L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

よく開いたノドと閉まったノド、さて声を「出しやすいのは?」

単刀直入に言いますと、
ノドを締める方が、当然出しやすいのです。
(ここでのノドとは声帯の閉鎖ではなく気道の開け閉めです)

ノドを解放した方がひっくり返ったり、ガラガラな声。
つまり「希望からかけ離れたデタラメな声」が出やすい。
いや、そもそもそんな声すらなかなか出ない。
しかし正解この出にくい方はのこちらです!

なぜノドに力が入るかこれでお分かりだと思います。
いらぬ力が入らない方が難しいからです。
ですが、我慢していると、やがて声帯の方が・・・

「そんなにワシに仕事をさせたいんか。ならちょっとうまいこと振動してやるかな」
とやっとその気になってくれるのです。

それまで「解放+デタラメ」で我慢できますか?
いや、我慢してください。
気づいたら体が心地よく疲れ、汗だくになっていますよ♪
つまり呼吸を覚えるということ。
それくらい、余計な力を入れないことは大変なことなのです。
ただし、とんでもなく気持ち良い!

この心地よさ、味わってくださいね^^

【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback