L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

まだ実力を出してないだけ?

皆様こんにちは。

「俺はまだ実力を出していないだけ」

…よく冗談でも使われる文言ですが、
発声や歌唱・セリフにおいて、上手くなる一番の方法は、
当たり前かも知れませんが、
実力を出し切る方法を探すことです…

しかし、良い声、すごい声を出すということではありません。すごい響きでもないのです。

いまある、30点の、いや今日は20点しかなければ、20点、実力全部、包み隠さず出し切ることが大切なのです。

30点のフリをしてもだめですし、
10点のフリをして低く見せるなんてのはもっとダメ。

その、今日の、今の実力20点がストレートに出せたとき、
もしかすると、めちゃくちゃな声がなっているかもしれませんし、あるいはすごい声が見つかるかもしれない。

しかし、それは爽やかであり、次の自分の声が見え、きっと共感を得ることでしょう。

うまい振りをして「っぽさ」を出すのも、失敗した時のことを考えて実力より低く見せるのも同じコンプレックスなのかも知れません。

実力を100%出したら凄い、ではなく、
たいしたことのない実力をありのままに。
これ意外に「根拠のない自信」を生む方法はないかも知れません。
100%出すことはとても怖いことだと思います。
自分のことがわかってしまいますから…
自分のことはわかっているようで、本当にはわかりたくないのかもしれません。

低ければ低いまま、ありのままに出すこと。これは自己実現そのものかもしれませんね。

自分の内側にも逃げず、外側に虚勢も張らない。
そんな声が出た時…
…もう、できない癖に、不安は何処かへ消え、根拠のない自信でなんでもできそうな気がしますよ(笑)


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback