2014/03/23

レッスンが100倍楽しくなる方法

レッスンが100倍楽しくなるためのヒントをお伝えしますね。

その1.
「最初に『できるために何をすれば良いのかを考える』のは基本的にはNG」です。それは主観的なのです。やってから、やりながら自分のカラダが何をやっているかを見る客観性が必要です。その2へ…

その2.
レッスンにおいては真面目な人ほど不遜に見え、そうでない人ほど謙虚に見えることがあります。真面目なひとは、このことでよく傷つきます。
真面目な人ほどその1.で書いた主観的になりがちだからです。
つまり、自分のカラダが何をしているかを見ずに、
「自分のカラダに命令しようとします」
そのことに苛立ち、怒る先生はかなりおられます。真面目なひとは、なぜ怒られてるのか気づきません。
私は(その気持ちがわかるので)絶対怒りません。

では、どうすればいいのでしょうか、
その3へ…

その3.
レッスンで大切なのは、
「第三者」がいることです。一人はもちろん、目の前の先生、あと二人は両方とも自分です。
もし、何か指摘されたり、怒られた時、
口では「ハイ」といいつつ、心の中では…

「おい、僕のお腹よ、言われてるぞ、気をつけろよ」
「はい、僕の喉によく言って聞かせておきますね」

というように、自分の中に生徒と保護者とでもいいますか、二人いることが大切です。これができると、ちょっとくらい何か言われても傷つかなくなりますよ♪
この客観性があれば、怖い先生のレッスンも楽しくなる…はずです。
しかも…先生があまり怒なくなりますよ。

なにより、この客観性を持てれば…
うまくなるスピードが格段に上がります!

どうすれば、そんな客観性を持てるのかも、はまうず式呼吸・発声法の重要なポイントです。
ちょっと最後に宣伝でした^^;


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント