L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

練習はウソをつく!?「歌が好きで仕方ない人」と同じ練習をしてもダメ。

よく「練習はウソをつかない」といいます。

これは練習方法が身につけば、その通りです。
しかし、声という楽器は、
メンタルからカラダ全体、全て複雑に絡み合っているので、
その練習方法がわからないまま、無理にやると、
時に練習はウソをついてしまいます。

もちろんやっているうちにわかってくるコトもありますし、
誰かの真似をすることでもある程度上手くなります。

しかし、声帯が長い場合、まず、良い練習ができるところまで行くのが大変。
(ソプラノ歌手が男声を教えるのが難しい理由でもあります)

また「この練習さえやってれば良い」とうものはありません。
なぜなら、同じ練習をやっているつもりでも、
「歌が好きで仕方ない人」と「歌が嫌いな人」とでは、
カラダの反応がまるで違うからです。
ボイトレ、歌唱に一番必要なのは、正しい発声や呼吸はもちろんですが、
「反応するカラダ」だからです。
反応は無意識です。苦手意識のある人は大抵意識的で、まるで違うのです。

この意味は「好きこそ物の上手なれ」そのものです。
「歌が好きでしかたないこと」自体が反応のスイッチになっているわけです。
ココロのスイッチが入れば、カラダのスイッチも入るのです
打てば響く状態の人は、逆に言えば、どんな練習をしてもうまくなってしまいます。

しかし「歌さえあれば」という方へのレッスンはそんなに気を使わなくても良いのですが、
そういうひとは実はあまり多くないのです。
(そういう人は発声にあまり悩まない。または自分でやっていける)

レッスンに来られる方は、コンプレックスのある人や、声帯が大きく声を出しにくい人、
苦手意識のある方、嫌だけど歌わなくちゃいけない方、、、
そういう人の方が多いのです。

誤解を恐れずに言いますと、私は歌がそんなに好きなわけではありません(言っちゃった!)。
ですが、コンプレックスだけはあった。
このままでは嫌だ。好き嫌いではなく、なんとかしたかった。
そういう先生が欲しい、、、これが私のトレーナーであり続ける原動力です。
私がたどり着いたのは、
「歌いたくなるようなカラダにすること」で、
「歌わずにはおれないココロのスイッチを入れること」

もちろんその時の自分が大好きで、その時の自分の歌も大好きなのです。
「カラダのスイッチが入ることでココロのスイッチも入る」のです

好きな人より実はずっと大変です。
しかし、歌が好きなカラダになった時、最初から好きだった人より、
ずっと良い歌を歌えると信じています。
逆に、最初から好きで仕方ない人は、ただ歌うだけでなく、
真面目な練習をかかさないことです。

私のレッスンは、ココロが自由になって、思わず歌いたくなり、
歌が好きになるためのもので、発声のための発声はもう、しないんです(笑)
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback