2015/10/25

その技術は何のため?

歌の中に技術はたくさん必要です。

その得られた技術、また目指している技術は…

「心」が求めているものでしょうか?

それとも、

上手く聞かせたい、穿った言い方をすれば、
「カラオケの点欲しさ」が求めているものでしょうか?

もっと言えば自分の身体と共にあるのか、頭を満足させるためなのか…?

もちろんどちらが良い、悪いではありません。

トレーナー人情(?)としましては、やはり個性を引き出したいし伸ばしたい。
…同じ技術でも、そのひとの自由な精神、身体を生かすものであって欲しいとは思います。

上手い、巧い、いろいろありますが、そこを超えた、
「そのひとの美味さ」を表現すれば、より多くの人と共有することができるのではないか?
そしてそれはとても豊かなことではないか?
そのように考えております。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント