L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

恵まれた声帯や腹式呼吸よりもずっと大切なこと

皆様こんばんは。
本日のレッスン終了しました。

呼吸と声作りでもっとも大切なのは、
共鳴や横隔膜や声帯のコントロールだ、
などと思っていると、間違いをおかしかねません。
また体格に恵まれているというのも、かえって弱点になる場合もあります。

それらは発声を構成する一部分にすぎないのです。

たとえ、それらひとつひとつが良くできていても、

使う順番、強さのバランス、それらがどのようにリレーされるのか、邪魔し合わないのかが大切なのです。
(これをよく「息の流れ」などと表現しますが、これも誤解をあたえかねません。あくまで、自然な「身体の流れ」です)
もちろん想いも大切ですが、これらができないと、想いはうまく表現されないのです。ここに悔しい思いをされている方もいらっしゃるでしょう。

声帯や体格にめぐまれていなくとも、
素晴らしい歌手がたくさんいる理由はここにあるとおもっています。

これに気付いたとき、生徒さんは飛躍的に進歩されます。
その瞬間に立ち会えること。
それは私にとって最高の出来事なのです。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback