L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

平等と不平等?才能なんかでやらない。

またまた偉そうなタイトルですみまん。音楽なんかやっていると、自分の能力の低さがわかってしまい、愕然となる。こんなに低かったのかと。しかしその能力差は不平等か?と言われればそれはNOだ。でも能力がないなりに、誰よりも自由に研究し、チャレンジし、表現する権利がある。これこそが平等なのだと思う。自分の能力を知るのは怖い。思っていたよりまったくたいしたことがない。本当にたいしたことがない。そうでない人もいる...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

04/25のツイートまとめ

h_hamauzu いつか乗りたい金沢エクスプレス5号。たまたま12時過ぎに新宿三丁目についたのでJR新宿高速バスターミナルへ。5号は西日本のクレイドルセレガーラでした。乗客は…3人!1Aが空いてる〜 04-25 12:17...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

もっとも大切なこと…誠実に【どこからどこへむかうのか】

おはようございます。歌でもナレーションでも、そしてレッスンそのものにおいても、言葉を使います。内容が的確であることは大前提とはいえ、最も大切なのはその気持ち。すなわち呼吸ですが、それがどこからどこに向かって発されているのか。これが最も大切だと考えています。乱暴に言えば、声は二の次なのです。もっと乱暴にいえば内容よりも大切。どこから気を発し(スピリチュアル的ではなく)、どこに向かうか(これで響きの場...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

力抜けって言われても…という方

皆様こんばんは。ずいぶん間があいてしまいました。気づけばもつ4月も中旬にさしかかりました。さて、今日は簡単に…声を出す時に「力を抜け」と言われたことがある方は多いと思います。「すべてはそれからだ」「それができるまで他はナシ」とか…しかし、抜けと言われてすぐに「立っている力だけ残して」力を抜けたひとはあまり見たことがありません。ですから時間をかけるわけですが、力が抜けるのに3年かかった、ならまだ良いので...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ