L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

リップロールやタングロールはオマケ

みなさま、こんにちは。
今日は新規の生徒さんがご夫婦でやってこられました。
これからが楽しみな素敵なコンビです。
鍛え上げたいと思います(笑)

さて、声帯を柔らかくするには、
常に、声より呼吸の方が強いこと(乱暴ではない)が大切です。
もちろん呼吸の質も求められます。
そして、その呼吸を声がじゃましないこと。
この関係が成立すれば、強い呼吸と柔らかい声帯のコンビができあがります。

私は最高の戦慄にも似た緊張感をもつことが人間であり、芸術と考えています。
その緊張感を呼吸で表し、
そのついでに声を出す。
そういう練習をしてほしいのです。

その意味でも、リップロールやタングロールの練習は、あくまでおまけだと考えたほうが良いです。
ともすると、弱い呼吸でも歌える方法という、後ろ向きなことをやりがちです。

つまり、スケールが小さい歌しか歌えなくなってしまい、
年齢に勝てなかったり、マイクに入らない声になったりしてしまう…
これでは、歌う本人もつまらないですよね。

今日も駄文をおよみくださり、
ありがとうございました^ ^
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback