2015/03/29

ヴォーカル レセプション Part 36 が開催されました

私が関西でレッスンをさせていただいておりますのは、
尼崎の「ローゼンビート」です。
ここは私の両親が創設した音楽であふれた場所。
私達兄弟のルーツでもあります。

今日はそのローゼンビートで声楽を学ぶ生徒さん達の歌の祭典
「ヴォーカル レセプション」が尼崎・ピッコロシアターで開催されました。
(ピッコロシアターは演劇に詳しい方はご存知かもしれませんね♪)
毎回2部構成で、50〜60名超の生徒さんが出演されます。

私はポップス・ロック等のヴォーカル、声優さん俳優さん、またナレーション、一般の方まで、
多くのジャンルを指導させていただいていますが、クラシックの声楽もその一つです。

ともすると特殊とされがちな「声楽」ですが、
より分かりやすく、楽しく汗をかいて、
レッスンが終ったときには、
「笑顔」と「なるほど」をお持ち帰りいただけるよう心掛けています。

ここ数回は特に、ただ良い声で正しく歌うのではなく、
より豊かな、生徒さん一人一人オリジナルの「表現」が出来て来たように思います。
そして私の目指す「表現が美しい響きや言葉の流れを導く」事を、
生徒さんが証明してくださっていると思うと、嬉しくて仕方が有りません。

いろいろなジャンルをレッスンさせていただいている事。
これは私にとってとても大きな力になっています。
見えない声の「なぜ、なにを、どのように____」
どんな生徒さんにも、明確な方法論を提示しできる講師になるべく、ボイストレーナーのなった私ですが、
少しずつ、その夢に近づいているような、そんな豊かな気持ちです。

しかし、私は音大の教授のような権威を持っている訳では有りません。
つまらないレッスンをすればたちまち生徒さんはいなくなってしまいます。
一回一回のレッスンが勝負だと肝に銘じ、これからも頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

※5月には東京で、声楽「以外」の生徒さんの発表会ライブを開催します♪



↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント