L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

12年ぶりの…いずみホール

ボイストレーナーの浜渦です。

私はいまはボイストレーナーを名乗っておりますが、いろいろなことをやってきました。

そしてその元は…クラシック(声楽)です。
ですから、クラシック界に対しては少々辛辣なことも言ってしまいます…

…12年前、私は大阪では有名な「いずみホール」というクラシック専門のホールの舞台に立っていました。
シューベルトの歌曲集「冬の旅」の全曲公演リサイタルの舞台でした。

当時の私は自分の力不足を、ある尊敬するピアニストに補ってもらい、
マネジメントも仲間に大きく助けてもらっていました。

しかし、このときはあるオーディションに合格し、その披露公演としての舞台で、上記の仲間から少し離れてやりました。
そこで力不足が露呈してしまったのです。詳しくは書きませんが…

その後、的確な方法論を教えない声楽界に疑問を持っていた私は、全てのジャンルの声に精通し、どんなメンタルの生徒さんにも対応できるトレーナーを目指す決意をし、一旦クラシックからも離れ、また、舞台に立ちながらでは、本気で研究・指導できないと思い、現役を離れたのです。

そして今日、12年ぶりに、いずみホールの舞台に立ちました。
…私のルーツ、ローゼンビートの合唱団員として♪
かつて私が指導させていただいていたローゼンビートの合唱団の、その一員として。
(いまでもボイトレは、関西出張の際に担当させていただいています)

楽しい仲間に囲まれて、苦い思い出のこのホールが、少し楽しい思い出の場所となりました。

私はどのジャンルの歌も好きです。
ポップスもクラシックも指導させていただいています。
でもいつかはやはりクラシック、声楽の舞台に戻れればいいなと思っています。
そのときは、皆様、よろしくお願いいたします!


今日の舞台のバリトン&バスのメンバー。真ん中のメガネが私。幅広い年齢層の男声合唱団「ローゼンビート・メンネル・コア」です。今日はメンネル・コアはじめ、ローゼンビートのコーラスグループが総出演でした。
ローゼンビート(兵庫・尼崎)は私の父母が創設した団体。関西レッスンはこちらでやっています。
いまもピアニストの母や、先ほどあげたグループの代表でもある、尊敬するピアニストの先生がグループを引っ張っておられます。彼女が関西でのレッスンでのピアニストを担当してくださいます。
仲間もたくさんいます。

さて、はずかしながら下の写真を。これが12年前の私(笑)

嫁さんにも爆笑されてしまいます(^^;
これじゃクラシックが勘違いされてしまいますよね(^^;;


そしてその帰り道。大阪城公園駅付近。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

いつか是非!

弘志先生、いつもお世話になっております。山路です。
今日の舞台、都合により拝見出来なかったこと、とても残念です。
きっと素晴らしいパフォーマンスだったことでしょうね。
さて、先生の12年前の写真、いい感じだと思います。まさに声楽家の顔ですよね。
いつか是非、拝聴したいものです。
楽しみにしております。
でも、先生がトレーナーでおられる間は、ご指摘、宜しくお願い致します。

  • はまうずひろし
  • URL
山路さま

山路さま

おはようございます。嬉しいコメントありがとうございました。

12年前の私は、いまよりも体重もありましたね(笑)
いつかまた、成長した姿で披露できれば良いのですが…
山路さんと共に成長できればと思います^ ^

今後ともよろしくお願いいたします!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback