L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「自己啓発」が胡散臭く聞こえてしまう理由

ちょっといやらしいタイトルをつけてしまいましたが、
自己啓発というと、なんとなく胡散臭いと感じる方は多いと思います。
私もそのひとりです…

「自分自身」とは、
精神も頭脳はもちろんですが、身体のすべて、関節や筋肉、内臓、そして呼吸などすべてであると思います。
そう考えれば、「自分を変える」ということが、いかにラクでないかはわかってきます。
「決意」と「覚悟」さえ決めてしまえば、「簡単」ではあるかも知れませんが、
その道のりは、決して「ラクではない」でしょう。

ところが、その「ホンの一部」に過ぎない精神的なもの、「考え方」を変えたら、生まれ変わった気になってしまう人は多いのではないでしょうか。
考え方を変えるのは、自分自身を変えるスタートラインとしては必要かと思います。
しかし身体や価値観はほとんどまだ何も変わっていない。なのにそこからの努力はしない。
なぜならそこから先はシンドイからです。

もちろん、そんな「その気」の「魔法」はすぐにとけてしまいます。
そして「これではなかった」とばかりに次のものに飛びつく。

「魔法の」響く言葉の選択に必死になったり、
「魔法の」感じの良い服を必死に探したり、
「魔法の」表情の勉強をしたり…

そんな自分をメッキするようなこと繰り返すのは悲しいじゃないですか?…
そしてそういうものやそうセミナーはとても高くついてしまいます。
より高い次元の生き方を目指すはずの自己啓発に、流行りも廃りもないはずです。
魔法はいつかとけます。その時一番傷つくのは自分自身です。
たとえ魔法がとけなくても、メッキ加工は、本質がわかるひとから見ればあっという間に見破られるでしょう。

でも、自分全体を変えれば、言葉や表情、服のセンスだって自然に変わってくるでしょう。
服の方から「これを着て」って合わせてくるかもしれません。
自分の事が頭だけでなく全体的にわかってきた証拠でしょう。
そういう自分全体を感じることこそ生きてる実感ではないでしょうか?

私が呼吸にこだわるのは、そういうわけです。
呼吸のシステムを変えることは、身体のマネジメントすること。
自分自身を変えるということ。
生きるシステムを変えることなんです。

…そうすると、精神的なものは後からついてくる。
でもこれも腹式呼吸ができれば、なんて単純なものではありません。
寝ているときは人は大抵腹式呼吸。
それ自体は簡単なものです。
本当に気持ちを、自分を表現できるような呼吸は身体全体を使います。
使えば良いのではなく、バランス感覚が非常に重要です。
五感も使います。そしてそれらが融合して生まれる声の魅力に私は取り憑かれています。
とても身も心の頭脳も疲れます。でも「ああ、生きてるんだな」そう思えるのです。

身体全体から見ればちっぽけな精神・頭脳に、支配されすぎてはいませんか?
自己啓発とは、ラクに生きるためにあるのではありません。そういうものは、自己啓発からもっとも離れている。
ではシンドイ目にあえば自己啓発?
それも、違います。

生きていること自体にその実感を感じること。
そういう、全人間的な、有る意味苦しいとも言える生き方を模索することだとおもいます。

変わった気になるのはもうやめにしませんか?ますます「精神」が疲れてしまいかねませんから…。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback