L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「頭で分かる」より「腑に落ちる」

おはようございます。

「頭でわかる」ときはあさっての方向を見て、
「腑に落ちた」ときは正面や相手の目を見るものです。

この腑に落ちる感覚が演技や歌唱・セリフには大切です。

これはテクニックではなく、もっと優先されるべき「自然さ」を生み出します。

これは実生活においてもそうかもしれませんね。

相手が頭でわかった「正解」よりも、
腑に落ちる「納得」が欲しい場合が多いのだとすれば、ですが…。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback