2013/10/13

落ち込むことも…いいことですよ

疲れがふっとぶような喜びを味わいたければ、疲れなければならなりません。

小さな幸せにこころ震えさせたければ、小さな幸せが感じられるような苦しみを知らないといけないのかな。

僕はとにかく浮き沈みが激しいのです。
講師のくせに…。

良いレッスンをして、くたくたになったとき、世界で一番「この命を生きているのは俺なんじゃないか!」
と錯覚してます。
そのときは本気ですが。

そして、そのテンションが激しく続き、からだが持たなくなって、反動がくるのです。
そして…とてつもなく落ち込む。
俺なんかダメだ…と。

でも流石に僕も、これを繰り返したから学習しました。
盛り上がりすぎないようにするのではありません。
そんなことしたら力いっぱいのレッスンはできません。
落ち込まないようにするのでもない。
落ち込まないようにする術なんか知ったらあまりにつまらないと思うし。

落ち込むのは知っている。
それはツライ。もう何もできなくなる。
でも、そのあとにきっとまた歓喜にひたることができることもしっている。

だからあまり焦らなりました。

気分を上がるのを待つのではない、身体が起きるのを待つのではない。
自分で呼吸を起こすこと。
頭がつらくても悲しくてもOK。
呼吸だけは別にして深く朗らかに。
でも本当にだめだとおもったら、
あえて自分を落ち込ませておく。

落ち込むのはいいことだと思うのです。
また這い上がるための準備期間です。
そのことを多くのひとに伝えられたらと思います。
身も心も疲弊しているのに、シアワセと思わなきゃって無理矢理ポジティブシンキングをやるのは私は反対です。
いつか壊れてしまいそうじゃないですか。

落ち込まない人間なんてつまらない。
反対側が大きい方が、豊かに生きられると思います。

そんなことを考えられる環境にいることにやはり幸せを感じます…。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント

No title

先生、こんにちは。

「落ち込むことは、いいことだ」のご意見にとても共感します!

昔、お付き合いで競馬をしていたことがあるのですが、1番人気軸買いで小さく当てていた私に対して、大穴狙いでいつもボロボロだったとある友人から、「君は大きな怪我をしなくて済む代わりに、本当の歓びも味わえないだろう」と負け惜しみを言われました。妙に納得のいく負け惜しみでしたので、今でもその言葉を彼の痛々しげな負け姿と共に記憶しています。

先生、そういうことです、、、よね?!

無難な歌
大怪我しない恋
予定調和の人生

あ~、どれも舗装されている・・・

「落ち込むことは、いいことだ」に一票♪
広告
2013-10-24 15:34  庄司  URL  編集

庄司さんへ

コメントありがとうございます。
「ほんとうの歓び」
これは人によって違うでしょうが、
僕の周りで真に芸術的に生きている人を見ると、わりとギャンブルはなさらないですね。
100円も賭けなければ1万円も賭けない。
でも、どうみても自分の人生を賭けてしまっている(笑)
自分の人生を賭して、得られた結果がたとえ納得のいくものでなくとも、
そういう方にはきっと次のチャンスがやってくるのだろうと思うのです。
そういう意味では人生を賭して競馬をやるのも良いかも知れませんが、
競馬に人生を賭けるつもりがなければ、
チマチマやってるくらいでちょうど良いのではないでしょうか?
でも…恋には人生を賭けたいですね(笑)
広告
2013-10-26 10:54  h.hamauzu  URL  編集

No title

先生へ

人生において、引き潮の大きな人は打ち寄せる波も大きく、引いても必ずチャンスは寄せられるものなのですね。
「反対側が大きい分、豊かに生きれる」♪

先生は引き潮の大きな人生を賭して歌に生きておられる方と心より尊敬しております!


追伸
前回、東京ではなく尼崎で私を教えられて良かったと先生が申されましたが、私も先日のローゼンビート・コーラスフェスティバルに参加させて頂き実感いたしました。
舞台に立って自ら感動しましたのは、東京で演劇をしていた時以来です。亡き浜渦先生の魂を引き継がれた宇野先生の才能とパワーに魅了されました。
未来は導かれているのですね♪

広告
2013-10-27 20:00  庄司  URL  編集

庄司さんへ

庄司さん、またしても返信が遅くなり申し訳ありません。
…そんなに尊敬されるほどの人間ではありませんです^^;

VIVA CHORUSは本当に良かったですね。本当に良い演奏になったと思っています。
私の父が他界して2年、宇野先生が本当にすばらしい大車輪の活躍をされています。
父の理念誰よりもを受け継ぎ、しかも進化している。
本当にすごいことです。すばらしい先生です。
私も今の体制を陰ながら支えて行きたいと思います。
広告
2013-11-01 19:54  Hiroshi Hamauzu  URL  編集