L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

生徒さんよりの嬉しいメッセージ

みなさまこんばんは。生徒の皆さんから頂いた今年のレッスンの感想」の中からひとつご紹介させてください。〜前略〜●●さんから紹介してもらったのが、ちょうど1年前の今頃でした。当時はまだ迷ってたのを覚えてます。興味がある一方で、声が変わることへの不安がありました。あと、仕事が重なっていたり、顎関節症の治療があったり、といったことも。ひととおり落ち着いたところで、レッスンを申し込みました。その後、最初のレッ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

重力を味方につけよう

こんばんは。ひとに等しく与えられているものなんて重力くらいじゃないかな、と思います。重力がなければ声や呼吸や気持ちの抑揚、そして歌なんか生まれなかったと思うんです。だから重力を地球をもっともっと味方につけてしまいましょう!そうすれば声も気持ちももっと自由になれますよ♪こう書いたら、なんだかスピリチュアルな話になりそうですが、そうではないんです。重力という制約がまた自由な声をもたらすのは事実でしょう...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

「緊張感」を大切に。「緊張」とは違います…

皆様こんばんは。イブの夜、いかがお過ごしでしょうか?私はもちろんレッスンしております♪さて、よく「緊張感を持て」などと言われます。これを「緊張」と捉えたり、「まじめに」と、捉えたされていませんでしょうか?私が求めるのは、綱渡りのロープの上。そんな緊張感。声がひっくり返っても、出なくても、歌詞を間違えても、セリフを忘れても、そこから落ちないこと。生きて帰ること。逆にロープの上なら、まじめであってもな...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

出る杭は「長所」です。

皆様こんばんは。長年ボイストレーナーをやっていて、まず生徒さんの長所に目が行くようになりました。その長所とは「目立っている部分」で、悪く言えば「でしゃばっている部分」「出る杭」みたいなものです。ならそれは短所なのでは?私は決してそうは思いません。しかし、巷間、多くのレッスンではこれを短所と捉えられてしまうようで、「出る杭はうたれる」のごとく、引っ込められてしまいます。しかし、これでは個性はなくなっ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

声と呼吸とバランス感覚「明日は衆院選」

皆さんこんにちは。明日は衆院選ですね。さて、声や言葉とバランス感覚についてお話しさせていただきます。たとえば言葉が滑っているひと。それは呼吸が滑っているわけです。呼吸の強さやスピードのバランスがとれておらず、つまりは表現のバランスがとれていない証拠。こういう方は、すぐに自分を抑えられなくなったり、おちつきがなかったり。逆にすべらないけれど弾まない方も、長くなるので詳しくは書きませんが、議論をしてい...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

自信なんてなくていい

「自信を取り戻せ」この響きにいつも違和感を感じます。自信なんてなくて当たり前で、今を必死に「好きなように生きて」それでダメでも平気で笑って生きる潔さ、というか開き直りがあるかどうかだけだと思うのです。それがないから自信なんかが問題になるのではないでしょうか?自信は優越感ではないと思うのです。必死なだけじゃだめだと思うんです。「好きなように」生きることは本当にはツライ・・・「好きなように」は「ラク」...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

生きることに真剣な呼吸で「いい加減な声を」だしてみよう。

こんばんは。「生きることに真剣な呼吸」で、いい加減な声をだしてみよう。きっと何かが開けます。結構逆になってるんですよ。ちゃんとした声、なんてそもそもないんですから。もちろん精神論でも自己啓発な話でもなくて(笑)真剣な呼吸って、動物が自然にできている生きるための呼吸のこと。私たちも無意識に、驚いたときなんかはやっています。そうなんです。無意識の時にはできることを意識して再現する。でも歌やセリフは好き...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

人間回帰。全力で生きるために

こんばんは。何か勢いで書いた以下の文、読んでいただくに値するかはわかりませんが、よろしければ、お願いいたします。自分という生き物に自信なんてもてないけど、プライドは持てると思う。それにはナルシストになることだと思う。誤解されそうだけど。自分の外面も愛して良いけど、自分の心臓や肺、骨盤から、足の爪なんかを愛することだ。くまなく、くまなく。愛するということは、本質知ることだと思う。あばたもえくぼでは恋...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

発音や滑舌の対症療法はやめましょう

皆様こんにちは。今日は…寒いですね!さて、歌やセリフで、発音・滑舌を良くしたい、流暢に歌い話したい方へ…いきなりですが、呼吸ができていない段階では、「何を言っているのかわからないくらいの方が自然」なんです。発音が悪いから発音の練習を、滑舌が悪いから滑舌練習を。一見正しいようで、多くの場合、対症療法になってしまっているようです。風邪薬を飲むより、風邪をひかない身体を作る方が大切なように、その場限りで、...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

真剣に…遊んでみよう、ふざけてみよう、そして声を出してみよう。

みなさまこんばんは。ボイストレーナーを続ける上で大切なこと。自分だけの方法論や伝える技術、そして信頼を得る努力をするのはもちろんですが…何より生徒さんが辞めることを絶対に怖がらないことです。それを恐れてレッスンをすると、講師生徒、双方にとってマイナスです。真面目であっても一生懸命であってもウソになりかねません。本当の意味で真剣に取り組めないからです…「真剣」について。私のfbページよりシェアさせていた...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ