L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【鏡】はこう使えば効果的!

ボイストレーナーの浜渦です。

みなさんは練習する時に、鏡を使われますか?

鏡を見て練習する大きな目的は客観的に自分を見ることですが、声に一生懸命になると、いつの間にか視線がどこかへ行ってしまったり、焦点がズレていたりしてしまい、あまり効果がなかったり、
そもそも、鏡を見るのはイヤだ、という方も多いようです。

私がおすすめするのが、
【「自分の目」と「鏡に映る自分の目」の交換】です。

鏡の前に立ったら、
「鏡に映った自分の目」から「実際の自分を見る」のです。
こちらから見つめるのではなく、鏡の側から自分を見ようとしてみてください。

少しコツと慣れが必要ですが、こちらから見つめるのとは、ちょっと違った焦点の合わせ方になります。こちらから見るより、何かもっと視野が広がったように見えるはずです。

こうすると、不必要な力が入らなくなってきます。
その分、無理に出すこともできなくなり、
自分の本当の実力を知ることに繋がります。
第一に、発声に苦しんでいる顔ができなくなってきます。

人間は自分を客観的に観れているようで、鏡に映った自分に対してもカッコをつけてしまったり、コンプレックスを持ってしまいがちです。
それが客観性をスポイルし、要らない力に繋がります。

だから、鏡の側から自分を見る。
そういう目を育てる。
鏡から自分を見つめたまま、どこまで強くできるか、高い声が出るかを知る。
そうすると、
「次に何をすれば良いか」も、自然に見えてくるのです。
そして、ああ、これが自然であって、それは
「無理をしないで、でも全力を出す」ことが身についてきます。
すぐにでも鏡に自分を映したく…なりましたか?(笑)

詳しくはレッスンで解説しますが、
これを応用すると、多くの人を相手にする舞台での立ち居振る舞いや、演技力をUPさせることができます。
これについてはまたいずれ… にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback