L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

枠組みに嵌るな。壁を作るな

ボイストレーナーの浜渦です。今の世の中はあらゆることに壁や枠組みをを感じます。その壁のなかで生きられるものの中でだけ優劣がきまる…だから変革が起こらない。日本のホワイトカラーの生産性が著しく低いのはこういうところにも、その理由があるのかなと思います。残業にウンザリしながら、生産性の低さは棚に上げてしまう…しかし、この層が社会の枠組みやステータスを作ってしまっているのかと疑わずにもおれません。…彼らは...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

練習に根性は必要…!?

ボイストレーナーのはまうずです。ただ今、兵庫はは尼崎で関西レッスン中です♪今日はfacebookページよりご紹介します。facebookページおよびtwitterも合わせてよろしくお願い致します。twitterでは日々のレッスンの中で生まれたヒントや声のお役立ち情報を随時UPしております。...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

関西レッスンへむけて出発!

ボイストレーナーの浜渦です。明日から少しの間だけですが、関西レッスンです。関西では、私たち兄弟のルーツである、ローゼンビートにてレッスンさせていただいています。ローゼンビートは私の父母が約40年前に創設した音楽グループです。いつかは帰ってきたい場所です。今回は特に、身体全部気持ちよく鳴らすべく、呼吸を身体の真ん中を通す方法を中心にお伝えしようかなと思っています。歌い方、話し方は自由!…ですから自由に...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

声という「楽器の一貫性」がなければどんなに音域が広くても良い声でも伝わらない!

ボイストレーナーの浜渦です。どんなに高い声がが出たとしても、その個人特有の「楽器の音色」を崩して出さないたこと。例えば、トロンボーンを吹いていて、高いところだけトランペットに持ち替えて出したとしたら…。それなら高い音はひっくり返っても、出なくてもトロンボーンのままが良いですよね。チェロを弾いていて、高いところが来たらヴァイオリンに持ち替えたり、低いところに来たらコントラバスに持ち替えたり…なんてしま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
post image

大切なのは体幹のやわらかさと「しなり」これがないと力を抜いても意味はない

ボイストレーナーの浜渦です。‪大切なのは体幹のやわらかさと、「しなり」です。これがあると、想いと身体が繋がりやすくなります。これは頭でどれだけ想像しても、腹式呼吸をしても、腹筋運動をしても、鼻腔共鳴を研究しても、柔軟運動をしても助けにはなりますが、手に入りません。‬つまり、技術論や、身体の各パーツを鍛えることは、は大変に役に立ちますし、私もレッスンで取り入れますが、もっとも大切なのは、身体の繋がりな...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

人は自由に表現できないとせめて上手く歌おうとする。上手く歌えないと…

 ボイストレーナーのはまうずです。人は自由に表現できないと、大抵以下のような傾向にあります。例えば歌では・・・自由に表現できないと、せめて上手く歌おうとします。上手く歌えないと、せめて良い声・良い発声で歌おうとします。良い声が出ないと、せめて良い発音や正しい音程に。それができないと・・・・・・こうしてどんどん反対の方向へ進んでいくのです。誤解しないでいただきたいのですが、良い発音や良い声、上手...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

想像とは何か?身体と一体でない想像は思考なり

ボイストレーナーの浜渦です。もっと想像しなさい!想像を豊かに!よく言われることですね。しかし、想像しようと努力した時点で、それは既に想像ではなくなっていて、ただ、考えてしまっているのかも知れません。想像は常に呼吸と身体と一体なのです。想像と同時に呼吸し、呼吸と同時に身体にリズムを感じる。これがわかれば演技や歌唱、朗読等々、いえ、他の音楽や、音楽に限らないあらゆる表現の根本は同じだということに気づく...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

【ボイトレ基礎の基礎・腹式呼吸の前に「現代人よ、大きく吸って大きく吐こう」】

ボイストレーナーのはまうずです。腹式呼吸は精神を安定させたり、発声においても、後々大切になります。しかし、腹式呼吸が出来たからといって、感動を伝える呼吸や歌唱、話し方ができるというわけでは有りません。ですから、何が何でも腹式呼吸と、腹式呼吸マニアにならないように気をつけましょう。いやもう、誤解を恐れずに言えば、まずは、腹式呼吸なんてどうでも良い要らないのでは有りません。体が腹式呼吸が必要と感じるま...

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ