L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

声を出すための呼吸ではなく、表現のための呼吸を!

ボイストレーナーの浜渦です。タイトルがまた挑戦的になってしまっているかも知れませんが、本当に気をつけて欲しいことですので、本日2本目ですが書いてしまいました!歌う人、話す人にとって、呼吸はそのためのツールとも言えます。だから、良い声や、上手い歌のために呼吸を吸う……このように思いがちです。しかし、この考えは一度すてましょう!声を出すためではなく、表現のための呼吸をし、表現のための呼吸に声を乗せること...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

「表現(目的)」は「音楽(手段)」より前にある!

‪ボイストレーナーの浜渦です。「声や音楽の前に表現がある」音楽をすること自体は表現ではなく、「表現を伝える手段」として音楽がある。私はそのように考えています。書や絵画もそうであろうかと。となれば、歌や楽器の前に音楽が、音楽の前に表現があるはず。表現がないまま音楽が始まってしまっていないか考えてみましょう。音楽をすることを表現と考えずに、表現を音楽で出すという考え方をしてみると面白いのです。‬じゃあ表...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

とても大切な「表情」と「声」と「呼吸」の関係について

ボイストレーナーの浜渦です。「表情」はとても大切です。あることを気をつければ、どんな表情でも表現になりますし、気をつけなければ、すべてダメ…となります。表現、とりわけ歌においては避けるべき表情というのがあります。それが…こちら。【身体の事情が顔にでる】気持ちではなく身体の事情です。細かく見ていきましょう●喉の事情●例えば風邪をひいて喉が痛い時、飲み込んだだけでとても痛いことがあります。この時、我慢して...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

声よりも大切な息の流れ「寄せて返す波のような呼気と吸気の関係」

ボイストレーナーの浜渦です。息の流れに声が載ります。「息の流れが大切」とはよく言われますが、(「息を流しなさい」と言われている方も多いかと思います。)吐いている時だけ、しかも一定に流れているかだけを気をつけがちです。大切なのは、呼気(吐く息)と吸気(吸う息)を、寄せる波、返す波の関係のように、とめどなく、継ぎ目なく続いていくイメージです。波の音は寄せて返す時、また返して寄せる時、音がフェードインし...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

謹賀新年「1レッスンが1レッスンが真剣勝負」

あけましておめでとうございます。大変遅くなりましたが、弊ボイトレブログをご覧の皆様に、新年のご挨拶を申し上げます。みなさまは年末・年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は、12/30までレッスンさせていただいて、年明けは元旦からお正月レッスン。5日からは関西レッスン。そして、8日からまた東京に戻りレッスンをさせていただいております。・・・ろくに宣伝もせず、東京では東高円寺の決してお洒落とは言えないスタ...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ