L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

その「胸の使い方」誤っていませんか?(その1)

ボイストレーナーの浜渦です。
はまうず式呼吸法・発声法によるボイトレのアドバイスを今後できるだけ提供してまいります。


声を出すとき「胸を張りましょう」
と、よく言われます。
これはボイトレに限ったことではないですよね。

発声、ボイトレにおいては、
適正に胸を張ることは、横隔膜が、
肺の呼吸を適正に押し出し、声帯にまっすぐに届け、
声帯の振動をまた胸に返し響かせたり、副鼻空に自然に響かせたりする、呼吸法
の第一歩となります。

※これは、腰やお尻、首などと一体になってじめて意味を持ちます。
(胸の共鳴や注意点はあらためて…)

ここで気をつけたいのが、誤って、
「肩甲骨を寄せ、背中を反ってしまうことで、胸を張ってしまう」ことです。
肩甲骨を寄せると「クッキーの缶のフタのように、ベコっと反ることによって胸を張る状態」になり、首が上体に対して傾き、呼吸を圧迫してしまいます。
また反り腰になりやすく、お腹を圧迫して呼吸の妨げとなりがちです。
これではせっかくの腹式呼吸も「なぜ必要なのか」や、重心を下げる意味も理解しにくくなってしまいます。

・・・実はかなり多くの方がこの誤った胸の張り方をしています。
ひいては、腹式呼吸をしているにもかかわらず、舌根が簡単にあがってしまったり、喉を詰めて、しなやかな声や高音が出にくい、声が枯れやすいなどの原因ともなってしまうのです。
みなさんがよく言われるミックスボイスも遠のいてしまいます。
(たとえうまくいっても今度はスケールが小さくなってしまう)

胸はフォームの要、これを解決せずに、舌根を下げられても無理に鼻腔共鳴を使って高音が出ても、
力技になり、かえって悪い結果を生み出しかねません。

そこで何をどうすれば良いか?
続きは明日書きたいと思います。
拙文お読みくださり、ありがとうございました。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback