L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

トレーナーの仕事・条件は…大変ですよ。でも楽しいしやりがいがあります

みなさまこんにちは。今日はトレーナーの仕事についてすこしお話しします。プレーヤーをやめてトレーナー一本にしぼった経緯は何度か書きましたが、プレーヤーをやっている頃は、その「名前」で結構仕事ができました。つまり教えるテクニックより、「あの歌手に習いたい」という生徒さんが多かった訳です。しかし今は違います。僕はもう歌わないから、その指導法やテクニック、情熱だけが頼りです。だから僕はペース配分ができませ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【お客様を呼ぶという事】自分の力を知るという事かもしれません

どんなに相手がニコニコしても、応援してくれるようなことを言っていても、リサイタルや演奏会、ライブやイベントには来てくれません・・・これから書く話は自分の経験からです・・・まだクラシックの歌手だった頃の話・・・かつていずみホールでリサイタルをさせて頂いた時、本当にお客さんを呼ぶこことの苦労を知った。本当に大変だった・・・仲間に助けられた。近所のおじさんオバサンにも助けられた。生徒さん達に本当に助けら...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「背骨」と「重心」について

少し間があいてしまいました。。。今日は「背骨」についてお話しします。まず理想を言えば、「一直線にまっすぐ」になること。尾てい骨のあたりから首の骨、後頭部までまっすぐ。しかし、背骨は通常S字に曲がっています。これがサスペンション(バネ)の役割を果たしているのですが、これをまっすぐにすることで、気道がつながり、さらに立ち姿も美しくなります。キレイに胸を張って見えます。この「胸を張る」という言葉もくせ者...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

今一度「舌根」を下げることについて

おお、まもなく深夜2時です。よくご質問を頂くのが「舌根」の下げ方。これはですね。舌を下げようと思えば思うほど、意識して上がってくる人が多いのですが、そもそも舌を下げてどうしようとしているのかが大切です。気道を開けて、声帯を下げる。というところですが、ではどうすれば声帯がはいっている骨のボックスを下げられるかを考えたほうが良い。逆に言えば、それが下がらなければ、舌根は下がりません。・・・本当は下がり...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

最低の、絶望以下の呼吸ができるか。人を元気づけたいならなおさら…

こんにちは。私はプロを目指す若い方に、将来どんな歌手になりたいか?どんな役者になりたいか?これを尋ねます。大抵「元気のない人元気づけたい」「みんなをしあわせな気持ちにしたい」というような答えが返ってきます。しかし、例えばみなさんが元気のない時元気な人ってうっとうしいと感じることはありませんか?隣で「どうしたの!!元気ないじゃん♪げんきだそうぜ〜〜〜!!!!」ってやられたら、「放っておいてくれよ」と...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ