L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

指導メソッドは教わっても、それだけではどうしようもないのです

みなさま今日は。

私が舞台とトレーナーの兼業から、トレーナー一本に道をしぼった時、
あるすばらしいボイストレーナーの先生に付いてその基本を教わりました。

トレーナーの命であると思っていた、
メソッドや、情景の描き方等々、
それこそ、惜しみなく教えて下さいました。
しかもそのどれもが革新的で理論的で目からウロコ…

それを教わった私は「これでオレも同じように指導できる!」
・・・そんな勘違いをしたのです。
それまでのキャリアもありましたからなおさらだったのでしょう(今思えば中途半端な講師としてのキャリア)

しかし、教えるメソッドをどれだけ手に入れても、
指導するための「自分だけのことば」がなければどうしようもないことに気付きました。
そしてその言葉も、
生徒さん一人一人にあわせてそのつどカスタマイズしなければなりません。
そしてそのための柔軟性と忍耐力が必要です。

それは、やはり自分で創り上げるしか方法がないのです。

そこには心理学、あるいは哲学が必要であり、
ぶれないものが必要と考えています。

一子相伝はメソッドにおいても「ない」と思います。
どんなにすばらしいメソッドでも、それは、
その人の心と身体で創り上げたもの、
それを受け継ぐなら、自分のものとし
て、そして進化させなければ意味がないのです。

だから、私は、この世界に
「認定インストラクター」などの制度をつくるのは本当に慎重になって欲しいのです。
ここに資格ビジネス的な物を持ち込むのは私は反対なのです。
しかし、言葉は悪いですが、中にはいい加減なトレーナーがいるのも知っています。
悩みどころです。

結局はただの金儲けに利用されない、利用しないという強い意思が必要なのではないでしょうか。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback