2014/04/08

「身体>呼吸>発声」の優先順位守る。

みなさまこんにちは。
少し間が空いてしまいましたが、お元気でいらっしゃいますか?

さて、人は歌う時、セリフを言う時、
考えれば考えるほど、

「身体が何をやってるかが見えなくなってきます」


これは発声が悪い人、もっと言えば歌やセリフが下手な人に共通することだと思います。

肩や鎖骨が声を出す前はどんな状態だったかを忘れ、いまどうなのかは完全に見えなくなり、
耳から入る声のことばかり考える。

そして、まぶたの裏や、腰骨や、手首が何をしているかはすっかり忘れて、
呼吸のことを考え、
そしてどうしようもなくなる。

まず今の自分の身体をよく知り、よく見る。硬かろうが、凝っていようが放っておく。その状態を見つめたまま、呼吸が参加できるか?声が参加できるか?

身体>呼吸>声

この順位をわすれないこと。

一番大切なのは、
発声が、呼吸が、それ以外の大部分を占める身体の邪魔をしないことです。

身体が発声の邪魔をすると考えるがちですが、そうではありません。
(横隔膜呼吸の良いところは身体の邪魔をしにくいというところも大きいのです。ボイトレでこれら優先順位とそれぞれの使い方を叩き込んでおき、
実際のセリフや歌唱では考えなくても出てくるようにしなければなりません歌いながら考えるようでは何もつたわりません)

こうして自分全体を見る中で、
楽器や声を通して、楽譜や台本を通して、自分を表現するのです。

自分が見えないまま、音程やテンポがや歌詞が合っていても、
それは合っているだけで、表現や芸術とは違うものなのです。

ちょっと辛辣なことも書きましたが、
今日書かせていただいたことが、
私が現在たどり着いた呼吸・発声法の基本であり、
良い声を作るという、一般的なトレーニングとは考え方が違います。

良い声や響きは、自分だけの自然な発声と表現の中で自然についてくるものだと強く思っております。
人間以外の動物は簡単にやってのけています。

長くなりました。お読みくださり、ありがとうございました。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント