L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

脱力って力をぬくこと・・・ではない!?

ボイストレーナーの浜渦です。

舌根に力が入る、体の力を抜け。。。

脱力については昔からいろいろ言われています。

今日は時間がないので手短に、、、

脱力とは。

骨の上に肉を置かず、宙に浮かせること。

本当に脱力すると、お腹の上に胸が乗っかり、その上に鎖骨が首が頭が乗っかり、、、
これでは共鳴しません!

ドラムのシンバルの上に豚肉を置いたとしたら、、、
どう叩いても良い音はしませんよね^^;

宙に浮かせるから振動します。

つまり、
脱力とは骨が重力から自由になること。
そのためには、全身の筋肉が必要なのです。

寒い時にこわばるような筋肉ではなく、関節を自由に動かせるための、
背中から、腰、足の先までつながっている筋肉です。
イチロー選手なんかみたら、脱力具合がわかりますよね。
でも、本当には脱力していないのもわかりますよね!

声を出す、歌を歌う、ということは、まさにスポーツなんですね。

舌根に力が入ると指摘される方。
それ、舌の力を抜こうとしてもほとんど無駄なんですよ。
骨のほうに問題があるわけです。

「滑舌が悪い」と、一生懸命矯正される方の中にも、
骨や関節を固めることで、無理やり発音をつくり、
響きや自然さをどんどん失ってしまう。。。そういう方がとても多いのです。

そんなことでは発音は良くなりません。
まさに「角を矯めて」なんとやら・・・ですね。

声楽でも正しいドイツ語など発音にとらわれて、
失敗する人が多いのですよ。。。

【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback