2014/03/07

身体の部分部分を意識することで全体像をつかむ

発声は呼吸がとても大切ですが、
その呼吸のやり方は良いはずなのに、
いまいちシャンと声が出ない。
そんなときもあると思います。

そんなときは声帯のコントロールを疑う事でしょう。

でもそれも悪くないようだとすれば、

そんなときは・・・

サウナでも入ろう!そしてひたすら汗かきながら柔軟体操でもやっときましょう~~~

これは冗談ではなく、
体全体を均等に柔らかく脱力しておかないと、原因はなかなかみえてこないのです。
その原因も毎日変わるのでやっかいです。
身体のパーツ一つ一つを、普通にのストレッチではなく、ピンポイントで、
特に胴体部分は入念にストレッチして、
一つ一つを気にかけながら脱力しましょう。
この普通のストレッチではまずはほぐせないストレッチこそが大切なのですが、お越しいただければお教えします。

さて、ひとつひとつのパーツに意識を持って接することができれば、
全体を見渡したとき、どのパーツがいま何をして、どこが間違っているのか、余計なことをしているのか、調子が悪いのかも、よくわかるようになるでしょう。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント