L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

芸術の追求と平和主義との関係について(facebookより)

みなさんこんばんは。今日まで関西でレッスンでした。生徒さんと真剣に声という人間がもたらす結果を追求する時、いろいろ思うことがあります。私の個人的な考えですが、facebookの個人のタイムラインよりご紹介します。よろしければお読みくださいませ。 投稿 by 浜渦 弘志.埋め込み記事です。ご覧になれない方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧下さい。https://www.facebook.com/hiroshi.hamauzu/posts/774338762609232...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

芸術なんて誰でもできる全く大した事がなく、そしてすばらしいもの

みなさんこんばんは。なんか興奮してますので、言いたい事言わせてください。(またか?…すみません^^;)性格・テンション・思想・信条、あらゆるものの両極端を追い求めつつ、そして引っ張り合いをしなければ芸術などできないのではないか。天を突き抜けるほどのハイテンション・地にへばりつくようなローテンション。宗教・無宗教。無償の愛ととんでもない意地悪。あらゆるものの両極を求めつつ、針が振れてしまわない。(個人的...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

個性をだすには!?

みなさまこんばんは!個性を出すには…「身体を使い切ること」です。そうすれば、個人の性格の違いや骨格や声帯の違いで個性はおのずとでます。最初からあまり特徴のあるキャラを作ろうとするより、全力で身体を使い切れるか。身体を使い切ることは難しいんです。呼吸の深さ、声の軽さ、響きの明るさ、どれか一点で勝負せず使い切れるようにしましょう。使い切れるようになることが物理的に難しいわけです。さらに使い切る方法を知...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

鼻腔共鳴禁止!?

皆様こんにちは。ちょっと古いですが…スーパームーンは見られましたか?関東は天気が悪い日が続いていたのですが、9日は晴れてくれました。さて、鼻腔共鳴。びくうきょうめい、とか、びこうきょうめい、と読みます。実際は鼻腔ではなく、副鼻腔です。クラシック(声楽)の方は、「鼻を響かせろ!」と、嫌というほど言われた方もあるかもしれません。いまは他のジャンルのボイトレでも、よく言われています。私はレッスンで、逆に鼻腔...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

異性の発声を指導する時の注意点

皆様こんにちは。異性のボイストレーニングをするとき、注意しなければならない点がたくさんあります。今日はそのひとつを。よく女性のトレーナーが男声を教える時、1オクターブ落として、みほんで歌うことがあります。これはやってはいけないと思います。確かに楽譜上の音をそのまま出すと、女声は男声より1オクターブ上を出しています。だから男声に合わせて1オクターブ下げてやる……理屈ではわかりますが、それでは男声にはまず...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

講師はモノマネ能力も大切?

皆様こんばんは。だいぶ涼しくなってきた関東地方です。今日はレッスンが19時におわり、そのあと最後の生徒さんに、坂本九さんのモノマネしたりして楽しく遊んでいました。モノマネと言っても、ただ声マネではいけません。呼吸、雰囲気、性質、姿勢、顔つき、いろんな要素があります。これ、私がプレーヤー時代にはそんなにうまくなかったのです。しかし、だんだんと、クラシックの声楽の歌手の方から、井上陽水さんや玉置浩二さん...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ