L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「無意識の反応」を「意識して表現」すること

みなさまこんにちは。
暑い日が続きますが、ばててませんか?
…私は若干バテ気味です(^^;;
ですが、レッスンが始まればスイッチオンで、ペース配分などいたしません(笑)

さて「無意識の反応」を「意識的に表現すること」

歌い手、役者、声優…役者全てに必要なことだと考えています。

それを具体的に提示し、指導し、お渡しする必要があります。
それができるための、
つまり、表現ができるための発声であり、呼吸であるはずです。

「無意識の反応を意識的に」
私はこれが、表現というやつの大きな部分じゃないかなって思ってるんです。
そして、こんなに楽しく真剣な遊びはなくて、これだけでも飯が何杯も食えると言うか、
生きてて良かったと思えると言うか^^

無意識の反応って、例えば火に触って思わず「アツっ!」とかそんなのでもいい。
それを任意のタイミングで本当に熱いかのように「反応」つまりは「感動」できるか・・・?
自然な呼吸と演技と声は繋がっています。
声だけ良くて、演技はまるで…というのでは、少し疑問に感じるのです。

「思わず」がキーワードです。
思わず喜ぶ、思わず笑う、泣く…
それを任意のタイミングで出す。
そのためにどんな力が要るのか、要らないのか、
どこを意識し、意識しないのか、
その時の呼吸のシステムとフォームはどうなのか、
やることはたくさんあるのです。

そして、それができたら、
高音やミックスボイスなど、オマケです…
と私が言う意味がお分かり頂けるのではないかなあとおもうのです。

だからそれらの言葉を売り文句にするのは、なんだかなあと…。
ミックスボイスがダメだと言ってるんじゃないですよ。
必要なものです。でも表現のために呼吸の上に、と言いたい訳です。

あくまで、私個人の意見ですので、お気を悪くなさいませんよう…(^^;;

新宿よりお伝えしました。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback