2015/01/07

言葉と呼吸と「歌語(うたご)」

言葉以上の意味を呼吸がもたないと伝わらない。

ことばは大事。
でもことば以前の物を私たちはしっている。

だから、初めて聴く、初めての言語の曲に感動できる。

英語、日本語、ドイツ語、イタリア語…
そこに「歌語(うたご)」があることを信じていてほしいのです。

それには「呼吸のルール」が大きく関わっています。

日本語の意味がわからない外国の方が、美しい発音で日本の歌を歌い、感動させることがある。ろくに練習しなくても。
そのことご良い悪いではなく、
その事実があるということ。

国の訛りがあったとしても、それが些細なことにおもわせる。
それは「歌語」「舞台語」のおかげだとおもうのです。

歌語…多くの方に伝えていきたいです。
もちろん、これは歌にかぎったことではありません。

ここに、
「歌うように話す」
「話すように歌う」ことのヒントがあります。
ここには言語・原語以前の何か、声以前の何かがあるのです。



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント