L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

今やっている練習が良い練習か否か見分ける方法「1に強い呼吸、2にタイミング、発声技法はその後!」

ボイストレーナーのはまうずです。みなさん、花粉は大丈夫ですか?私はなんとか薬とマスクで逃げ切っております・・・さて、当たり前ですが、声は見えません。見えない声の練習は、それがあっているのかどうか、よくわからない、という方がとても多いです。ボイトレの本をみたり、教材を使っても、それが良い練習かわからない。レッスンを受けているけど、それが正しいかわからない。では、簡単に言いましょう。「5分くらいでじん...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

声はもっとも平等に近い楽器、表現方法なのかなと思うのです

ボイストレーナーの浜渦です。関西レッスンから戻りました。音楽に限らず、すべての表現、芸術において、表現のキャンバスは必要だと思います。それは、創作意欲であったり、気持ちをカタチにしたい欲求であったり。それは常に気持ちつまり、呼吸と直結しています。その上で、描いたり、演奏したりするためのキャンバスも、絵筆も、絵の具も自前で用意できる、声と言う楽器。表現したい、気持ちのキャンバスがあれば、描くための呼...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

裏声練習は大切か否か?

ボイストレーナーのはまうずです。ただいま関西レッスンに来ております。【裏声練習は大切か否か?】ここでは裏声の定義は置いておきましょう。(裏声をファルセットとする方も、裏声とファルセットは別物とする方も、裏声はファルセットの一部とする方もいらっしゃるので)意味のある裏声と、そうでない裏声がある。その上で、その意味のある裏声が、使えるけど、使わないのはOK使えてないの逃げ道として使うならNGといったところ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ミックスボイスが欲しければミックスボイスの練習はするな!?

ボイストレーナーの浜渦です。ボイトレに励んでますか♪ボイトレは、あくまで表現のためにありますから、難しく考えすぎてもいけません。…というわけで、今日もはミックスボイスについて。ミックスボイス自動習得法まず、強くしなやかな呼吸がある程度できていることが前提です。音階練習で、強く(≠大きい)声を出します。(たとえば「ハイ」の掛け声で「ドミソミド」から半音ずつあげていく)この時、ひっくり返らない努力はしない。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

明解「お腹から声を出すためには」

ボイストレーナーの浜渦です。お腹から声を出せ!よく言われることです。もちろん実際お腹から声が出るわけではありませんが、そう聞こえる、そう聞こえさせる「実感」を得るための方法を明解にお腹から声を出したければ、胸を開くこと。胸を開きたければ、喉を開くこと。喉を開きたければ、目を開くこと。目を開きたければ…「強い心」を持つこと。<解説>お腹の使い方、胸の開き方、喉の開け方、それぞれにきちんとした理論はあ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

技術が表現を超えないこと「声で空間いっぱいに描き出すために」

技術が表現を超えないこと。しかし、技術は表現を追いかけること。それでも、表現は技術から逃げ続ける。そこにゴールはない。無限に広がり続ける。表現はキャンバスの広さ。技術は描く技術や絵筆や絵の具。空間いっぱいに、世界いっぱいに、呼吸と声で描きましょう。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

発声技術や呼吸法よりも大切なもの【序章・目力】

ボイストレーナーのはまうずです。先日ミックスボイスについて書きましたが、そんな技術よりも、さらに呼吸よりも大切なものがあります。それは、「目力」。。。といっても精神論ではもちろん有りません。(精神論では有りませんと言いましたが、一曲通して、ブレスのときも、声がふらついても、ひっくり返っても、間違えても、その目力を発揮し続ける為には、相当に強いココロ、精神力が必要なのは事実です。)何故、そんなに目力...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

今日から関西レッスン、尼崎に向かいます!

おはようございます。ボイストレーナーの浜渦です。これより、尼崎はローゼンビート音楽館に向かいます。今日から3日間、関西レッスンです。私のルーツ、ローゼンビートでレッスンできることは本当に嬉しいです!こちらでのボイトレは、声楽(歌唱+ボイトレ)を中心に、個人ボイトレレッスン、今回は日程の都合でありませんが、グループボイトレレッスンやドイツ歌曲講座など。東京はその他のボーカルや俳優さんや一般の方、講師...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

本当にうまい人から「ミックスボイス」なんて言葉は出てこない?目標はそこじゃない。

ボイストレーナーの浜渦です。今日はミックスボイスについて、お話ししますね。【ミックスボイスについて】「あなたもミックスボイスを手に入れて、憧れの高音を!」…最近はここまで露骨な言い回しも少ないと思いますが、ボイトレスクールの謳い文句としてよく出てくるキーワード「ミックスボイス」(いろんな解釈がありますが、ちょっと乱暴な説明をさせていただきますと、ファルセットと地声を混ぜ、高音域まで、実声を含んだ声で...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

ボイトレ・レッスンで「トレーナーに必要なもの」とは?〜トレーナー・スクール選びの参考に

ボイストレーナーのはまうずです。今後、ボイストレーニングのスクールの選び方や、業界の現況や問題点についても「批判的にならないよう」書いていきます。【レッスンで大切なのはメソッドなのか?】最近、ボイトレ業界においても、認定制度などが生まれています。(私は生徒さんに認定されれば、それでよいのですが・・・)そして多いのが『●●先生の「△△メソッド」』それぞれに特徴があり、面白く、大変参考になります。私にもボ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

表面張力から「溢れる一滴」のような呼吸で声をだそう

ボイストレーナーのはまうずです。今日はまた呼吸についてお話しします。【呼吸の「器」と「中身」】私たちには呼吸を容れる器としての身体があります。そして、それを満たす中身としての呼吸があります。その「器」と「中身」のバランスが大切です。器は大きいけれど、中身はないのも困りますし、すぐに溢れてドバドバ出てしまう器の小ささではまた困ります。前者は声はいいけど、ただそれだけであったり、後者は、感情豊かと言う...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ