2014/03/18

身体を使う「順番」と「強さ」の法則

私の考えます「自然な発声」とは何かを端的に書きましょう。

動いたお腹と横隔膜よりも強い息を吐かない。
吐いた呼吸より強い声を出さない。
出した声よりはっきりした滑舌を求めない。

そして、この全部が同時に動くのではなく、ここに示した順番に動くこと。


これらは動物は当たり前のようにやってのけますが、頭でやろうとする私たち人間は苦手なのです。

順番と強さの法則をまもること。

書くと簡単そうに見えるかもしれませんが、動物的価値観を手に入れなければでなりません。真面目な方ほど難しく感じることでしょう。

これができるようになると、気持ちを自然なセリフ、歌唱でストレートに伝えられるようになります。なぜかはここまでの文章の前半に答えが書いてありますが、お気づきでしょうか。
一流のプロの方はこれができているのです。

また、これまでよく行われてきた、口や舌をを一生懸命大きく動かす滑舌練習が効率が悪く、大きな意味を持たないこともきっとお分かり頂けるでしょう。

これらがアタマとカラダで理解でき、
身につくように研究し開発したのが「はまうず式呼吸・発声法」です。
最後に宣伝、失礼しました…

新宿をあとにします。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント