2014/11/28

私にとっての「いい声」とは

みなさまこんにちは。

いい声とは?オペラチックになること?共鳴を覚える事?
ウイスパーボイスやシャウトができるようになること?
・・・今挙げた中には必要が出てくるものもあるかもしれませんが・・・

現段階の私にとっての「良い声」とは・・・

「相手にいろんな想像を、自分にはいろんな『妄想』を喚起させることができる声」

ではないかと思っています。
聞いてくれる相手が、その話し声や歌声を聞いて、
何かを思い出したり、
懐かしく思ったり、
時には腹の底から怒りが湧き上がる、なんてこともあっても良いかもしれません。

でも「ふ〜ん、いい声ですね・・・」
なんて言われたらガックリじゃないですか(笑)

自分にはいろんな妄想を・・・
というのは妄想、というのは「世界観」だともうのです。
頭の中だけに留めておくのではなく、
それがあたかも現実であるかのように外にしっかり出す。
これができる人が
「空気を創れる人」ではないでしょうか?
せっかく生まれてきたんだから、
空気が読めるとか読めない、だけでなく、創って、
いろんな人とその影響を与えたいじゃないですか。

そのための呼吸は、出て行くのをケチるような呼吸じゃダメだと思うんです。
いっぱい吸ってそれを守るんじゃなくて、最後の一滴まで絞るような呼吸。
そういうものから生まれる声は、たとえ普通の話し声でも相手に響くでしょう。

すこしお天気の悪い日が続いていますね。
こんな日は気分も少し落ちてしまいます。
横隔膜が「気にしなくても」常に少しがって上下に軽くバウンドできるような姿勢を
しておきましょう。
弾む声って、当然弾む呼吸から生まれるわけですからね♪
どんな姿勢だって?
それはまた後日・・・

今日もお読みくださり、ありがとうございました。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント