L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

人間回帰。全力で生きるために


こんばんは。
何か勢いで書いた以下の文、
読んでいただくに値するかはわかりませんが、よろしければ、お願いいたします。



自分という生き物に自信なんてもてないけど、プライドは持てると思う。それにはナルシストになることだと思う。
誤解されそうだけど。

自分の外面も愛して良いけど、
自分の心臓や肺、骨盤から、足の爪なんかを愛することだ。
くまなく、くまなく。
愛するということは、本質知ることだと思う。あばたもえくぼでは恋だ。愛することはできない。
自分の身体を知ること。
自分の本質を知ること。

知ればバランスをとれる。
それが心地よい緊張感となり、
生きている実感となる。
バランスが取れれば膨らませる。
いのちがふくらむんだ。
それがプライドだと思う。
自分のバランスが取れれば周りがよく見えてくる。
偏らなくなる。
議論の準備ができる。

ダメなところ見つけて引っ込んだり、
できるとこだけ生かしたり、またできるふりなんてするのは、
コンプレックスじゃないだろうか?
そうなったら、同類相憐れむ。
同じ意見、同じ境遇のもの同士でないと、話もできなくなりそうだ。

そんなものは捨ててしまおう。
身体の声を聞くなんてものじゃなく、
もっと積極的に愛してみよう。
私は自分の仕事を通じて、強くそう思うようになりました。

人間回帰。

いつこの世の中からいなくなってもいいように、全力で生きたい。
にっこりわらってこの世を去りたい。
それが明日でも50年後でも。

20歳代は悩んだ。30代はもがき続けた。
40代の今、やっとスタートラインに立てたような気がします。

勝手にやってろって話かも知れないけれど、
もちろん勝手にやるけど、
それを叩かれるのを怖がりつつ、
こんな楽苦しい生き方でもリア充とか言われたとしても、
発表したくなる。

本当は恥もかきたくない。
かっこ悪いと思われたくない!
偉そうなこと書いててひとつもできないかもしれない。

でも…ええんや。


【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

今の先生で良かった

私 仕事でお客様から「田中さんが担当で良かった」と言って頂いたとき とても嬉しかったのですが 若い頃は自覚なくお客様に失礼なことをしたり 傷つけてしまったことがありました。 日本で声楽を仕事にするのはきっとハタから想像する以上に大変でしょうけど 弘先生が苦労された成果を今ご教示頂けて生徒の私としては大変有難いです。

  • h.hamauzu
  • URL
田中かずこ様

田中かずこ様

いつもありがとうございます。
私はあまり苦労した覚えがないのですよ。
苦労したというよりは、本当に不器用というか、信じやすかったというか…
悩むだけは一人前だったかもしれません。
特に歌うことが好きではなかったため、歌う理由を自分でみつられなかったのかもしれません。
歌わずには、踊らずには、描かずにはおれない。そんな芸術の最初の衝動こそ大切だと、いまは思っております。
もちろんうまい方が良い。
でも、それが目的だと、ちょっと違うかなと。
…うーん。なんか返信になってなかったですね(^^;;

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback