L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

深く・軽く!でも深さ軽さって何?…その2 実は呼気の段階では難しくない。声帯の調子なんてもっと関係ない

すこし間が空いてしまいましたが、「その1」はこちら↓深く・軽く!でも深さ軽さって何?…その1深さと軽さの両立は至難であると書きました。深さとは実は声帯の位置そのもので、その位置次第で本当に声が深くなったり、浅くなったりします。そして、軽さとは声帯を包む気道そのものの横方向への広さが広いほど軽くなりますこれは勘違いしている人がとても多いです。広く声を出すな!っていわれたらみんな気道を閉めるという逆のこ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

07/26のツイートまとめ

h_hamauzu @minaimeruat おつかれ様でした♪めったにツイッターせんけど、やってみた。ろくな写真なかったと思いますが、次までにちっとは勉強しておきます♪ 07-26 02:09...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

大切なのはむしろ耳より「目」だ。色気のある声を。

目で呼吸を見る。耳で響きを聴く。本当はこれだけでこと足りるとも言える。目で閉じてはいけないもの、耳で閉じるものをコントロールする。次のステージへ。深さだけを求めるのはシーラカンス。軽さと明るさでごまかす最近の風潮はもはや時代錯誤です。色気のある声は、深さと軽さの同居が必要不可欠。とってもさらけ出しているようで、深くてその底は分からない。それが声の色気なんだ!!…言い切ったよ~( ̄^ ̄)ゞ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

プレミアムドリーム7号乗車中

今日は生徒さんの結婚式に司会者として出席しました♪明日からは関西です。プレミアムドリーム3号…三宮BT行きプレミアムドリーム5号…京都・奈良・王寺駅行きで、いまはプレミアムドリーム7号のPシートにて乗車中。…それだけですf^_^;)プレミアムシートについてはこちらを、プレミアム中央ドリーム20号プレミアムエコドリーム号についてはこちらをご覧くださいプレミアムエコドリーム91号カテゴリが「鉄道」となっていますが、「バス...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

07/19のツイートまとめ

h_hamauzu 今日も眠れんかな〜…不眠2週間目!?まあ、やるこたいっぱいあるからいいか…しゃあけど…毎日胸つぶれそうや。。。絶望と怒りと不安と焦燥と…それを糧にできる喜びでね。嗚呼!! 07-19 01:08...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

深く・軽く!でも深さ軽さって何?…その1

私がいつも言うのが軽く・深く…(ついでに明るく)もちろん、その人なりの軽さと深さで良いです。この「軽さ」とはひびきのことであり、「深さ」とは呼吸のことです。そして軽さは声帯の伸びが大切。つまり、喉が横方向に開いていなければなりません。深さは声帯の位置が大切。つまり、喉が縦方向に開いていなければなりません。このあたりはそれぞれの講師独特の表現になると思いますが、そもそも、このような解説はあまりなされず...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

07/12のツイートまとめ

h_hamauzu やっぱり太く、生きたい。 長くか短くかなんかは気にして生きてられないよ。 細く、だけは…ないね。 07-12 18:22...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

手っ取り早く出すと寿命が縮まる!声優さん特に気をつけて!

これはここ数年、声優を目指すひとに、特に多いように思われます。肺の圧力が弱くても、しなやかな声帯でなくても出てしまう方法を学んでいる、また教えているところが多いから、と思います。その手っ取り早さが寿命を縮めることに気づくべし!アイドル声優を目指して20代後半から30代頭くらいで、「アイドル声優の声しかでない上に、カスカスになってしまうひと」が、ものすごく多いのです。そうなってから私のところへくる方もい...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

あえて「悪い発声が必要」なときにも壊さないために

例えば舞台で、「アクの強い悪役」がまわってきて、「グワッハハハ、愚か者め~」などと、地声をさらにさらにガラガラにするようなそれでいて押し殺したような、それでいて迫力満点な声をださなければならないとします(笑)いや、笑い事と違いますねf^_^;)そういう声を出すためには、普段より、声帯をガチガチに締めつつ、呼吸をむりやり押しこんで…そう、つまり一般的には「悪いとされる発声」をしなければなりません。それでも...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「普通の声」の難しさと「元々いい声は苦労する」ワケ

私はポップス、クラシック、声優さん、俳優さん問わず指導させていただいたいます。すべての方に求めるのが、「普通の声」の難しさと「元々いい声は苦労する」ワケまずは…精一杯の肺の圧力で、普通の声を出すこと。クラシックの方はどうしても「らしい声」が必要だと思ってしまうから、結果、「適当な圧力でスゴイ声」を出しがち…「肺の圧力<(立派な)声」になるほど、出る声は、いや出した声はわざとらしくなる。だから「もともと...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

07/04のツイートまとめ

h_hamauzu ホームページ「かなりあ少年少女合唱団【横浜・都筑】」を更新しました。 http://t.co/jYfYvIRV 07-04 17:21...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「吐き切る」の誤解。で、やはり腹式はオマケでついてくる

よく「息を吐き切りなさい」「吐き切らないと吸気がはいらないよ」と、講師の方は言うと思います。さて、この吐き切るとは何ぞや?単に肺の中から息をなくすこと?もちろんそれも吐き切ることの一つでしょう。しかし、ここで切り離せないないのが、肺の圧力です。肺の圧力と吐く息の量を混同しないことが重要です。肺の圧力を強く=たくさん息を吐く、のではありません。肺の圧力、すなわち胸板と背筋がしっかり引っ張り合いをして...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ