L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

呼吸法・発声法を難しく考えると失敗の始まり「腹式呼吸は自動的に」身につけましょう

ボイストレーナーのはまうずです。腹式呼吸、鼻腔共鳴、支え・・・・・・ボイトレや声楽・ボーカルレッスンのみならず、いまや台詞やナレーションのレッスンでも、嫌というほど出て来ますね。(以下は「はまうず式呼吸発声表現法」に基づいて書きます)何故腹式呼吸をするかと言いますと、「ひろげた胸をひろげたまま吐いたり吸ったりする為」ではそもそも胸が開かなかったら。。。腹式呼吸の意味は半減どころか、場合によっては、...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

正しい音程より発音より発声より呼吸法よりも…

ボイストレーナーの浜渦です。関西レッスン、無事終了しました^ ^さて、表題の通りですが…正しい音程の前に自由な音程。正しい発音の前に気持ちが伝わる発音。正しい発声法の前に自然な発声。正しい呼吸法の前に身体を開いて感動した時の体の状態をつくること。正しいより自然であること。どんなに正しいとされる呼吸法でも、身体が強張っていては叩いても鳴らない太鼓のようなもの。それを共鳴のせいにしてしまったり、声帯のせい...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

喉を「下げろ」ではなく「自然に下がる方法」

ボイストレーナーの浜渦です。「喉を下げろ」声楽を習ったことのある多くの人、また、近年では他のジャンルの方でもそう教わったことのある方はおおいのではないでしょうか?確かに、訓練すれば、筋肉で喉の位置を下げることは可能ですが、どうしても力が入りがちですし、身体と一体にならずに不自然な響きになってしまうことがあります。そこで、下げろではなく、「自然に下がる」です。肋骨や肩甲骨を大きく開いて呼吸をすると(...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「喉に負担がかかっている」「喉が詰まった」と思った時はここをチェック!

ボイストレーナーの浜渦です。「喉がつまった」「喉に負担がかかっている」そんな風に感じた時、すぐに喉や声帯の調子や、響き、ミックスボイスがどうのと責任の所在を決めてけてませんか?大抵そんなところには原因はありません。キチンと原因をチェックしましょう。ではチェックポイントをアドバイスします。1.呼吸をちゃんと吸えるフォームと柔軟性があったか?2.フォームと柔軟性はあるが、呼吸がキチンと吸えてなかったのでは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ