2017/04/24

身体で感じ取る力「身体は臨戦態勢、頭は豊かに」

ボイストレーナーの浜渦です。

現代はネット社会になり、
直接電話することすら少なくなってきました。
その結果、感じるのではなく「読む」ことばかりに腐心してしまっているように感じます。

良い発声、良い呼吸は必要ですが、
それが感性と繋がっていなければ、
「手段の目的化」となりかねません。

子供の頃、鬼ごっこやかくれんぼも、
全身を研ぎ澄まして、息を殺して、また弾ませて、必死に、
「鬼はどこか」と必死にやっていました。
それこそ命がけで、、、
しかし、その行為自体はいたって平和的であって、
頭の中は充実して豊かであるわけです。

たかが遊びはだということは子供にだってわかっています。
それでも本気で大げさに言えば命がけで遊ぶ。
それには頭の感性ではなく、
身体で感じる感性が大活躍したわけです。
動物は言うに及ばず、人間という動物も、それを持って生まれてくるわけです。

身体を研ぎ澄ますことでしか感じ取れないもの、
全身で全方向の空気を感じることでしか生まれない感覚があるのです。
身体は臨戦態勢、頭は豊かに冷静かつ自分が見えている状態。


それは音楽家のみならず、全ての表現者、人間に根源的に必要なことでしょう。

しかし、私は大変危惧しています。
多くの現代人が、全身を研ぎ澄まして遊ぶことを忘れてしまっているのではないかと。
その結果、自分の身体で危険を感じられず、
耳に入ってきた、とりわけ心地の良いものだけを信じ、
動物的な感性を失いつつあるのではないかと。

動物的な感性と、体系的に整えられるルール・理性があって初めて芸術ではないでしょうか?
もちろん、動物的な感性が「人間らしさ」として最初にあって、
ルールはその上にあるはずです。

しかし、あらゆるものがルール優先となり、
人間らしさ、まさに人間のほとんどを占める身体を無視したものになってしまっているのではないか。
私はボイトレや歌唱のレッスンで、
うまく「聴こえる」ようなものは提供しません。

誤解を恐れずに言えば、上手かろうが、少々下手だろうが、
「ああ、いいなあ!」とルールや正しさでは量れないものを、
生徒さんには身につけて欲しいのです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/14

声は魚を育てるようなもの?

ボイストレーナーのはまうずです。

もし、魚を大きく育てたければ、大きな水槽が必要です。
大きな水槽にはたくさんの水が必要です。
そうして初めて魚は生き生きと動き出し、
大きく育ちます。

声にたとえてみましょう。

大きな水槽、つまり楽器はありますか?
その楽器を水ならぬ息で満たしていますか?
そこでやっと魚・・・いや、声帯は豊かに泳ぎだします。

狭い水槽でいろいろ手を加えても、
大きな水槽に少ししか水が入っていなくても、
自由さは失われるのです。

身体に大きな水槽を感じられる人は、
きっと豊かな表現ができるようになるでしょう。

魚の色は、しっかり育ててからでも遅くありません。
小さく弱い魚の色や形ばかり気にしていてはいけません。

もしかすると、何事にも通じる話かもしれませんね♪
kingyo.jpg



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/08

人間という楽器における音域とは何か?

ボイストレーナーの浜渦です。

高い声に憧れている方は多いと思います。
また低い声を充実させたい方も多いでしょう。

すなわち「音域・声域」を広げたい、わけですね。
音域が広がれば、いろいろな表現や、歌えなかった歌も歌えるようになるでしょう。

しかし、ここで人間という楽器における音域とは何かを考えてみてください。

音域とは、如何に高い声や低い声がでるのかではなく、
いかに「あなたという楽器の形」を崩さずに変えられるか、またその範囲のこと」です。
日本人は発声法と呼吸法は頑張りますが、とにかく楽器、すなわち身体を作りません。
また教える方も、楽器本体のことについてはその作り方にはほとんど触れません。

では楽器本体とは何でしょう?
楽器本体とは「声帯」のことではありません。胸から喉周りの空間の形のことです。
すまりトランペットならトランペット、ヴァイオリンならヴァイオリンの本体の形がありますよね。
声帯にあたるのはトランペットならマウスピース、ヴァイオリンなら弦でしょうか。
声帯は本体を鳴らすための1パーツなのです。

本体とはとりわけ胸周りから喉の空間のことと言いましたが、
カラダ全体と言ってしまっても過言ではりません。

もちろん、弦やマウスピースは大切ですが、本体はもっと大切です。
身体という楽器と、他の楽器の決定的な違いは、自分で作らねばならないこと。
そして、作ったものを維持し続けなければすぐ萎んでしまうことです。
しかも始末の悪いことに、
この大切な楽器本体の形を崩すことで、簡単に高い声や低い声、立派そうな声を出すことが可能なのです。

しかし、それは壊れた楽器から出たニセモノの高い声であり、立派な声なのです。
もちろん、それで本質的な良い歌やセリフを創り出すのは不可能でしょう。

たとえ最初は音域が狭くても、ヘロヘロの声であっても、
まず楽器をみがいてください。トランペットもはじめは音が出るまで大変です。
簡単に出してしまわないこと。
そうしてその立派に作った輝くあなたという楽器をつくることで、
呼吸法は自然に身につきます。その楽器を保とうとするのが腹式呼吸なのですから。
そのまま声が出るのをじっと待つ・・・

あなただけの楽器を作ってください。
そしてあなただけの歌を、セリフを、響きを。
誰にも似ていない、本物の音色をつくりあげてください。
そしてそのあなたという楽器を保っていると、声帯は自由に動き出します。
そうなると音域は勝手に広がっていくのです。

楽器を作らない人ほど、テクニックでごまかそうとします。
しかしそれは、中身のない人間がファッションでごまかすようなものです。

辛辣な書き方かもしれませんが、
光り輝くあなたの楽器は、声のみならず、
あなたの人生に大きく大きく寄与するはずです。
健闘を祈ります!!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking
2017/04/05

声や腹式呼吸に執心する前に「楽器本体」を作り上げましょう。

おはようございます。
「輝いた楽器から生まれた声はたとえしゃがれ声でも美しい。このことは私たちは忘れてしまいがちです。
しぼんだ楽器から生まれた綺麗な声など、いかほどの価値があるでしょうか…」

facebookページよりご紹介します。

皆様のご健闘をお祈りします!


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking