないといけないのです。
これができるようになるといやでも表現力がグンと増します
あたまにどんなすばらしい音楽があっても、だせなければ意味がありませんからね♪

もちろん腹式呼吸がかかわってきますが
何度も言いますが必要かつ「オマケ」です。
圧力の掛け方がわかれば、腹式呼吸や腹筋はいやでも使わないといけなくなりますので、
腹式呼吸そのものの連練習は無駄ではないにしろ、非常に非効率です。
ヒントは息を吸い終わった(というより入り終わった)時が一番圧力が下がっているということ。
(ほとんどの方が逆になってます)

この圧力云々は呼吸の話であり「発声のテクニック」とは別物です.
この圧力だけでどれだけ
音色・音域・音量が作れるか、
そのアシストとして各種テクニックを使用します。
(響かせ方、チェンジボイス、ミックスボイス等)
が、テクニックが先行すればするほど感動とはかけ離れていってしまいます。
なのでテクニックはオマケと考えましょう。

というか、圧力の掛け方=表現そのもの
であり、それがわかればテクニックはおまけでついてくることがわかれば一番です








↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/16

芸術といのちをかけるということ。

芸術について書き留めたことをここに…よく吠える私ですが、よろしければ読んでやってくださいませ。
芸術=崇高なものでもなんでもないという大前提で書いてます



芸術は精神と肉体の対話だ。
だから頭だけで制御しても無理だし、
発声で言うならば、
一生懸命腹式呼吸をやっても意味がない。
より頭脳的に、より動物的に。
これが遠ざかれば遠ざかるほどいのちを燃やせる。
どちらかだけではどうしようもない。
近づくが、当然ゴールはない。
より崇高な精神とより動物的な呼吸。
この永遠のライバルが自分の中で争い、
手を握り合い、対話する。
とても大変だけで、まさに人間を超えようとする行為かもしれないけど、
だれでもチャレンジできるし、
またするべきだ。
決して誰かの擬似体験では得られない。
僕は命をかけるってこういうことだと思う。
すわ、死をいとわない、なんてものでなく、
命をかけて「生きる」ということ。生きる為にいのちをかけたい。



…吠えましたが、別にたいそうなことではなく、だれでもできると思うんですよね。
芸術=人間の生活そのものだと思っています。
だから芸術(=人間)が音楽やっても八百屋さんをやっても、絵を描いても勤め人をやってもそれは同じことだと思うのです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/14

発声練習の時間がない?そんなバカな…そこに気づけば人生すら変わる。

練習時間がない…よく言われることです。
大抵はそんなことは無いのですが、
発声練習の時間すらない…
本当なのでしょうか?

さきに結論。
【発声練習の時間すらない?そんなバカな!
生きている時間全部練習時間になるのに・・・そこに気づいたら人生変わるよ!】
私の主観で申し訳ないですが・・・その上で・・・



私は呼吸にとてもうるさいのですが、それは腹式呼吸云々というモノではありません。
呼吸の方向性にうるさいのです

胸を開きながら背中を縮めながそれらがお互い引っ張り合いながら。。。
そういう呼吸を意識すれば
(詳しくはレッスンでやります。私の生徒さんは出来るはずです!)
そして、その息で「生きる」覚悟を決めれば、
生きていることが発声と呼吸の練習になるはずです。
ただし、一生ため息はつけないことになります。
(と言ってもたまには良いです。そのくらいの覚悟で、という意味です)

発声練習のときだけ、話すときだけ呼吸を意識するのではない。
そういう呼吸で「生きる」んです。
そうすれば吐く息はすべて表現であり。
吸う息はすべて自動的。
ため息はこの逆。

一生表現しているような人っているでしょう?
もしそんな先生をみつけたら、そこを盗みましょう。
呼吸の方向性を。
練習しているときだけ練習するから時間がない。

そこに気づけば時間はたくさんある起きている時間だけ。
ただしこの覚悟を決めるには相当の勇気がいる。

でも絶対人生変わるよ!
いい方向へ!!

とってもしんどくてとっても充実。

スピリチュアルなことは絶対言いたくない僕だけど。
本当に人生変わる!

いそいで、しかもレッスンのあとの燃え尽き&興奮状態で書いたからめちゃくちゃかも・・・
ごめんなさい!!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/12

(続)「なんだこいつ」になろう

今日も戯言を…お許しを


大多数の人、団体、勢力から、
「よく言った」とは言われないことにこそ、
本当の「よく言った」があるんじゃないかな?
大多数の人が言う「よく言った」
なんてそれこそ、
「自分もそう思ってたけど、有名人か影響力のある人が、言ってくれたから、それに安心してるだけ」
じゃないか?
そんな貧すればなんとやらな
「せいせいする」ことで鬱憤晴らしてないで、
誰もが「なんだこいつ」
と思うような、でも自分はそう信じることを言ってこそ、
自分は生きてくるし、また、世の中が動き出すかも知れない。
もちろんただの失言ではなく、
その覚悟を持って。
せいせいしてたって何も変わらない。しばし目をそらせられるだけ。
ああ、そう考えると僕なんかまだまだ
「なんだコイツ」に憧れてるだけだな。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/12

06/11のツイートまとめ

h_hamauzu

ジャイアン「ゴウモンにかけてでもききだしてやろうか」スネ夫「ジャイアンのゴウモンはきびしいからな」…ドラえもん史上燦然と輝く珠玉の名セリフ。小学生…ゴウモン…カタカナ…きびしい。本物のブラック、F先生はスゴイ。
06-11 11:25



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/11

フェードインとその重要性について…【facebook動画】

【動画】「フェードインとその重要性について(暫定)」
facebookページにUPしました。
かなり適当ですが、あるいは参考になる方がいれば…
なおこの動画は数日後に自動的に消滅するかも…しれません^^;
詳しくはリンク先に・・・
動画がどうこうより。。。これを機にfacebookもはじめてみられてはいかがでしょうか?

https://www.facebook.com/TheVoiceTrainer


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/07

正直言えば毎日レッスンが怖い

こんにちは。
実を言うと、正直なところ、
毎日レッスンが怖い…です。

レッスンは大好きです。
でも、
「今日も生徒さんに対し命がけでぶつかれるか」
「その一人一人の生徒さんに伝わる言葉を発見できるか」

いつも、舞台に上がる前のような気持ちです。
いや、レッスンが私にとっては舞台。

全身全霊でぶつかってくる生徒さんに、こちらも命がけで礼をつくしたい。
気がそれている生徒さんには振り向かせたい。

もちろん命がけって、
生物的な生き死にじゃなくて、
呼吸で自分の身体を破裂させるような、そんな内的な覚悟。
なんでそんな覚悟がいるのか?
だって人はその人の呼吸を聞き、その位置を見て、その色を感じる能力があるから、
理論はもちろんだけど、それを感じさせないと。オーバーなくらい。
こちらがちょうど良い発声をして、
どんなに素晴らしい理論を展開しようが、それだけでは絶対伝わらないものがある。

私は大した声ではない。
ないけど、トレーナーとして、
生徒さんに「見える声」を見本として聴かせたいのです。
そしてその生徒さん用の言語で解説したい。
それは及びもつかないようないい声とかではなくて、
「そのメカニズムがよくわかるような声」なんです。
そして頭はフル回転。

今日もここまで、8名の生徒さんとその最高の時間を過ごして来ました。
私はペース配分ができません。
さあ、燃え尽きるまであと少し。
がんばります。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/07

06/06のツイートまとめ

h_hamauzu

@yukinohidaka まったく今頃の返信で申し訳ありません。いまだにツイッターがイマイチわからなかったりしてf^_^;)
06-06 22:30

@francesmaya ありがとうございます♪兄弟トーク…ね…まあ、私は楽しめたかな~。またぜひローゼンビートでお会いしましょうね!
06-06 22:28

非日常をたったひとりで楽しむ。それがオリジナル。
06-06 22:26



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/06

声の出し方、産み方2題

覚書的に。


声のスタートラインのバランスをとる→短距離走の力を足して加速。
でもってそのまま長距離を走る。


すべての声はフェードインからうまれなければならない。
息が強くなる過程でのみフェードインしてよい。



これすごく大切かも…
いや、これがすべてですね。
これができないと、
ミックスボイスも、鼻腔共鳴もその言葉が虚しく響くだけ。
そしてこれができないと。
…感動はうまれない。

※当ブログの内容について転載、引用される方はひとことご連絡いただければ幸いです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/04

つれづれなるままに

認められたいけど、認められなくてもいい。
認められることが目標ではないから…




僕より優れた人間は何十億人っているだろうけど、
それでも僕は誰よりも人間をやっていると胸を張って生きていたい。




子供にとっては、世界=自分
だから将来の夢を語れる。
大人にとっては、世界=世界そのもの。
だから世界をどうしたいのかがわからなければ、
将来の夢は語れない。。。


さて、今日より勝手にはじめました「つれづれなるままに」
その日その日の思いついた私の戯れ言を思いのままに、思いつくままに、書き留めたいと思います。
これまで以上に生意気な表現が多いかと思いますが、
何とぞご容赦くださいませ。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2012/06/01

生きているついでに歌を歌い、遊び、そして仕事するんだ…気持ちをつたえるということ

こんにちは。早いものでもう6月…
最近発声法についてはあまり書きませんが、空気の音と方向性ってって文章にも音源にもしにくいんですよね^^;
それらで表現できるものって限界だらけです。。。

さて、生きるってなにか?

表現者としての「生きる」
生命維持の為の「生きる」

前者で重要なのは吐く息。つまり「二酸化炭素」
後者で重要なのは吸う息。つまり「酸素」

つまり全く逆なのだ。

ただ息をして生きていればいいなら吸う息だけ意識して、
吐くのは「ため息」で十分(すでにため息は「吐いてすらいない」力を抜いたら勝手にでるだけ)

しかし本当の意味で人生を生きたいなら、
吐く息がすべてだ。
勝手にでる息でなく「意思を持った息」
これが人間表現だと思う。
勝手にでるため息では表現はできない。
「自分からっぽである」ことすら伝えられない。

一方吸う息はただの燃料だ。そこに思い入れはいらない。
つまりこれこそが自動的に入ればよい。

つまりすべてが逆なんです。
世の中の多くの人がため息で生きている。
ため息は力を抜かないと息がでない。
つまり「言葉の意味以外」なにも伝わらないだけでなく、表情筋まで落ちる。
「言葉の意味だって」本来は気持ちに付属する「おまけ」
そのおまけだけで愚痴をいったり、誹謗中傷するから、お互い理解できない。
できる訳がない。

ため息をついたと思ったら「息が入ってた」
深呼吸したら「息を吐いてた」
くらい逆に生きる。

吐く息で表情筋があがり、吐く息で気持ちをあらわす
たとえからっぽでも「わたしはからっぽ」と素直に出せる。
愚痴で出さない。いや、愚痴を言ったってつたわる。
人が聴いているのは呼吸なんだから。

そんな息をして歌う?話す?

違います。そんな息で24H生きる。表現のない時間を作らない。
そのついでに歌う、仕事する。
だって僕らは人間なんだから。
生きるってのは芸術そのものなんだから。
「私は違います」って人は、
「私は人間じゃない」って言ってるようなもの。

緊張も自分の味方になる。
それもいきるついでだから。

そうすれば世の中のいやなことも、
時間の無駄と思いえることも、きっとプラスになる。

これが僕の人生、そしてボイストレーニングの根本にあるものです


また長くなったし吠えちゃった・・・読んでくださって方、
本当にありがとうございます。




↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking