L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

正解を教えて「才能を潰す」アカン。

素晴らしい表現をしている、持っているのに、それを指導者が理解できずに、音程や発音やリズムや声などを無理に矯正し、その表現を、才能を潰す…。あってはならないことですが、…指導者にめぐまれないということは、こういうことなのだなと思います。音楽の授業やレッスンを受けることで声を出すのが怖くなったり、歌がきらいになったり…もっと言えば、良い声になりリズムも音程も取れるようになって……つまらない歌になる。音楽の...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「正しい教」からの脱却

私たちは何かを正しいと信じて疑わない時、それが宗教と化していないかを疑う必要がある。もし理論で武装して、「疑う必要などない」と言い張るようなら、いよいよもって怪しい。当然だが、宗教が悪いものと言っているのではない。自分が正しいと思うことを常に疑うことで、はじめて正義によってではなく、本質的に生きていけるのだとおもうのだ。一度「正しい教」からの脱却をしてみると、世界は変わるのもしれない。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

正しい発音と美しい発音の違い。正しくても美しくないとひとの心は響かせられない。

「耳の良さ~発音編~」正しい発音と美しい発音は違います。。。ひどく日本語訛の美しい発音の英語の歌や、ひどく何語かよくわからないけど、美しいイタリア語の発音が有ると思ってください。少なくとも歌では厳然とあるのです。だから私は生徒さんに言います。「あなたの方が英語の発音は『正しい』けれど、僕の方が『美しい』」と。…もちろん楽しく「笑い」としてですが♪でも、この美しいと正しい違いはなんでしょうか?歌を歌う...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

発音矯正の落とし穴。問題は滑舌ではない!?声を使う全ての方に。

こんにちは。ボイストレーナーのはまうずです。一般の方でも「発音が苦手」「何を言っているのかわかりにくいと言われる」ボーカルの方声楽の方でも「歌詞がよくわからないと言われる」このような症状にお悩みの方は多くいらっしゃいます。そして多くの方が、発音が悪くなる原因を、舌や顎や歯など、つまり滑舌などの口腔内の問題だと思っていらっしゃいます。そこで発音矯正に取り組み。。。苦手だった「ツ」や「シ」が言えるよう...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

体験レッスンとレッスンスケジュールにつきまして

みなさまこんにちは。最近体験レッスンを希望される方、及び新規生徒さんが増えております。はまうず式呼吸・発声法によるボイストレーニングの効果を実感していただけて、感謝の極みです!ただ、そのためご希望の曜日・時間にレッスン枠をお取りできないこも増えております。(※特に土曜日・日曜日はおとりしにくくなっております。「土日ならいつでも良い」という幅をもっていただければ、大変ありがたいです)もし体験レッスン、...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

絶対音感(の危険性)と歌唱力(必読です)

絶対音感。この10年ほど、この言葉がよく使われるようになったと感じます。この絶対音感とは簡単に言えば「ある音の高さを記憶で覚える」ということでしょうか。これがあれば、確かに「小学校の音楽のテスト」的には楽になります。つまり音痴にはなりにくい。しかし、こういう方も多いはずです。音程バッチリ、いい声、乱暴ではなく、音量も適切で、よく歌詞も読めていて、そして「あんまりうまくない」…というか、言葉は悪いです...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

歌唱力の「キモ」は呼吸の一貫性。一曲は一つの人生です。

一曲はひとつの人生。呼吸は命。呼吸がぶれると一曲がぶれる。人生がぶれる。呼吸の一貫性ということを考えたことはありますか?歌っている時、読んでいる時の呼吸は、まさにその人の生き方を表現しています。それがぶれてしまうと、たとえ音程が、リズムが、歌詞があっていても、音程感、リズム感、言葉のリズム感が悪くなってしまいます。つまり呼吸の一貫性がないと、歌唱力が育ちません。ここにミックスボイスや滑舌などは関係...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ