L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

楽譜は絵です。

楽譜は絵です。答えではない。その絵を見て何を思うか?それを表すのが音楽です。描いてあるとおりに、黄色とか赤とか、見たまま言ってはいけないのです。見たままの音程を声に出すと、それは色当てゲームでしかないのです。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

声が出にくくたったのを年齢のせいにしてませんか

今日はfacebookページからご紹介します。 投稿 by ボイストレーニング Song Voice Life.呼吸はバランスです。呼吸をマネジメントすることは自分をマネジメントすること。そこに年齢は関係ありません。「あなたは若いからそう言えるのよ」という人は、若い時ももっと若い人に向かってそう言っていたかもしれません。比べる相手は常に自分で。。。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

生徒さんから頂いた「レッスンの感想」

ボイストレーナーのはまうずです。生徒さんからレッスンの感想をいただきましたので、ホームページに掲載させていただきました。その中からひとつ、一般の方の感想をご紹介させいていただきます。「最も重要なことは、信頼できるトレーナーに出会うこと」■ご職業:会社役員 及び 会計士コース講師■お名前:H.Nさん■性別:男性昨年の3月にたまたまインターネットで浜渦さんのサイトを拝見し何か違いを感じました。口のかたちや小...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

どんなジャンルにも通じる息で「普通の声」を出す【動画】

ボイストレーナーのはまうずです。ボイトレ解説動画を、facebookページにUPしました。一応、期間限定の予定です。どんなジャンルにも通用する呼吸から、ジャンル分け以前の「普通の声」をフェードインで出してみるというテーマです。明るく軽い呼吸と深い呼吸、そしてそれを両方同時に使うということをやっております。初めからあるジャンルだけをそれっぽくやっていると、普通ってどんなんだったっけ?となったりします。詳しくは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

その「胸の使い方」誤っていませんか?【その2】

ボイストレーナーのはまうずです。今日のボイトレアドバイスは胸の使い方を、実際どのようにすればいいかを書いていきますね。(その「胸の使い方」誤っていませんか?【その1】の続きとなります。まず【その1】をお読みいただきまして、胸を張ることの意味やどのように間違えてしまうのかをご確認ください)胸を張ることは響と呼吸のための適正なフォーム作りであり、歌唱力にそのまま繋がることは前回お話ししました。しかし、左...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

自由に歌いたければ…

自由に歌いたければ……歌うことから自由になること。Twitter ボイトレアカウントより。そのためにやることはたくさんあります。でも、向き不向きなんかはまったく関係ないです。歌にとらわれ、うまく歌おうとしていると、感動よりも「うまく歌おうとしていること」が伝わってしまいます…。相手は機械ではなく、人間。機械(カラオケ)相手の歌唱力から脱皮しましょう。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

その「胸の使い方」誤っていませんか?(その1)

ボイストレーナーの浜渦です。はまうず式呼吸法・発声法によるボイトレのアドバイスを今後できるだけ提供してまいります。声を出すとき「胸を張りましょう」と、よく言われます。これはボイトレに限ったことではないですよね。発声、ボイトレにおいては、適正に胸を張ることは、横隔膜が、肺の呼吸を適正に押し出し、声帯にまっすぐに届け、声帯の振動をまた胸に返し響かせたり、副鼻空に自然に響かせたりする、呼吸法の第一歩とな...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

リップロールやタングロールはオマケ

みなさま、こんにちは。今日は新規の生徒さんがご夫婦でやってこられました。これからが楽しみな素敵なコンビです。鍛え上げたいと思います(笑)さて、声帯を柔らかくするには、常に、声より呼吸の方が強いこと(乱暴ではない)が大切です。もちろん呼吸の質も求められます。そして、その呼吸を声がじゃましないこと。この関係が成立すれば、強い呼吸と柔らかい声帯のコンビができあがります。私は最高の戦慄にも似た緊張感をもつこ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その2】

ボイストレーナーになりたい方へのアドバイス、その2です。今日は考え方やシステム面について少しお話しします。。。その1(方法論・テクニック・メソッド等に対する考え方)はこちら>>>ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その1】●先生と呼ばれることに注意どの世界でもそうですが、権威が付いてくると、教え方がまずくても、生徒さんや学生は、信者のようについてきます。それこそそこに「方法論など皆無、できなければ努...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイストレーナーになりたい方へアドバイス【その1】

こんにちは。ボイストレーナーになりたい方ってそうはいらっしゃらないと思いますが、最近「どうやったらトレーナーになれるか」「その資質は?」などの質問を受けることが多くなってきました。私ごときのアドバイスが役に立つかどうかはわかりませんが、「自分のことは棚に上げつつ」いくつかあげさせていただきますね。あくまで私が思う「本気でトレーナーを専門にする場合」のアドバイスです。●誰かのメソッドではなく、自分の...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

言葉と呼吸と「歌語(うたご)」

言葉以上の意味を呼吸がもたないと伝わらない。ことばは大事。でもことば以前の物を私たちはしっている。だから、初めて聴く、初めての言語の曲に感動できる。英語、日本語、ドイツ語、イタリア語…そこに「歌語(うたご)」があることを信じていてほしいのです。それには「呼吸のルール」が大きく関わっています。日本語の意味がわからない外国の方が、美しい発音で日本の歌を歌い、感動させることがある。ろくに練習しなくても。そ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

おやつ♪オヤツ♪

私、よく差し入れを生徒さんにいただきます。そして、それはだいたい甘いもの♪私が甘党なことをご存知のようです^ ^(レッスンでフラフラになってなってる姿を見られたのなも(^^;;)そんな中から二つほどご紹介…♪まずはジャン=ポール・エヴァン JEAN-PAUL HÉVIN のマカロン。美味しい!チョコレートやチョコケーキで有名なお店だそうですが、このマカロンも濃厚なチョコクリームが入ってます!私はチョコレートには目がないのです(...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。大変遅れましたが、ご挨拶申し上げます。先にfacebookページにてご挨拶を申し上げておりましたので、こちらにも転載(埋め込み)させていただきます。元旦よりのお正月レッスンも無事終了いたしました。新しい出会い、懐かしい出会い、いつもの生徒さんとの新鮮な新年の時間。新たな発見の時間、改めて自分を見つめ直す時間ともなりました。この場をお借りして感謝申し上げます。またホームページ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ